RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Robin Thicke「Sex Therapy」
robin-sex.jpg

蒼い眼をした白人ながらもR&B愛好家からも愛されるシンガーソングライター、Robin Thickeの通算四作目となる『Sex Therapy』を御紹介。Robin Thickeといえばソングライターとしても多くのR&Bシンガーに楽曲提供(相棒はPro J)をしていて、そのソングライト能力の高さにはずっと定評がありましたよねぇ。そんなRobin ThickeはJustin Timberlakeと並んでR&B界で活躍する数少ない白人シンガー(昔ならばJon Bもいましたが)、そういう意味でもRobin Thickeがコンスタントに作品をドロップ出来ている事がどれだけ凄い事か分かると思います。
そんな中で届けられた本作の内容はいかに……まずはRobin ThickeとPro J(本作ではPro Jay表記に変わっていますね)の御馴染みタッグが製作の「Mrs.Sexy」で幕開け、ギター弦とピアノとホーンが優しく吐息のように絡む古き良きソウルを体現するナイススロウでもう鼓膜はじっとり(濡)。「Sex Therapy」は驚き、外部より売れっ子のPolow Da Donが製作(ソングライトにEster Dean)で参加しています(意外)。なんとなくRobin ThickeとPolow Da Donの組み合わせに違和感を感じたんですが、これが物凄い相性抜群でそれもまた驚き(笑)。 Lesley Gore「It's My Party」を引用したゆっくりじっくりと撫でる様に広がる流麗な電子音メロディがとても色っぽくも微弱く、そこにミルフィーユ状態で甘く重ねられるRobin Thickeの吐息に近いファルセットで一気に昇天する事間違いなし(失神)。Robin ThickeとPro Jay製作(Co製作にJeff Bhasker)の「Meiple」ではあの帝王Jay-Zが客演で登場(驚)、Brigitte Bardot「Moi Je Joue」をサンプリングした極めてフレンチ風な軽快さとシャレ気がキュートなジャカジャカ曲でこの軽さはなかなか面白い。フックこそファルセットで歌いますが殆どRobin Thickeも呟く様なラップ歌唱でそれも面白い、Jay-Zも相変わらず滑走するような鋭角ラップで盛り上げます。ドドドドドと電子的なスネアが振動し響く無機質さがクールを煽る電子曲「Make U Love Me」はRobin ThickeとRich Skillzが製作を担当、同じRobin Thickeのファルセットでも曲がこうも冷たくソリッドになると色合いが変わって危険な色香が漂ってカッコイイ。象の鳴き声の様に派手にプァーーーーッと鳴るホーン、そして煌びやかで繊細なピアノ旋律がドリーミーで美しい「It's In The Mornin」は極上のスウィート曲、製作はなんとあのTeddy Rileyが担当(驚愕)。とにかくキラキラと鳴るピアノ鍵盤に乗せて溜息混じりに舐めるように歌い上げるRobin Thickeのファルセットがたまらない(興奮)、しかも客演にはあのSnoop Doggが参加、あのゆるくリラックスしたラップでそのまろやか味を増幅させています(最高)。ビビビビビビと電流が走る様に震えるシンセサイザーの連なりがメロディを紡ぎ疾走するソニック曲「Shakin' It 4 Daddy」は再びPolow Da Donが製作を担当、客演には期待の女性MCのNicki Minajが参加。ここでのNicki Minajがまたかなり冴えていてあの可愛いく人形声でのラップが小気味よくてパンチ抜群、彼女無しではこの曲は成立しないってぐらいNicki Minajが目立っています(Nicki Minajの客演史上最高)。Jeff Bhasker製作のさらついた感触がダーティーでタフなロックチューン「Elevatas」も素直にカッコイイ、しかもこの曲では新進気鋭のKid Cudiが客演参加。Kid Cudiの抑えた底辺を這い飛ぶ滑走フロウがズバ抜けてカッコイイ(痺)、ここではRobin Thickeもファルセット控えめで地声でナチュラルに歌ったりもします。Robin ThickeとJeff Bhaskerが共同制作の「Rollacoasta」は四つ打ちな感じでドカドカと突き進むPrince風味のファンクエレクトロチューン、客演にはEstelleを迎えてより華やかで艶やかに仕上げたダンスチューンで、聴いているだけで思わず体が動き出すクラブバンガー(動)。Robin ThickeとPro Jay共同制作でMarvin Gaye「Trouble Man」をサンプリングした激渋ソウルフル「Million Dolla Baby」は、Background VocalであのJazmine Sullivanが参加しているのも魅力の一つ。木漏れ日の様に優しく眩しいピアノ旋律がウットリ美しい「2 Luv Birds」はVidal Dre(!)とRobin Thickeが共同制作、スッキリ爽やかな青空を二羽の小鳥が飛んでゆくような、そんな純情で淀みのないRobin Thickeの紳士な歌声が深々と響く綺麗なラヴソング(惚)。冒頭の女性の声で興奮してしまうステップ踏むようなピアノ鍵盤がJazzyな「I Got U」、昼下がりの喫茶店にいるようなボサノヴァ(?)風味のアコギナンバー「Jus Right」、哀愁漂うマイナーなメロディのギター弦律にRobin Thickeの極細ファルセットが響く「Brand New Luv」はRobin ThickeとPro Jayが共同で製作。あとはこれまた昼下がりの喫茶店な心地良いスロウ「Mona Lisa」はあのToby Gadが製作、これはちょっと意外なタッチでしたね。最後を締め括るのはあの西海岸のニュースターGameを客演に招いた「Diamonds」、製作はRobin ThickeとPolow Da Donが製作を担当。Robin ThickeとGameというなんとも草食×肉食な組み合わせがまた面白く、でもスッキリ爽やかな天然水トラックで純度高いから不思議。

流石はソウル界の白騎士、しっとり素敵なスロウアルバムで骨の髄までとろけてしましました(骨抜)。僕は国内盤の発売を待ってずっと我慢していたんですが、結局は国内盤発売のアナウンスもされないので待ち切れず購入してしまいました。ちなみに本作には全11曲収録の“The Session”盤と、全17曲収録の“The Experience”盤とがあり、今回ここで紹介したのは後者で御座います。とにかく外部からの応援が珍しかった本作ですが、どれも大成功に終わっているので良かったです。コレ、遅れて国内盤が出たら買い直さないとだなぁ……。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment