RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

B.o.B「B.o.B Presents : The Adventures of Bobby Ray」
bob-adventure.jpg

次世代を担うMCとして多大なる期待を背負う、GeorgiaはAtlanta出身のBobby RayことB.o.Bのデビュー盤『B.o.B Presents : The Adventures of Bobby Ray』を御紹介。もうデビュー前から話題沸騰であちこちで取り上げられていたB.o.B、勿論そんなB.o.Bは業界でも引っ張りダコで、本作もExective ProducerにB.o.BとJim JonsinとT.I.(本作はJim Jonsin率いるRevel Rockと、T.I.率いるGrand Hustleよりドロップ)の三人がクレジットされています(豪華)。
それでは期待高まる内容を簡単に御紹介します……まずはB.o.B自身が製作を担当した「Don't Let Me Fall」でドラマチックに幕開け、繊細で細やかなピアノ旋律にアコギがしんみりと絡む英国ロックっぽい一曲。トラックは深々と降る雪のように汚れがなく儚く美しい、フックではB.o.Bがスーッと広がる月明かりのようなヴォーカルでこれがまた綺麗で胸を詰まらせる(涙)。でもラップの部分ではガッチリ素早く突き進む辺りがやはりMC、でも歌い出すと孤高のシンガーとして凛と切なく響く歌声で、もうここで僕は完璧にK.O.されました(溺)。そして先行カットされ大ヒットしたのがBruno Marsを客演に招いた「Nothin' On You」、製作をThe Smeezingtonsが担当したほんのり甘いメロウチューン(惚)。キラキラと優しく柔らかく舞う煌びやかなシンセと、胸の鼓動高鳴るビートがたまらなく可愛いし甘酸っぱい、ほんわかしたトラックにサラリと疾走感抜群でラップするB.o.Bはなかなか巧者。“君にはかなわないよ♪”と真っ直ぐ歌うBruno Marsのまろやかでクリーミーな歌声も素敵、何もかもが甘くてドリーミーな胸キュンミッド。エレキギターが唸るブルージーロック香るB.o.B製作の「Past My Shades」では、Lupe Fiascoが客演で参加。まるでEric Claptonみたいな渋味の効いたザラついた感触の哀愁ロック曲で、“サングラスの中までは覗けないよ♪”とB.o.Bが斜に構えて歌うのが素直にカッコイイ。Lupe Fiascoとはスタンスが近い気もするし相性は抜群、こういうHip Hopが次世代型だと思いますねぇ(到来)。そんな次世代型というならばAlex Da Kid製作(Co製作をDJ Frank E)の「Airplanes」もそう、ここではロックバンドParamoreのヴォーカルHayley Williamsが客演参加。激しく叩かれる硬質なドラムスにドラマチックなピアノメロディが、まるで降りしきる雨の様に冷たくてエモーショナルでとにかく感情を揺さぶられる(感動)。Hayley Williamsの芯のある力強くもどこか悲しそうなヴォーカルも素晴らしく、最後の方のB.o.BによるOutroヴォーカルも素直によく出来ています(緻密)。Kuttah製作の「Bet I」は打って変わってドカドカガチャガチャと騒がしく暴れるサウスマナー貫いたハードなアッパーを披露、しかも客演にはT.I.とPlayboy Treという強力な助っ人を召還。ブチ切り系でBooooomと連続爆発する様なBo.Bのラップ&フックも勿論カッコイイし、T.I.の相変わらず鋭く斬れる新速ラップも痺れるカッコ良さで素敵(失神寸前)。摩訶不思議な魅力(魔力)に包まれた月明かり系の静寂ロックナンバー「Ghost In the Machine」はB.o.Bが製作、ここではB.o.Bが真っ直ぐ感情的にフルで歌い切っていてロックシンガーさながら。「The Kids」はDJ Frank E製作でVampire Weekend「The Kids Don't Stand A Chance」をサンプリング、というかこれはもう殆ど焼き直しに近い感じでB.o.Bの好みが完全に表現されています(笑)。分かり易いギターリフとリズムがキュート、客演にJanelle Monaeを迎える事でよりソウルフルで艶っぽくも仕上げていてグッド。個人的に好きなのがカラフルポップな跳ね飛びノリノリ系のパーティーチューン「Magic」、Dr.Luke製作で客演にWeezerのRivers Cuomoが参加しています。この曲はもうAndre 3000「Hey Ya!」をB.o.B流儀に変形した様な陽気アッパーでとにかく楽しく軽快で最高にホット、B.o.Bの変則聴かせる爆走ラップもまたコミカルだし破壊力抜群で痛快。“僕の魔法にみんな触れたがってる♪”と歌うRivers Cuomoのフックも最高に跳ねててスッキリ爽やか、夏に爆音で聴きながら絶対にドライブしたいですねぇ(憧)。かと思えばThe Knux製作の「Fame」ではGeorge Gershwin「Summertime」を下敷きにした真っ黒燻し銀なオールドソウル回帰で火を吹く、Additonal VocalのEiyptsian Queenも素敵な歌声しています。ジャカジャカとギターを掻き鳴らしポコスカと打楽器が鳴るアコースティックな「Lovelier Than You」はB.o.Bが製作、爽やかな風が吹き抜ける清涼感溢れる純情ラヴソングで、シンプルながらも味わいがあって心地良いサンセット曲(惚)。B.o.Bの素直で温かい歌声が(途中できちんとラップも挟むのが憎い)胸を幸せいっぱいにします、この曲を聴くとB.o.BがHip Hopにとらわれていない事がよく分かる。「5th Dimension」はT.I.とLil'Cが共同で製作したジャキジャキとエッヂの効いた一曲で、客演に最近やたら登場するRicco Barrinoがファルセットで細く吠えるナイスなヴォーカルで熱っぽくしています。最後を飾るのがまた侮れない、なんとあのEminemが新たに加わった(Eminem自身の希望での共演だとか)「Airplanes, Pt.II」。この曲が元々持つピアノ旋律の冷たさとシリアスさがEminemに巧く機能していて、Eminemのあの切り裂くような狂人的なラップがより研ぎ澄まされていてグサッと鼓膜を突き刺します(強化)。国内盤にはこれらに加えてボーナス曲を二曲追加、これも絶対に聴き逃すには勿体無いですよ。Ribahなる人物が製作した「Heterz Everywhere」は最近流行りの徐々に広がる微振動エレクトロチューン、客演に新人MCのWes-Fifが加勢しています。そして注目がB.o.B製作のエレクトロブルース曲「I'll Be In The Sky」、歌とラップを切り替えながらバウンスするAtlantaっぽい泥臭いソウルがたまらなく魅力的。揺れてピアノ鍵盤鳴らしながら歌うB.o.Bを思わずAndre 3000と重ねてしまう、この曲がなぜボーナス曲扱いなのか全く意味が分からない(無謀)。

歌とラップを自在に操る、正にハイブリッド型MCで御座います(新型)。確かにどことなくOutKastのAndre 3000を彷彿とさせる(あとCee-Loもちょっぴり)スタイルで、並々ならぬ才能を感じます(驚異)。ロックっぽいトラックが多いからHip Hopという括りからたまに外れるけれど、そこがまた面白くて良い。本作を聴いて思ったのはB.o.Bはまだ大きな潜在能力がありそうだと感じる事、自身が全楽曲を製作しコントロールしたらもっと凄い一枚を創れる気がしてなりません(期待)。そういう意味でも将来がとても楽しみな自作自演型MCで御座います、昨年はKid Cudiをかなりどっぷりと溺愛したんですが、今年はB.o.Bを結構溺愛するかもしれません(交替)。ここ最近は若手のMCの躍進が活発でHip Hopシーンが活気づいていますね、B.o.Bは当然その大きな一角を担っている重要な才能です(断言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment