RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Trina「Amazin'」
trina-amazin.jpg

Miami出身の姉御肌がカッコイイ女性MC、Trinaの通算五作目となる『Amazin'』を御紹介。シーンに登場した時は自ら“Baddest Bitch”を名乗るだけあって、ちょっぴり汚いというか荒い印象が強かったTrina。しかし三作目となる『Glamorest Life』で一転し綺麗でゴージャスなTrinaに変貌、僕もその頃からTrinaの事を好きになりました。そしてドロップされた本作のジャケットではまるでBeyonce並みのゴージャスさを誇示、スッキリ綺麗なゴージャスなセレブリティぶりを発揮していますねぇ。
それでは肝心の中身はどうなっているかと言いますと……まずはSchifeとOhZeeが共同制作した「That's My Attitude」、シャキシャキな新鮮シンセをちょっぴり不気味に鳴らすじわじわ系の幕開け。そして先行カットされていたKeri HilsonとDiddyが客演参加した「Million Dollar Girl」が早くも登場、製作はCP Hollywoodが担当。キュートで煌びやかに跳ねる流麗な電子トラックがとってもラグジュアリーで輝いててグッド、それにTrinaのエロさの中になんか可愛さ感じるラップ&Keri Hilsonのキラリと光る光沢感溢れるクリスタルヴォイスが艶やかに飾る素敵な美の共演曲。Keri Hilsonは当然美人ながら、それに負けじと綺麗になったTrinaも凄い、Diddyはゴージャス感を煽っています(笑)。J.R. Rotemが製作を担当したピアノ鍵盤が滑らかで美しい「On Da Hush」は思わず溜息漏れる繊細な一曲、ここではShonieなる女性シンガーが歌フックを担当。こういうしっとりとオシャレに聴かせる流麗曲ではTrinaも少し力を抜いた優しいラップ、Shonieの香しい色気がまろやかに漂う素敵な歌声も華やかで好きです。DJ Frank E製作の「Dang A Lang」はサウスらしい浮ついた感じの電子ビートにレゲエ風味とヴォコーダーを効かせたレゲトン曲、客演にはLady Sawと話題の若手Nicki Minajが参加。Trinaとはまた違った子猫っぽい可愛さがたまらない魅力を放つNicki Minajが目立つ、そんなNicki Minajをサラリと起用するTrina姐さんの器のデカさも素敵ですねぇ(笑)。「I Want It All」ではあのMonicaが参加という鉄板なタッグ、製作はHitsquadなる人物が担当。クラシックピアノを優美に繊細に鳴らしたR&B寄りなピュアメロウなスローチューンで、Monicaの澄み切った歌声が胸を締めつけるほど切ない、ここではMonicaがTrinaを喰ってしまっている気もしますが、素敵な組み合わせで御座います。Blackout Movementが製作したビコビコサイバーな電子光線が錯綜するデジタルアッパーで、客演にFlo Ridaと男性シンガーのGit Freshが参加。こういう近未来な疾走チューンはFlo Ridaのライトでメロディアスなラップが当然光っててナイス人選、Git FreshもNe-YoとPleasure Pを足して割った様な甘酸っぱい歌声でスウィートでグッド。再びSchifeとOhZeeが製作したドンドカと重厚なビートが派手に鳴る「My Bitches」は、早回し声での小人連呼フックが耳にこびり付く遊び心満載なサウス曲。「By Myself」はあのJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作という事で間違いなし、スーッと光りながら曲線を描く流麗で神秘的なシンセに、弾くようにエッヂの効いたドカドカビートが最高にクールな滑走ミッド。しかもここではTrinaがほとんどラップと言うより歌っていて、上手くはないけれどそのチョイスがトラックとの相性抜群でTrinaの新たなスタイルを確立しています。Bigg DとLambが共同で製作のAnquette「I Will Always Be There For You」使いの「Always」では再びMonicaとタッグ、カラカラと鳴る電子音がどこかオリエンタルな雰囲気を醸し出している伸びやかな天国曲。Trinaの単調に乗せる分かりやすいラップとMonicaの光り輝くクリスタルヴォイスが気持ち良く包み込んでくれるマイナスイオン曲(癒)。浮ついたピコポコ音とシリアスなメロディライン、唸る様に鳴るビートが重厚な「Currency」はYoung Yonny製作、鉄骨熊声のRick Rossとチロチロ舌出す爬虫類声のLil Wayne(Trinaの昔の恋人)という対照的な取り合わせも面白いんですが、豪華なトリプルの割に地味な印象は拭えません(辛口)。「Make Way」はMaxwell SmartとCozmoが共同製作、客演にはLyfe Jenningsが参加(驚)。宇宙空間を遊泳する様なマッタリとまろやかな奥行きあるシンセ曲の上をTrinaが滑り、Lyfe Jenningsのネッチリとソウルフルな渋声が織られた優美な一曲。「Let Dem Hoes Fight」は売れっ子のJim Jonsinが製作、客演にはDirty Money(DiddyとDawn Richard(Danity Kane所属)とKalenna Harperで結成)のKalenna Harperが参加。べコベコな電子音にノイジー声とホイッスルを鳴らしたガチャガチャテクノ曲、終盤ではインドっぽくクネクネするのも面白く(癖有)。Kalenna Harperもなかなか良い仕事しています、余談ですがDirty Moneyにも期待しています。CP HollywoodとKPARNが共同制作の「Showing Out」も素晴らしい仕上がりのアンドロイド曲で、詳細不明の男性ヴォコーダーフックが凛と響くスムージーな電子チューンでグッド。最後を飾るのはDVS Productionsが製作のピアノ鍵盤を撫でるしっとりとオシャレで艶っぽい優美曲「Capricorn」、ここではTrinaがラップと言うよりスポークンワードに近いスタイルを披露していてコレがバッチリキマってます(惚)。バックで謙虚に歌声を寄せるShonieが素晴らしい仕事っぷり、エンディングには最も相応しい構成の妙を感じる美曲。

このジャケットからも分かるように、初期のTrinaを(良い意味で)忘れさせるスッキリと流麗な美曲が揃った聴き易い一枚となっています。この大きな路線変更はこれまで獲得した男性ファンだけでなく、新たに多くの女性ファンを獲得する事に成功すると思います。なかなか綺麗な顔立ちだし(そして意外と小柄)、これからもっと楽しみな女性MCで御座います、これからもベテランの意地で頑張って欲しいですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment