RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye West「The College Dropout」
kwcdc.jpg


Roc-A-Fellaが送り出す大型新人Kanye Westのデビューアルバム『The College Dropout』を御紹介。敏腕Producerとして数多くの楽曲を手掛けヒットに導いたKanye Westが、遂に自身でマイクを握り、表舞台でこれ以上ない賞賛を浴びた話題の一枚で御座います。Jay-Z嗜好家でありRoc-A-Fella好きである僕にとっては馴染みの深いKanye West、まさかMCとしてここまでの成功を収めようとは(意外)。彼の作る楽曲は好きである僕は当然このアルバムを購入、ジャケットのクマも可愛いですね。
それではもう皆様持っているでしょうが内容を……まず最初に書いておくと全曲をKanye Westが製作(当然)、この時点で僕的には購入決定かと思います。まずは幕開けを飾る朝の目覚めの様な伸びやか爽やかな「We Don't Care」、Gino Vannelli「I Just Wanna Stop」をネタに彼得意の45回転を仕掛けるニンマリ曲。続いてはあのLauryn Hill「Mystery Of Iniquity」をベッタリと乾いたギター音まで拝借した反則曲「All Falls Down」、ゲストにLauryn Hill御本人を呼びたくも断られたそうで残念。がしかし代打が素晴らしいSyleena Johnson、このちょっぴりブルージーなトラックにはSyleena Johnsonのちょっぴり擦れた歌声がしっくり来ます。どことなく空虚感のある寂しげな「Spaceship」ではGLCとQ-Tipの従兄弟のConsequenceが客演参加、Marvin Gaye「Distant Lover」使いだそうで独特の雰囲気も納得。そして大絶賛を浴びたシングル曲でキリスト賛歌の「Jesus Walks」、行列が厳かに一歩一歩踏みしめる様に行進するようなインパクト大のこのトラックはArc Choir「Walk With Me」をサンプリング、Kanye Westのインテリ部分が垣間見えます。この曲に関してはKanye Westがライブで見せる歩くようなステップ踏むダンスが素敵です。Ken Lewis「Maybe It's The Power Of Love」を下敷きにした哀愁漂うドラマチックな「Never Let Me Down」、ゲストには彼を見出しここまで育てた恩人Jay-ZとJ.Ivyなる人物が参加。申し訳ないけれどこの曲では完全にJay-Zが主役のKanye Westを喰ってしまってます、担当Verseもかなり長いですしね。「Get Em High」ではTalib KweliにCommonが援護射撃と通にはたまらない人選、三者三様に魅力たっぷりのラップを披露、やっぱTalib Kweliの真面目ハイトーンなラップが好物かなと。Miri Ben-Ariの奏でるViolin(この旋律はMiri Ben-Ariによる製作)を最大限に活かし切った「The New Workout Plan」、急いでなくとも急かされる脱走曲で面白い。そして超キラーチューンとなった「Slow Jamz」も収録、元々はTwistaの曲なんですがまぁ其処はお構いなしという事で(笑)。Luther Vandross「A House Is Not A Home」を下敷きにした眩し過ぎる程にキラキラな45回転曲はKanye Westの真骨頂、これはKanye West製作曲の中でも確実に五本の指に入る出来栄え。ここでは甘くも渋く色っぽい歌声を披露するJamie Foxxの配分を少し多めにしてあって好き、しかし肝心のTwistaの配分はちょっぴり少なくなって残念。ゴリゴリと地響き鳴らして邁進する「Breathe In Breathe Out」はLudacrisが参加、この曲はLudacrisの男臭いあのラップフックあっての格好良さ、Ludacrisの破壊力は恐るべしです。「School Spirit」はAretha Franklin「Spirit In The Dark」をサンプリング、これも面白いですね。ざらついて荒涼としたトラックが燻し銀のカッコ良さの「Two Words」はMandrill「Peace And Love」をサンプリング、Mos DefとFreewayの客演。トラックの感じからもコンシャスなMos Defの起用は正解だし適任かと思います、がしかし数あるMCの中からFreewayの起用というのは驚きました。僕はFreewayのしゃがれた絞り出すラップが好きなので嵌っていたと確信しています、Mos Defに負けないFreewayの魅力が引き出された一曲ですね(嬉)。そして僕が本作で最もお気に入りなのがこの曲「Through The Wire」、Chaka Khan「Through The Fire」を早回ししたトラックは可愛くてモロにKanye West印だし、自虐的なネタ使いも面白くてかなりこの曲はヘビーローテーションで御座います。美しいピアノ音でセピア色に染まる「Family Business」も好き、Kanye Westって本当に素晴らしいトラックを作る、この味わいは彼にしか出せない(特許)。最後はJay-Zの高らかな笑い声が入る「Last Call」で幕引き、12分にも及ぶ長尺曲で輸入盤にて内容の分からない僕には苦痛(悲)。書き損ねましたが、あちこちの曲でJohn Legendが歌声を添えています。

まさかまさかの大物成長ぶりにちょっと戸惑いさえ覚えます(苦笑)、彼の詩の世界がこれだけ多くのファンを増やしているのでしょうか。音楽的センスはもう文句無しに超一流だと思いますが、MCとしては少々物足りないかなというのが僕個人の印象です(辛口)。しかし凄腕トラックメイクは溜息が出る程に繊細に作られていて、圧巻で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment