RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pussycat Dolls「Doll Domination」
pussycat-dolls-doll-domination.jpg

現時点で最強の美女ショウガール軍団、Pussycat Dollsの通算二作目となる『Doll Domination』を御紹介。六人組だったPussycat Dolls(以降はPCDと表記)もCarmitが本作を機に脱退、Nicole Scherzinger、Melody、Ashley、Jessica、Kimberlyの五人での活動となりました。これだけ美人揃いでダンスの上手いセクシー集団というのはいませんよねぇ(溜息)、ちょっとしたテロリスト並みの威力を彼女達は持っています。PCDが出てきた時は“ただのお色気集団が出たか”と冷めた感じで見ていたんですが、その楽曲&パフォーマンスのクオリティの高さからいつしかその魅力に嵌っている自分がいました(笑)。
それでは気になる内容を御紹介したいなと思います……まずはスタートを切る「When I Grow Up」からエンジンフルスロットル、製作はRodney "Darkchil" Jerkinsが担当。音速で駆け抜けるダークな電子トラックは正にDarkchild節、それに合わせてちょっぴりロボチックにフラットに歌うNicoleの低めの歌声がまた面白くてノリノリ。ピコポコな電子音がポッピンして脳内を駆け巡る「Bottle Pop」はSean "The Pen" Garrettが製作を担当、アンドロイド的なフックも中毒性高いですが、ポコスカなメロディに合わせて揺らめくSnoop Doggがまたナイス存在感。沖縄っぽいじょんがら節がバックで鳴りそこにクールなシンセがクリアに絡む「Whatcha Think About That」はトラックが面白い、製作はPolow Da Don(ソングライトでRon FairとEster Deanも参加)が担当。Nicoleの時に吠える歌声もばっちりパワフルで痛快、これだけじょんがら鳴らしながらも和風な感じが一切無いのもPolow Da Donの上手さ。客演にはMissy Elliottが参加、せっかくならMissy Elliott得意のミッドとか提供してあげたら良かったのに(惜)。「I Hate This Part」はJonas JebergとCutfather、Ron Fairが共同で担当。ピアノの繊細な旋律&激しく打ち鳴らされる鼓動に似たビート乗せて、“このシーンは好きになれない♪”と恋の終わりを感じ嘆き悲しむ女性の心情を歌った詩が切ない(涙)、Nicoleの力強く吐き出す歌声と最後の擦れるように消えゆく歌声が心に響く失恋曲。なんとも不思議な御伽噺っぽいメロディがこだまする「Takin' Over the World」はChase N. Casheが製作を担当、バグパイプっぽくもピーヒャラっぽい音も交錯する高山地帯の民族音楽っぽいメロディが面白い一曲。「Out Of This Club」はあのR.Kellyが製作を担当、客演にはそのR.KellyとPolow Da Donが参加。これはもう完璧にUsher「Love In This Club」を狙った流麗な朝靄系のキラキラシンセスローで、Nicoleの雫のように透き通るような清廉な歌声に癒されるし、ヴォコーダー使ったR.Kellyの歌&Polow Da Donのちょっぴりヘヴィーなラップも良い味出しています。幾重にも織られたNicoleの歌声が色鮮やかで美しい「Who's Gonna Love You」はPolow Da Don製作のラヴソング、胸の奥に甘酸っぱい感情が込み上げる爽やかなトラックで、“誰があなたに誠実でいてくれるの、私以外に♪”と真摯にぶつかる健気な女性の愛を歌った好ミッド。“「お姫様は幸せに暮らせませんでした」なんてエンディング、私は嫌なの♪”と男性の元を去る女性を謳ったドラマチックな「Happily Never After」、製作はShea TaylorでCo製作にはNe-Yoが参加。これもCompound流儀の(つまりNe-Yo流儀の)爽やかで切ないスッキリ後味曲で、Nicoleの本当に伸びやかで開放された歌声が気持ち良くて、でもちょっぴり切なさも残る素敵なミッドバラード(涙)。「Magic」はTimbalandとJerome "Jroc" Harmonが共同で製作(ソングライトにThe Clutch)、Timbaland得意のグエッグエッ口音でビートを構成する変態趣味もたまりませんが、そこに絡む漆黒メタルなビートも最先端でやはりカッコイイ。引き続き「Halo」もTimbalandとJerome "Jroc" Harmonが共同で製作(ソングライトにThe Clutch)、ここではJustin Timberlake「What Goes Around...」的なダークオペラ風のトラックが(バックでは微かに猫の鳴き声っぽい音も?)やはりTimbaland変態趣味。「In Person」もTimbalandとJerome "Jroc" Harmonが共同で製作(ソングライトにThe Clutch)、これは西部の街の酒場で聴くようなアッパーで痛快。「Elevator」は再びRodney Jerkinsが製作を担当、水中で歌うように振動するフックといい途中のラップ歌唱といい、マッタリとしながらもやはりエッヂが効いていて先進的なトラックは流石の仕上がりで超クール。重く冷たく悲しい悲劇的なピアノ旋律メロディが突き刺さる「Hush Hush」、 Quiz & LarossiとRon Fairが共同制作したバラード。ちょっぴり抜けたメロディ展開がキュートな「Love The Way You Love Me」は、Hit-BoyとChase N. Casheの共同制作。ちょっぴり日本語も飛び出すゴチャゴチャと騒がしい「Whatchamacallit」、TimbalandとJerome "Jroc" Harmonの共同製作と思うとそこまでぶっ飛んでもいないかなと感じる不思議(笑)。最後を飾るのは優しく撫でるようなピアノ鍵盤の柔らかなメロディがしっとりと胸の奥に染み渡るラブバラード「I'm Done」、製作はRon Fairが担当(Co製作をTal Herzberg)。深々と響く真っ直ぐなNicoleの歌声にただ聴き惚れるばかり、こうやって聴くとNicoleってなかなか歌唱力があるんだなと再認識、とっても素敵なバラードです(感動)。ここからは国内盤のボーナス曲、三曲も収録されています。まずはあのNew Kids On The Blockと共演した「Lights, Camera, Action」、ソワソワと落ち着かないデジタルサイケチューンはPolow Da Don製作曲。Nicoleのソロ曲としてカットされお蔵入りとなった爽快な風吹き抜ける夏っぽいミッド曲「Baby Love(J.R. Remix)」はJ.R. RotemによるRemix、will.i.amも客演した鉄板曲だっただけに勿体無いからココに収録(感謝)。Ron Fair製作の「Perhaps, Perhaps, Perhaps」はスパニッシュ曲「Quizás, Quizás, Quizás」のカバー。

全19曲のフルボリューム、誰しもお腹一杯になる事必至で御座います。素晴らしいProducer陣が集っているだけに楽曲のクオリティも抜群、Nicoleも普通に良い歌声しているし申し分無し……と言いたいところですが、やはり彼女らが踊っている姿を観ないと物足らないと感じてしまうのも事実、Pussycat Dollsはやはり舞台に立っていてナンボ。だからこそNicole Scherzingerのソロデビューも先送りになったのかなとも思います、とは言っても絶対にソロデビューもしてもらいたいですが。という訳で皆さんご存知かと思いますがNicole Scherzinger以外の、上記で列挙したMelody、Ashley、Jessica、Kimberlyが先日脱退、新たに新メンバーを加えた新生Pussycat Dollsとして活動する様です(肩落)。あのメンバーでやっていて欲しかったなぁ(残念)、まぁでも新メンバーにも期待しましょう。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment