RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joi「Star Kitty's Revenge」
joi-star_kittys_revenge.jpg

OutKast楽曲でBackground Vocalとしてよく参加している、Joiの通算三作目となる『Star Kitty's Revenge』を御紹介。Joiと言ったら勿論OutKast作品での裏方としての活躍も大きいですが、あのLucy PearlのDawn Robinson脱退後の加入メンバーであったり、Goodie Mob所属のBig Gippの前妻だったり、あとはソングライトで古くはTLCや最近ではJoss Stoneに関与していたりと、なにかと地味に活躍しているシンガーで御座います(大穴)。
それでは気になる内容を御紹介しますと……まずはSleepy Brown製作でSly & The Family Stone「Runnin' Away」をサンプリングしたドロっと泥臭い「It's Your Life」、もうこの独特のグルーヴからしてディープで洗脳的で一発でヤラれてしまうどっぷりソウル曲。続く「17" Of Snow」はRaphael Saadiqが製作を担当(Co製作にJake & The Phatman)、ちょっぴりビヨンと伸びて跳ねる電子音とドコッドコッと重たく鳴るビートがやはり泥臭く深い、Joiの時に唸りを上げ時に引っくり返すヴォーカルもファンキーで渋さが光ってカッコイイ。「Techno Pimp」はDallas Austin改めDallas Awesomeが製作を担当したピョンピョン光線が飛び交うサイケなアップチューン、宇宙空間を高速で滑空するロボチックなトラックで最高に面白くて病みつき(惚)。Joiのヴォーカルワークも合わせて奇怪にぶっ飛んでてクレイジーで最高ッ、後ろで絶えず聴こえる男性のアナウンスっぽい声も良~いアクセントになってて好きですねぇ(壷)。「Crave」はJoiとRound'l Ruckerが共同制作、これもヂヂヂヂと細かいビートとドラムスなど、生楽器が奏でる怪しげなざらついた感触が痺れるカッコ良さを醸し出すファンキーチューン。Joiの囁く様な歌声も妖艶に耳を撫でるし、Princeっぽくファルセットで鳴り続ける“くれいぶ♪”も耳にこびり付いて離れません(中毒)。引き続きJoiが製作の「Munchies For Your Love」(Back VocalでBig Gippが参加)も摩訶不思議な電子音がスィーーーと伸びて消える彷徨いトラック、そこにJoiの歌うでもなく奏でる歌メロディが謎めいた魅力を放ちながら広がってゆく、深みにはまりそうな夢世界曲。「Lick」ではSleepy Brownが製作&客演、隙間スカスカなシンセ構築のドロドロ曲は相変わらず癖のあるソウル体現で、そこに伸びるというか漏れ出し侵食するようなJoiとSleepy Brownのヴォーカルがまた癖になるんです(病的)。でもそこにはきちんとソウルが底辺に流れていて、聴いていてキッチリ溺れる事が出来るんだから不思議。「What If I Kissed You Right Now?」では再びRaphael Saadiqが製作担当(Co製作はJake & The Phatman)、乾いたオルガン鍵盤に硬質なカチっと鳴るドラムスが渋味の効いたソウル曲で(でも所々で機械的なシンセがピカリと光るのが憎い)、Joiの時折力んで捻り出す歌声も最高に色っぽくてカッコイイ一曲。Andre Bettsなる人物が製作した「Get On」も毛色が違って面白い、ゲーム効果音みたいな電子音の素早い連なりが近未来的ながらどこかレトロ、なぜかゴシックな響きを持つフックも相俟って不思議な感覚に陥ります。「You're A W***e」はまたもやRaphael Saadiq製作曲(Co製作はJake & The Phatman)、これもオルガンっぽい温もりにどこかマイナー調のメロディがアンニュイで艶っぽい溜息トラックで最高に渋いです(褒)。Joi製作の王道ファンクソウルが炸裂する「I'm A Woman」も、逆にこの流れに入ると目立って良いアクセントになっています。続いてもJoiとCharles PattawayとBrian Flemingが共同制作の「Nicole」、野太いベース弦の音色にマッタリと揺らめいて絡むJoiの滑らかな歌声が綺麗。清流のせせらぎの様に煌びやかで爽やかなメロディラインにギターリフがエッヂを効かす「Missing You」はDallas Austin製作、ピヨピヨ小鳥のさえずりがキュートに響くみずみずしいながらもソウルな塩味も効いた、過去と現在を上手く融合した魔法曲で好き(潤)。最後を飾るのは四歳の愛娘であるKeypsiiaが歌う「Keypsiia, Age 4」で、ほのぼのと幕を閉じます。

う~んこれは良かったですねぇ(唸)、Sleepy BrownやRaphael Saadiqが関与という事でどっぷりとディープなソウル曲満載で、そこにチラと絡むDallas Austinも良い仕事していて、そんな一流と上手~く綺麗に自身のソウルを光らせたJoiに拍手喝采で御座います(誉)。OutKastっぽくはないかなぁ、どちらかというとErykah Baduのような感触を僕は覚えました。Dawn Robinsonも良かったけれど、こうやってRaphael SaadiqとJoiの絡みを聴くと、Joiを迎えた新生Lucy Pearlも是非とも聴きたかったです(残念)。コレ良いですよ、聴いてみて(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment