RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

好きなMC(グループ編)Top10
久々のこのランキング、まだやっていなかった“好きなMC(グループ編)Top10”で御座います。
勝気な奴が多いMC陣、だからこそグループで活動するってのはなかなかいないし(していてもすぐにバラバラか露出に偏りが大きかったり)、でも逆に個々のキャラがギラギラ光って爆発的な相乗効果を生み出したり。またグループには絶対にブレインがいて、そのブレインが他アーティストと面白い化学反応を起こしたりと、注目せずにはいられません。そんなグループをランキング形式で御紹介、色々と迷った結果こうなりました(苦渋決断)。

“好きなMC(グループ編)Top10”

mcg-outkast.jpg

第一位 OutKast
堂々の第一位はHip Hop界の異色タッグ、Andre 3000とBig BoiによるOutKast。このタッグはいつだって濃い、Andre 3000の音楽雑食趣味&芸術センス&オシャレさ、冷たく鋭く疾風の如く刻んでくるBig Boi、この二人が仲良いのかどうかたまに疑問に思う事もありますが(笑)、タッグ解消せずに一緒に程よく距離とっているのが素敵です。OutKastの魅力はあの宇宙的なシンセ使いに絡む泥臭さやJazzyさ、本当になんでもござれな奇天烈世界がエキセントリックでカッコイイんです(惚)。Andre 3000ってどこかPrinceっぽい雰囲気を持ってる気がします、勿論Andre 3000はAndre 3000の独自の世界観なんですが(完璧)。これからもたまに一緒にしながら(Big Boiのソロ作がリリース間近)、お互いの魅力を切磋琢磨して頂きたいです。
Outkast「Rosa Parks」PVを視聴

mcg-atcq.jpg

第二位 A Tribe Called Quest
Q-Tip、Phife、Ali Shaheed Muhammadの三人で結成されたA Tribe Called Quest、この三人がその後のHip Hopに大きく貢献した事は言うまでもありません(賛辞)。中でも僕はやっぱりQ-Tipが好き、あの鼻声で繰り出すサラリとクールなラップがたまらなくカッコイイ、そういう意味ではちょっと魅力が隠れがちなPhifeが分が悪い(勿論Phifeもカッコイイんですけどね)。あとはDJ兼Producerを務めるAli Shaheed Muhammadの存在もかなりデカイ、彼が参加したRphael SaadiqとDawn Robinsonとのグループ“Lucy Pearl”も最高にカッコ良かったですし(惚)。
A Tribe Called Quest「Electric Relaxation」PVを視聴

mcg-roots.jpg

第三位 The Roots
Black Thought、Kamal Gray、Malik B、Hub、 Scratch、Dice Raw、Rahzel、Ahmir "Questlove" Thompsonなどで結成された大所帯Hip Hopバンド、The Rootsの魅力って他のグループでは絶対に出せないですよねぇ(独自)。サンプリングを使わないJazzっぽさ満開のトラックも勿論素晴らしいし、サンプリングを綺麗に使いながら繰り出す生楽器&息遣いがたまらなく最高ッにカッコイイです(賛辞)。僕が個人的に好きなPeedi Peediがグループに参入しているのも大きな魅力(いや、Peedi Peediは結局加入しているのか?)、Jay-Zと一緒にやった“MTV Unplugged”も最高の出来でした。あのライヴは完全にJay-ZとThe Rootsのジョイントライヴでしたね。
The Roots「You Got Me f/Erykah Badu」PVを視聴

mcg-mop.jpg

第四位 M.O.P.
“Mash Out Posse”ことM.O.P.はBilly DanzeとLil' Fameによる、BrooklynはBrownsville出身の凶暴タッグ。M.O.P.も最高にバキバキで男臭くて唾飛ばして独自のキャラが立っていて凄い、とにかく気分を盛り上げて戦闘態勢に入りたい時(つまり出勤前)に聴けばもうテンションMAXです。Roc-A-Fella移籍→G-Unit移籍を経て現在のE1 Recordsに移籍、新作をドロップ出来たという意味ではE1 Recordsに移って良かったけれど、出来ればRoc-A-Fellaに留まって作品をドロップして欲しかった(夢)。N.Y.出身ってのも応援したい理由の一つ、これからも咆哮し続けてHip Hop界を暴れてほしいです。
M.O.P.「Ante Up」PVを視聴

mcg-wutang.jpg

第五位 Wu-Tang Clan
RZA、GZA、Method Man、Raekwon、Ghostface Killah、Inspectah Deck、U-God、Masta Killa、Ol' Dirty Bastardと濃いMCが揃い踏みした武闘派集団、RZAの創り出すカンフー効果音を編み込んだソウルフル曲がたまらないし、それに乗っかり殺伐と攻め込んでくるWu-Tangの面々が恐いしカッコイイ(中毒)。誰かしらお気に入りの一人を見つけられるというのも良いかもしれない、皆で“Wu-Tang Calnの一番は誰か”なんて議題を設けたらずっと語り合えそうですもんねぇ(肴)。RZAも今度は映画監督に挑戦するらしいですねぇ、ちょっと観てみたいですねぇ(期待)。

mcg-clipse.jpg

第六位 Clipse
The Neptunesに見出されたMaliceとPusha Tによる兄弟デュオ、彼らも僕の好きなタッグですねぇ。何でかと言うとまずThe Neptunesの創るあのピコピコ宇宙船な音が好き、そしてその無機質スペースサウンドにClipseのプラスチックヴォーカルが綺麗に融合していて超クール。そしてPusha Tは今や単独でも客演をこなす人気MCに成長、それぞれソロ作をリリースする話も出ている様ですし、これからもClipseには期待出来ると思います。The Neptunesとはガッチリ組みながらも、ちょっぴり外部のProducerとも組んで欲しい、でもやっぱりThe Neptunesと共に作品を創ってほしいです(我侭)。
The Clipse「I'm Good f/Pharrell」PVを視聴

mcg-bep.jpg

第七位 Black Eyed Peas
このグループを第一位に挙げる方が多いのではないでしょうか、will.i.am、Apl.De.Ap、Taboo、Fergieの四人で構成される大人気グループ。Fergieの加入当初は反対的な意見もあった様ですが、結果としてFergieの加入がBEPを世界規模の爆発的なヒットに導きましたね(断言)。それもこれもBEPの頭脳であるwill.i.amのゴチゴチのHip Hopにはこだわらず、柔軟に遊び心満載で音を創る姿勢が下した判断、その後のwill.i.amのProducerとしての活躍も目を見張るものがありました。たまーにポップ過ぎる時もあるにはありますが、音を楽しむという点では確実に抜きん出ているグループであることは間違いありません。
Black Eyed Peas「Meet Me Halfway」PVを視聴

mcg-btnh.jpg

第八位 Bone Thugs-N-Harmony
Layzie Bone、Krayzie Bone、Wish Bone、Flesh Bone、Bizzy Boneの五人のBoneで構成されるBTNH、Fresh Boneの服役やBizzy Boneの悪行三昧からの脱退などで一時期は低迷していたBTNHも今やフルメンバーが揃って再活動。彼らの織り成す早口フロウでのハーモニーが唯一無二、グループとしてのまとまり(楽曲上)も素晴らしく、この五人で声を重ねる事に大きな意味があるという意味でも、グループとしての価値は多大です(尊重)。とにかく流麗でいて滑らか、でも乗っかるトラックは西海岸っぽい重たくチープなメロウさを兼ね備えていて、そこら辺も改めて聴き直すと新鮮でグッドです。
Bone Thugs-N-Harmony「Lil Love f/Mariah Carey, Bow Wow」PVを視聴

mcg-Mobb.jpg

第九位 Mobb Deep
HavocとProdigyで組まれたMobb Deepも90年代Hip Hopを語る上で外せない重要デュオ、N.Y.はQueens出身というのも東海岸派の僕には重要な鍵。Mobb DeepといえばやはりHavocの煙たく殺伐として荒涼としたザラザラトラック、これが肌寒く突き刺さる尖ったトラックメイクで恐ろしいぐらい、これが不穏でカッコ良くて中毒性高いんです。しかしそんなMobb Deepもここ最近は低迷、G-Unitと契約移籍してからも苦戦を強いられている気がします。しかし50 Centとの相性はなかなか良いと思うので、ここらでもう一花咲かせて欲しいものです(熱望)。
Mobb Deep「Hey Luv f/112」PVを視聴

mcg-yingyang.jpg

第十位 Yong Yang Twins
KaineとD-RocによるAtlanta出身のデュオ、サウスの泥臭さ&お祭り騒ぎを、あえて低く構えてフロアを揺らしてくる辺りが憎らしくて好きなんです(意外)。とは言っても最初はあまりサウス系自体が苦手だった僕はYing Yang Twins(そしてLil Jon)を敬遠、しかしこれが聴いていると意外とスムースに聴かせるラップもやったりして良いんです。でもやっぱりYing Yang Twinsといえば単調に乗って揺らすバンガー曲が最高、そんな中で囁きだけで突き進む「Wait(Whisper Song)」や、あのWyclef Jean(!)と組んだギターリフがカットする「Dangerous」などといった癖球を放って来るのが面白い。陰陽双子って名前も面白いですしね(笑)、意外とハマリました。
Ying Yang Twins「Wait(The Whisper Song)」PVを視聴

mcg-8ballmjg.jpg

第十位 8Ball & MJG
MemphisはTennessee出身のベテランタッグ、渋いかもしれないし僕もたった二枚しか持っていませんが、同率で十位にランクインさせました。カッコイイんですよねぇ、客演なんかも結構多くて彼らの名前があると気をつけて聴いている自分がいます。一時期はDiddy率いるBad Boy Southに在籍していたみたいですが、今はT.I.率いるGrand Hustleに在籍しているみたいですねぇ。僕個人としてはBad Boyに留まって欲しかったなぁ、あの頃の作品に慣れ親しんでいるので好きなんです(というかBad Boy Records好き)。重戦車っぽい見た目の割には(いや確かにヘヴィー級なラップですが)意外とスマートに聴こえるのがサラリとカッコイイ(惚)、もっと聴きたいベテラン勢で御座います(勉強不足)。
8Ball & MJG「Ten Toes Down」PVを視聴


とまぁこのような結果となりました、皆様はいかがですか。グループって沢山いる様で僕はあまり知らなくて、だから思いつくままにこのランキングは仕上がりました(楽)。他に入れるか迷ったのはBusta Rhymes率いるFlipmode Squad、Nell率いるSt.Lunatics、Cam'ronにJuelz SantanaにJim Jonesらが結成するThe Diplomatsなんかも迷いました(熟考)。しかしこれらのグループは活動が疎らですし主役主導な感じでグループというよるクルー的なんで除外しました(The Diplomatsは凄く悩んだ)。こうやって見ると結構バラエティ豊かですよねぇ、誰かのこういうランキングも見てみたいなぁ(興味津々)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment