RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lupe Fiasco「Lupe Fiasco's The Cool」
lupefiasco-cool.jpg

無類の日本好きMCとしても知られるイスラム教徒の若手実力派、Lupe Fiascoの通算二作目となる『Lupe Fiasco's The Cool』を御紹介。あのJay-Zをして“Def Jam以外のMCで注目しているのは、Lupe Fiascoだね”と発言させたLupe Fiasco、結果としてデビュー作『Lupe Fiasco's Food & Liquor』のExecutive ProducerをJay-Zが務めたほど(異例)。そんな勢い抜群のLupe Fiascoが二枚目のジンクスを打破すべく発表した本作、注目作ですよねぇ。
それでは気になる内容を御紹介致しましょう……まずは1分ちょっと短いながらもその序章を飾るに相応しく存在感抜群の「Free Chilly」、そこからそのまま流れ込む「Go Go Gadget Flow」は二曲ともSoundtrakkが製作を担当。重厚なストリングスが鋭く鳴り続けるクラシカルなトラックに、Lupe FiascoのTwistaばりに颯爽と滑るラップ、“ごごごごごごごごご♪”なフックが耳にこびり付く早口曲。Chris & Dropが製作の「The Coolest」はちょっぴりゴシック調のピアノメロディと後ろで聴こえるヴォーカルが厳かでシック、Eminemの毒気を思い切り抜いた様なトラック、Lupe Fiascoの流暢で静かなラップが鬼気迫るクールな一曲。聴衆の歓声から始まるSoundtrakk製作の「Superstar」は、Matthew Santosが客演で参加。どこかノスタルジックな温もりあるソウルメロディラインに冷たいエレクトリックを塗してファッショナブルなHip Hop曲に仕上げていて、そこに絡むMatthew Santosのノロっとしたマッタリ声が伸びるちょっぴりキュートな一曲。引き続きSoundtrakk製作の「Paris, Tokyo」ではEumir Deodato「San Juan Sunset」をサンプリング。このトラックの持つJazzyで軽やかな優美メロディはA Tribe Called Questを彷彿とさせる、オシャレな微炭酸シャンパン曲ですごく綺麗だし、Lupe Fiascoが鼻歌のように抜けて歌うフックも心地良くて新世代MCの腕前を魅せつける素晴らしい一曲。Al Shuxが製作の「Hi-Definition」ではSnoop DoggとPooh Bearが客演参加、ピュイーンと光線が錯綜する様な宇宙系のサウンドの中を浮遊する三人、Snoop Doggのユル~いラップもキマッてるしPooh Bearの歌フックも素敵。「Gold Watch」はChris & Dropが製作、何かの声ネタをぶつ切りにした使い方&のったりとしたメロディがどこか懐かしさを感じる、Lupe Fiascoのノタノタと繰り広げるラップもリラックスして聴ける一曲。Nikki Jeanなる女性シンガーを客演に招いた「Hip Hop Saved My Life」はSoundtrakk製作、ヒラヒラと鳴るピアノ鍵盤の連なりが降ってくる雪のように綺麗な流麗曲、Lupe Fiascoが切々とまるで祈りを捧げるかの様に“Hip Hopのおかげで俺は救われたんだ♪”とライムするこの曲はシリアスながらもどこか凛として美しい(沁)。Nikki Jeanの透き通ったクリアな歌声も麗しく、涙を誘うほどに優しく華を添えています。引き続きSoundtrakkが製作で客演にSarah Greenを迎えた「Intruder Alert」も神秘的な美しいトラック、Lupe Fiascoがアメリカにおける悲話(現実)を切り取り警報を鳴らすリリカルさが光る一曲(技巧派)。ピアノ旋律に寄り添うように絡むシンセ、そしてSarah Greenの悲しげな歌声が胸を締めつけるエモーショナルな一曲。スクラッチに硬質なドラムスビートが荒っぽく鳴る王道Hip Hopな「Streets On Fire」はChris & Drop製作、武骨に攻め込むトラック上でLupe Fiascoが息継ぐ間もなくライムを紡ぎ出す躍動感溢れる一曲で、ここでのLupe FiascoはどこかJay-Zを思わせる身軽さ&柔軟さで素晴らしい(賛辞)。客演参加のMatthew Santosも相変わらず良い歌声でフックを聴かせていて素敵、一癖ある漆黒感を演出していてグッドです。Bishop GとNikki Jeanを脇に揃えたゴシックホラーとロックを融合させた「Little Weapon」は、あのPatrick Stumpが製作という事で納得の仕上がり。鼓笛隊みたいな細かく刻むカチカチ鼓ビートが最ッ高にラフでダークでカッコイイ(痺)、それに乗っかり突き進むLupe FiascoとBishop G&クールで妖艶なNikki Jeanも最高にカッコイイですね(抜群)。ギラギラと掻き鳴らされる弦音にドカドカと踏みつけるビート、マイナー調で妖しげなアジアン風味のトラックが異世界な「Gotta Eat」も毛色が違ってイイ。製作はSoundtrakkで彼は続く「Dumb It Down」も製作(GeminiとGraham Burrisが客演参加)、これもホラーゲームサウンドの様な電子音の鳴りとサウスっぽい重たいグルーヴが病み付き度高い、Lupe Fiascoらしい遊び心満載の実験的トラック。「Hello/Goodbye(Uncool)」はLupe FiascoとChris Gossが共同制作、クラシックとロックがべったりと融合したトラックも面白いし、Lupe Fiascoのヴォーカルアレンジなんかも最高に面白くオタクっぽくて、この異空間を彷徨う感触はOutKastっぽくもありなんだかハイにさせられる一曲(興奮)。エレキギターがグイーンと捻って唸りを上げるダークロックな「The Die」はSoundtrakk製作、客演にGemstonesが参加した早口に刻むツイスティング曲。これまたゴシックホラーチックなSimonsayz製作のゾンビ曲「Put You On Game」はおどろおどろしい(恐怖)、映画のワンシーンのような緊迫したトラックにLupe Fiascoのスリリングでジリジリ迫るブラックパワーの漲った力強いラップが鬼のようにカッコイイ一曲(戦闘態勢)。Le Messie製作の曇ったロック曲「Fighters」(Matthew Santos客演)、ドラムス叩きながら軽快にノッちゃう懐かしいポップ曲「Go Baby」はSoundtrakk製作。国内盤にはこれらに加えてSoundtrakk製作の「Blackout」を収録、ビビビビビビと微振動しながら侵食し突き進むエレクトロアッパーで、カラフルでサイバーで四次元な感触はLupe Fiascoの独壇場ともいえる風合いで素敵。

流石は若手実力派、完璧に独自の世界観を構築している辺りが凄い、これがLupe Fiascoのカラーとして聴き手も想像できる他とは一線を画すニュータイプのMCですよねぇ(才能)。とにかくサウンド的に面白くてHip Hopといえども色んな要素が混じっていて、でも技巧派でコンシャスなLupe Fiascoがマイクを握る事で真摯なHip Hopとして完成されています。こういうMCを聴いているとまだまだHip Hooには無限の可能性が秘められていると再認識できるから嬉しい、これからも引退なんかせずに頑張って欲しいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment