RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Erykah Badu「New Amerykah Part Two(Return of the Ankh)」
Erykah-Badu-New-Amerykah-Part-22.jpg

“Queen Of Neo Soul”と称され独自の世界観で聴き手を魅了する孤高の女性シンガー、Erykah Baduの通算五作目となる『New Amerykah Part Two(Return of the Ankh)』を御紹介。あのディープで不思議な魅力を纏ったErykah Badu、彼女がいなければネオソウルという音楽もあそこまで大きなムーヴメントにならなかった事は確か。そんな彼女が前作『New Amerykah Part One (4th World War)』から短いスパンでリリースしたのが続編となる本作、話題にならないはずがないです。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずはプカプカと不思議な浮遊力でErykah Baduの夢見心地な歌声がとろ~りと流れる「20 Feet Tall」で幕開け、製作はErykah Baduと9th Wonderが担当したまったりエレクトーンナンバー。そして早くも話題沸騰となった先行カット「Window Seat」が登場、製作はErykah Baduと盟友のJames Poyserが共同担当。Erykah Baduが街路を歩きながら服を一枚ずつ脱ぎ裸になり、最後には撃ち殺されるという衝撃的なPVも話題になりました、僕もErykah Baduの裸見たさにPVを速攻で観ましたから(下心)。PVの良し悪しはこの際抜きにして、恋人との別離を歌ったこの曲はものすごく繊細でいてドラマチックで、ピアノのアダルトな音色と硬質なビートが小さな心臓の鼓動のように鳴る、とっても美しい涙を歌った失恋バラード(感動)。ちょっぴりエコーがかったErykah Baduの歌声が優しく鼓膜を通りハートを掴んで、さすがのドリーミーさに失神寸前になります(昇天)。カッチリと固いピアノ鍵盤はJazzyさを醸し出す「Agitation」はDavid Sancious「Just As I Thought」をサンプリング、短い曲ながら素晴らしい存在感を放つこの曲はErykah BaduとShafiq Husayn(Sa-Ra Creative Partners)による共同制作。Sylvia Striplin「You Can't Turn Me Away」をサンプリングしたピクニックっぽい晴れやかのどかなメロディと、Erykah Baduのハイな歌声がキュートな「Turn Me Away(Get MuNNY)」はErykah Badu製作曲。Ta'Raach製作でWings「Arrow Through Me」をサンプリングした「Gone Baby, Don't Be Long」もクールでカッコイイ、しっとりと夜風に吹かれるような爽やかでオシャレなメロディラインに細かく鳴り続ける弦音がちょっぴり芳醇で素敵、少しエフェクトがかったErykah Baduの歌声もどこか眩暈増長でドリーミーさを倍増させています。思い切りソウル回帰してサンプリングネタにNdugu & The Chocolate Jam Co「Take Some Time」をチョイスした「Umm Hmm」も大好き、声ネタも拝借したじんわりメロウで柔らかいしっとり流麗なトラックはErykah BaduとMadlibの共同制作。これはもう恋人とまったり濃密な時間を過ごす時のスロウジャムにピッタリ、チョコレート色の吐息みたいなErykah Baduの歌声でどんどん深みへと誘われる素敵なラヴソング(溺愛)。TLCばりの宇宙船交信なトークから入る「Love」はあの今は亡きJ Dillaが製作を担当(涙)、サンプリングにはFabulous Souls「Take Me」を使用したギターループの効いた渋くファンキーなトラックが濃いし、短い詩をあえて繰り返すErykah Baduの表現方法に脱帽ですねぇ(深)。“Lyrics Too Terrible To Write”とされ詩が掲載されていない「You Loving Me(Session)」はErykah Badu製作、グランドピアノに合わせてちょっぴり歌うだけなんですがコレがドロ~リと心臓に流れ込むオシャレなクラシカル曲で素敵。電子鍵盤の微かな響きに硬質なビートとオルガン&ベースみたいな音色が絡む「Fall In Love(Your Funeral)」はKarriem Rigginsが製作、Eddie Kendricks「Intimate Friends」を下敷きしたこの曲はちょっぴり宇宙チックなシンセの交錯感が面白いAndre 3000っぽい趣味の一曲でグッド。Kirsten Agnestaが奏でるハープの神秘的な神々しいメロディにぐにゃぐにゃと電子音が絡むインスト曲「Incense」も面白い、製作はMadlibでまったくErykah Baduが歌わないのだけれど心に残る印象深い一曲。最後を飾るのはErykah BaduとGeorgia Anne Muldrowが共同制作した「Out My Mind, Just In Time」は月明かりに照らされたドレッシーな装いのJazz曲、全10分22秒という長い一曲で三部編成、これも聴いているとOutKastっぽい絵本&空想&妄想な世界観を彷徨う摩訶不思議な一曲。

う~~~~ん深い、これぞErykah Baduの体現するSoulって感じでどっぷり浸かってしまう事は必至ですね(溺愛)。本作でErykah Baduはロマンチックでエモーショナルな側面を歌ったという事で、難しい事嫌いな僕にはそれも素直に良かったんだと思います(染入)。最近はどこもかしこもエレクトロでもう飽き飽きしているという方、Erykah Baduのこの一枚を聴いて一回リセットすると良いです(療法)。夜中に部屋の電気を消して、天井見つめながら聴くと味わい深いディープなラヴソング集で御座います(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment