RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ronnie Henson「Ronnie Henson」
rhrhc.jpg


あのMotown Recordsが送り出す男性シンガーRonnie Hensonのデビューアルバム『Ronni Henson』を御紹介。ハッキリ言うとこのRonnie Hensonって全然知らずに購入しました、Motown所属っていうのとあのAndre HarrellがExective Producerを務めているというので興味を持ったんです。あとこのジャケットがなんとも素晴らしいではありませんか、はやりこの便利な世の中になってもジャケ買いなる冒険は止まないものですね(笑)。
それでは肝心の内容にふわり……まずは幕開けを飾る懐かしいR&Bの香りがするEdward "Eddie" Ferrell製作の「Everybody Loves A Star」、Zapp & Roger「More Bounce To The Ounce」をベッタリ使った空気感はバッチリ、Ronnie Hensonの緑茶の様な甘さと渋みを併せ持った高音系の歌声もなかなか好きです。ゲストにA+なるMCを起用、このA+のラップも曲調にバッチリ合った高音系で好きでしたよ。「What'cha Got」はChad "Dr.Ceuss" ElliottとAl Westが共同で製作を担当した深夜系スロウ曲、これもRonnie Hensonの細く微弱い(良い意味で)歌声が恐ろしくフィット。Marc "Scout"なる人物が製作した「Next To You」もかなりノスタルジック、まるで埃かぶったレコードを持ち出して掛けている様な錯覚に陥ります。もしかしてもっと濃~いソウル声のシンガーだったら、もっと映えていたかもしれない楽曲に感じます(辛口)。再びChad Elliottが製作を担当した「What Are You Gonna Do」もミッドスロウ、少し音のこもったフックが繊細をより強調しててグッド、こういう線の細い楽曲でこそRonnie Hensonの緑茶声は活きますねぇ。Rashad Smithなる人物が製作を担当した「Tha Bomb」はちょっぴりファンキーな風味を加味、サンプリングにJames Brown「Dead On It」を使用しています。Chad Elliott製作の「Boy Or Girl Part II 」は電子音を随所に散りばめたピュンピュン異空間曲、独特のグルーヴが現代的でここでちょっぴり時間軸が戻る、低太なラップで重みをつけるRufas Blaqのラップも良いエッセンス。Big Bubなる人物が製作を担当した激甘スロウ「When and Where」もどこかノスタルジックで90年代を彷彿とさせる、風呂場っぽいRonnie Henson歌声の響かせ方もちょっぴり懐かしい気も。Rashad Smith製作の「With a Stranger」も甘い、でもこういう静寂R&Bは好きなので外せない。結局本作で最多の楽曲を製作しているChad Elliott製作の「Like the First Time」はKC & The Sunshine Band「I Get Lifted」をサンプリング、こういうネタ使いが本作に懐古的な香りを運んでいるんでしょうね、しかしそういった楽曲がRonnie Hensonの緑茶声の魅力をグーンと伸ばしていて文句のつけ様が無いんですねぇ(上手)。最後を締め括る「It's Not Your Sex」はBig Bub製作、サンプリングにはなんとMary J. Blige「My Love」を使用という嬉しいプレゼント。これまたあの頃の空気をそのままに、Ronnie Hensonのハイな歌声でじっくり聴かせてくれます。

流石はMotownと言いますか、R&Bマナーを心得ていますよね(天晴)。何度も書いてますが90年代R&Bが好物だという方にはかなりお薦め出来ます、僕もあの頃の音も好きだしネタ物も好きだし、Ronnie Hensonの様なああいうハイトーンボイスも好きなんで結構嵌れました。計10曲と少々少なめですが、なかなか粒選りな一枚に仕上がっていますよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment