RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wu-Tang Clan「Enter The Wu-Tang(36 Chambers)」
wu-tang-clan-36cham.jpg

映画『少林寺』に出てくる一族“武闘=ウータン”から名付けられたWu-Tang Clanの衝撃デビューアルバム『Enter The Wu-Tang(36 Chambers)』を御紹介。Prince RakeemことRZA、The GeniusことGZA、Method Man、Raekwon、Ghostface Killah、Inspectah Deck、U-God、Masta Killa、そして今は亡きOl' Dirty Bastardの九人で構成される硬派なMC集団、彼らを知らないHip Hopファンはまずいないですねぇ(恐怖)。今でも各自がソロで活躍している事からも、このWu0Tang Clanというグループがどれほどの強者揃いかが分かりますよねぇ(焦)。メンバー全員がN.Y.のStaten Island出身、彼らはこの地をShaolinと呼んでいるという徹底ぶりの素敵。
それでは名作過ぎる内容を御紹介……まず最初に全曲の製作をWu-Tangの頭脳であるRZAが担当、このRZAの創る黒く怪しい硬派なトラックこそWu-Tang Clanの魅力といえるかもしれません(警告)。普通にソウル曲をサンプリングするのではなく、カンフー映画から台詞や打撃効果音などを巧みに取り入れる事で、独特な暗いループと武骨な印象をより強くしています。まずはパキパキと骨を鳴らすような音がビートになった「Bring Da Ruckus」、Melvin Bliss「Synthetic Substitution」をサンプリングしたおどろおどろしいトラックにガツンガツンと激しく乗っかるマイクリレーが凄まじい。派手に鳴るホーンの散りにギュルギュルと擦られるスクラッチ、硬質なドラムスビートで突き進む「Shame On A Nigga」ではOl' Dirty Basterdが大暴れ。ATCQみたいなベース弦の鳴りでじわじわと始まり壊れた様なピアノループで舞いながら刺す「Clan In Da Front」はGZAの独壇場、硬質ビートでドカドカ進むシンプルなトラックなだけに恐怖感を煽られる一曲。Interlude的な会話から入る「Wu-Tang:7th Chamber」も、マイナー調のピアノメロディが不穏な空気を纏う怪しいトラックで、Raekwon→Method Man→Inspectah Deck→Ghostface Killah→RZA→Ol' Dirty Bastard→GZAと容赦ないマイクリレーで襲い掛かる一曲でグッド。「Can It Be All So Simple」 ではGladys Knight & the Pipsの名曲「The Way We Were」をサンプリング、しかしこの曲を使いながらもベッタリとメロウになっていない辺りがRZAの感性の成せる業。ここでもATCQっぽいぶっといベース弦の響きにちょっぴり吐息の様に薄めたヴォーカルフレーズを組み込み、途中でサイレン音やマイナー調のメロディを組み合わせ、結果的に不穏な空気を漂わせています。ズカズカと細かく刻むビートに合わせた“うっ、あっ、うっ、あっ♪”の合いの手が男臭い「Da Mystery Of Chessboxin'」、これも硬派で荒過ぎるビートにWu-Tang面々の叩きつけるようなラップがガンガンと前に出てくる一曲。「Wu-Tang Clan Ain't Nuthing Ta Fuck Wit」はとにかく最初の“たいがぁーすたぁーいる♪”が耳にこびり付く(笑)、僕は確実に一緒に口ずさんでいますからねぇ。そしてWu-Tang Clan屈指の名曲と名高いのが「C.R.E.A.M.」、サンプリングにThe Charmels「As Long As I've Got You」を使用した一曲。静かにヒラヒラと奏でられるピアノ旋律が異様に冷たく光り、そこに感情を抑えながらもどこか殺気に満ちたラップをギラギラと放つMethod Man→Raekwon→Inspectah Deckが恐ろしくカッコイイ一曲。そしてWu-TangアンセムでありながらもMethod Manアンセムとしても名高い「Method Man」、ここでの“M.E.T.H.O.D.めぇーーん♪”のラインは嫌でも耳に残る中毒性高い一曲で、ここでのMethod Manの煙たいラップが燻し銀過ぎて、後のMethod Man人気を決定付けた一曲。Wu-Tang曲の中でも人気の高い曲といえばこの曲「Protect Ya Neck」、全員のキャラが面白いほどに分かる個性溢れる一曲。Wendy Rene「After Laughter(Comes Tears)」からフックを拝借した「Tearz」は、後のGhostface Killahの感触を予感するようなラフカットなソウル曲。先述の「Clan In Da Front」をちゅっぴりデジタル化した「Wu-Tang:7th Chamber Part II」、真っ黒な布で上からくるんだ様な篭もった音がやたら気味の悪い「Method Man(Skunk Mix)」と、最後までボコボコにされてしまう武闘派な曲ばかりのオンパレード。

今聴いてもやはり独特の空気感を放っていて、やはりこの少林寺を題材にしたサンプリングの妙技はHip Hopの大いなる遺産で御座います(認定)。今でもWu-Tang Clanが再結成して暴れてくれているのは嬉しい限り、これだけ大所帯のMC集団というのもそういないですからねぇ(希少)。誰でもお気に入りのMCが見つかる、そんな個性派MCのカタログの様な面白いチーム&一枚で御座います(傑作)。若い子で最近のHip Hopしか知らない男子諸君、まずはこれを聴きなさい(提言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment