RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

福原美穂「RAINBOW」
hukuhara-rainbow.jpg

まさに日本人離れした圧倒的な歌唱力で聴く者を魅了する期待のシンガーソングライター、福原美穂の期待のデビューアルバム『RAINBOW』を御紹介。通な方ならもう福原美穂に注目していると思います、実力のあるシンガーが好きな貴方ならきっと。僕個人としては福原美穂の顔も好き、サッパリしてて清潔で健康的な美人の顔立ちで好きなんです(惚)。そんな彼女の歌声&ハートをギッシリ詰め込んだフルアルバム、楽しみですよねぇ。
それでは気になる内容を簡単に御紹介……まずは衝撃のデビューを飾ったシングル「CHANGE」で幕開け、もう何度聴いても最初の“あーーーー憎んで憎まれてずっとーーー♪”の歌い出しから爆発してて痛快です。福原美穂自身が書いた詩もなんだか率直で素直、可愛いから愛着が沸きます。R&Bとロックを巧く融合させたこのトラックのリズム&ハード加減がまた絶妙、ただただ広大な荒野を眼前に思い浮かべて聴いてしまう壮大なスケールの一曲。「ANYMORE」も福原美穂が作詞作曲、これも広い草原をまったりと和やかな風が優しく包み込むような流麗なポップロックチューン、福原美穂のゆっくりと噛み締めるように放つ歌声がズンズン胸に響くメッセージソング。ホーンの華やかな鳴りが派手に体を揺らす「Lose Control」も福原美穂が作詞作曲、このジャズスウィングなトラックにもすんなりと嵌って爆発しちゃっている福原美穂が凄いなぁ(感心)。ここではホーンに負けない彼女の圧倒的パワーヴォーカルに一撃ヤラれて下さい、こうやって聴くと彼女の力み方(声の出し方)ってChristina Aguileraにソックリです(驚)。ピアノで奏でられるほんのりと柔らかい雪明りのようなメロディが優しく切ない「雪の光」、福原美穂が作詞作曲。離れてしまってやっと分かった切ない恋心を歌ったラヴバラード、福原美穂の真っ直ぐと偽りのない気持ちが胸に突き刺さる一曲で、彼女がそのパワーを上手くソフトに強く表現した美スロー。作曲にNina WoodfordとFraser T. Smithなる人物を招いた「Everybody Needs Somebody」、Sandi Thomas、Simon Perry、David Thomasが製作の「ON TOP OF THE WORLD」なんかも程よくUSなロック感が出ていてカラッと乾いた感じが心地良いですね。福原自身が作詞作曲した「ひまわり」は、彼女の小さかった頃に抱いた恋心を綴ったバラード、夏の風景とその秒間に見た記憶の欠片が散りばめられた素敵な郷愁ソングに涙がホロリ。そして本作の注目曲といえばやはりコレ「LOVE ~winter song~」、福原美穂が作詞作曲を担当した可愛くはしゃぐクリスマス曲。これはもう完璧にMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」を意識した、完璧なジングルソングで最高にはまってます、去年のクリスマスはこの曲を繰り返し聴いてました(笑)。福原美穂の明るく屈託のない歌声がとっても華やかで楽しげで、聴いているだけでハッピーな気持ちになれる新たなクリスマスアンセム(傑作)。Fromm、DeNicola、Malconeyが楽曲提供の「Getting There」はフックでのファルセット使いで軽やかに舞い上がってヒラヒラ、これもどこか大地のような雄大さを持った自然曲。爪弾くギターの音色にほんわかまどろんだ空気が絡む夢想曲「ドリーマー」、作詞作曲は香那が担当。作曲にあのCorinne Bailey Raeが参加した深海を漂うような「ICE & FIRE」は確かに毛色が違う、しかし僕は別にCorinne Bailey Rae好きではないので魅力を充分には理解できなかったり(苦笑)。そして最後を締め括るのは胸をギュッと締めつける寂しげな旅立ち曲「優しい赤」、福原美穂が作詞で川村結花が作曲。故郷を残して都会を出る別れの言葉を綴ったこの曲……すごく悲しいけど共感も出来る、こういう感触は恋愛にもあると思う(涙)。最初の言葉“愛しているよ、だから捨てる♪”もすごく切ない、卒業式なんかで歌うとすごく素敵だと思う名バラードです(感動)。

まったくR&B/Soulっぽさは皆無、これは完全にJ-POPなんですが、福原美穂のソウルがギュッと詰まってて聴いていてすごく気持ち良かったです(幸福)。やっぱり歌が上手い人が僕は好き、こういう人が真っ当に評価されない(言い換えると売れない)日本の音楽シーンにちょっと疑問。あと本作を聴いていて思ったのは、福原美穂の書く詩の世界観が等身大の女の子って感じで好き、分かりやすいけどちょっと捻りもあって、そこも楽しく聴けました。日本には少ない本格派シンガーだと思います、是非皆さんもチェックしてみて下さい(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment