RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Usher「Raymond v Raymond」
UsherRaymondVsRaymond.jpg

Michael Jackson亡き今その王位を継承すべき存在ともいえる、Usherの通算六作目となる『Raymond v Raymond』を御紹介。前作『Here I Stand』の評価があまり芳しくなかった(?)らしいUsher、しかし僕的にはこの『Here I Stand』は新たなUsherの魅力&サウンドを展開していてかなりお気に入りな一枚となりました(賛辞)。結婚し父親となってより成長したUsherも、本作の前に離婚まで経験しよりパーソナルな一枚となる事必至なこの『Raymond v Raymond』(当初は『Monstar』と予定されていた)。Usherの本名を配したこの“Raymond対Raymond”も、自分と元奥様との対峙を意味しているのではないかと囁かれていたほど(苦笑)。まぁ実際にはUsher自身の二つの側面(スターとして、一人の男として)を意味したものだとか。
それでは期待が膨らみ破裂しそうな内容に触れます……まずは宇宙船が飛んで移動するような音の中でUsherの怪物ばりの魅力を讃える「Monstar」は大ベテランのJimmy Jam & Terry Lewisが製作を担当(!)、これが程よくエレクトリックでフューチャリスティックな機械トラックでクールでカッコイイ(痺)。サイボーグチックにエフェクト加工されたUsherのフックが効いてるし、上手く高揚感を煽る幕開けでグッド。「Hey Daddy(Daddy's Home)」はThe Runnersが製作、これも煌びやかな電子メロディを散りばめながらも空間を滑る感じで浮遊する近未来なトラックが素敵。Usherのハイな歌声が気持ち良く突き抜けるし、途中の合いの手の混ぜ方なんかも面白くて技アリな、思わず乗ってしまう一曲。Jim JonsinとRico Loveが共同制作の「There Goes My Baby」はじっとりと滑らかで伸びのある曲調がセクシーな電子トラックで、Usherのファルセットを駆使したフックが昇天気味で聴き手の意識をも飛ばす官能曲。「Lil Freak」はElvis "Black Elvis" WilliamsとPolow Da Donが共同制作(ソングライトにEsther Dean)、ドゥカドゥカと怪しげに鳴るビートとホーンどろりと重たく、そこに絡むがちゃがちゃなクラップ&リピートビートもグルグル脳内を回ってしまう密林曲。そこに援護射撃を放つのがちょっぴりキュートなNicki Minaj、相変わらず子猫チックなラップでキュートさ香ってます。Sean "The Pen" GarrettとShondrae "Mr.Bangladesh" Crawfordの強力タッグで製作された「She Don't Know」がヤバイ(汗)、縦横無尽に炸裂して暴れるブンチャカ殴打ビートが最高に痺れる攻撃的アッパー。Usherのフラットに歌うヴォーカルもHip Hop風味で面白いし、途中でのメロディアス転調もバッチリとキマってる、しかもそこにLudacrisの相変わらず木っ端ドカンな(くせに辻斬り)ラップが暴れ回るド派手さが最高な一曲(興奮)。「OMG」は最近また復調したwill.i.amが製作&客演、ハウスエレクトロ主義のトラックはBEPの延長線上でUsherも歌うというより口ずさんでいる感じ、途中のMC Hammerっぽい“うぉーお♪うぉーお♪”がまた面白くて好き。漏れる吐息のようなシンセが悩ましくしなやかな「Mars vs Venus」は再びJam & Lewisが製作、男性を火星(Mars)に女性を金星(Venus)に喩え、その出逢いをBig Bangになぞらえたビッグスケールなラヴソングで、Usherの染み渡るようなセクシーなヴォーカルが快感な美スロー。引き続きJam & Lewisが製作した「Pro Lover」は、じょんがらなアジアン弦音がエキゾチックなミッドチューン。「Foolin' Around」はUsherの盟友であるJermaine Dupriが製作を担当(Co製作をBryan-Michael Cox、ソングライトにJohnta Austin)、キラキラ輝く流麗なピアノ旋律は優しくて切なくて儚くて(涙)。そんな切ないメロディに乗せて“愛している男が浮気していると知っているのに、それでも僕と一緒にいたい君を理解できないよ♪”を懺悔する男の身勝手な気持ちを歌った謝罪ソング。先行カットされ話題になったのが「Papers」、ZaytovenとSean Garrett製作の曲はまぁ普通だけれど、やはり“書類にサインする覚悟は出来ている♪”と歌う詩は意味深(苦笑)。Usherがプレイボーイっぷりを発揮する「So Many Girls」はDanja製作のダークソリッド電子チューン、途中でしれ~っとDiddyがAdditional Vocalとして参加しています。AJ "Prettyboifresh" Parhmなる人物が製作(ソングライトにEsther Dean)した「Guilty」はカラフルポップな電子鍵盤の揺れるメロディに、Usherの雄叫びに近いハイヴォイスが鮮明に響き渡るキュートな一曲。援護射撃にはT.I.が参加、いかにもT.I.な鼻にかけながらもどこか二枚目なラップがカッコイイ。カチリと鳴るスナッピンに都会の夜っぽいオシャレな電子音が点灯する「Okay」はUsherの弟James "JLack" Lackeyが製作、ゆらゆら揺れるような柔らかいUsherのヴォーカルが魅力的。最後を飾るのはJim JonsinとRico Love共同制作の「Making Love(Into the Night)」、ブィーーーとじわじわ伸びるシンセサイザーにUsherの夜明けに似たブライトな歌声がキラキラと輝いて綺麗な壮美曲にウットリ(惚)。国内盤にはボーナス曲としてRedOne製作の「More」を収録、これもかなり電子ポップな作りで流行をきちんと意識した一曲。

うん、良かったですね、やっぱりUsherはいつだって高水準(一流)。ただ本作にはキラーボムが無かったかなぁ、Ludacirsを招いた「She Don't Know」はかなり良かったけれど。前作『Here I Stand』はガッチリとトレンドを取り入れつつもきちんとUsherの醍醐味を発揮、どれもすごくカッコ良かった。しかしトレンドを追い過ぎると偏りがちですが、巧~くProducer&トラックを散らしてあってバラエティ豊富でしたねぇ。という意味で『Raymond v Raymond』は前作を超える事は出来なかったかなぁ(辛口)、でも勿論すごく良く出来た一枚だったことも確か(賛辞)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment