RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Monica「Still Standing」
monica-still-standing-cover.jpg

デビューからもう15年となる大ベテランであり、女性シンガーの草分け的存在でもあるMonicaの通算六作目となる『Still Standing』を御紹介。プライベートでの様々な困難を乗り越え、今や二児の母として子育てに歌手にと頑張るMonica。そういった幸せが彼女をさらに綺麗に魅力的にしている事を感じるこのジャケット、しっかしMonicaは美人なのかどうなのか分かりません(笑)。本作もちょっと延期されたりしたので発売が不安でしたが(以前『All Eyes On Me』は日本以外ではお蔵入りになった事も)、こうやって無事に手元に届いてよかったです(安堵)。
それでは簡単に内容をさらってみますと……まずはシングルヒットしている「Still Standing」でキラキラと幕開け、製作はBryan-Michael Coxが担当(ソングライトにAdonis Shropshire)。Bryan-Michael Coxらしいピアノ鍵盤から始まるも曲はピコポコなクールなコスモ曲、ソリッドな黒空間を撫でるMonicaの歌声は相変わらずお美しい(平伏)。客演にはMonicaの従兄弟だというLudacrisが参加、相変わらずのデカ口で木っ端ドカンと早口ラップでナイス援護射撃してくれます。続く「One In a Lifetime」は久々のLos Da Mystroが製作曲、煌めく電子音に不思議な響きで鳴り続けるパーカッション、そこに絡むMonicaの艶やかな歌声とピアノ旋律が美しいメロディで思わずウットリ聴き入ってしまうクールドリーミーな一曲。「Stay Or Go」はBei Maejor製作(Co製作にNe-Yo)の透き通るような雪光がひらひらとトラックを覆うクリスタル曲、“とどまるの?それとも別れたい?♪”と詰め寄る女性の気持ちを歌った詩はNe-Yoらしい美しさ&生々しさ。この曲は最近っぽいポップ寄りの純白曲なんですが、途中のメロディ展開&ヴォーカルワークなんかはオールドソウルな雰囲気で親しみ易い。「Everything To Me」はMonicaと相性抜群のMissy "Misdemeanor" Elliottが製作(Co製作をLamb、ソングライトにJazmine Sullivan)、Deniece Williams「Silly」をサンプリングしたハートウォーミングな王道ソウル曲。真っ直ぐ過ぎるほどな愛を丁寧に心込めて歌ったラヴソングで、最近じゃ聴かないその率直さになんだか感動。続く「If You Were My Man」もMissy Elliottが製作を担当(Co製作をLamb、ソングライトにJazmine Sullivan)、電子鍵盤を軽く鳴らしたちょっぴりエレクトロなゆったりディスコチューンはEvelyn Champagne King「Betcha She Don't Love You」使い、Monicaの弾けるようにフレッシュな歌声がほとばしる懐かしポップな一曲でグッド。Jim Jonsin製作の「Mirror」も鉱石っぽいダークなエレクトロを散りばめたクール曲なんですが、Monicaの深く艶やかな歌声にもピッタリ合った一曲。「Here I Am」はPolow Da Donが製作を担当(ソングライトにEster Dean)、自分も相手も相手がいるダブル浮気を歌ったこの曲は素晴らしい出来映え。滑らかで悩ましいメロディがジットリ心を濡らす、フックでのMonicaのファルセットでの繊細な歌声も素敵なトロ~リとセクシーな一曲(溺愛)。Bryan-Michael Cox製作(ソングライトにJohnta Austin)の「Superman」もしっとりと美しい流麗&しなやかな美メロチューン、“あなたに出来ないことはない、一緒にいたい、同じ気持ちだといいな、わたしのスーパーマン♪”と歌う詩が可愛すぎるラヴソング(理想)。「Love All Over Me」では遂にJermaine Dupriが製作で登場(Co製作にはBryan-Michael Cox)、ピアノ旋律と柔らかシンセを綺麗に調合した綺麗なバラードで、Monicaの淀みなく真っ直ぐ伸びゆく歌声が美しくて溜息が漏れます(癒)。最後を飾る「Believing In Me」はStarGate製作曲、爪弾くギターに悲しいメロディがしとしとと鳴る失恋曲。国内盤にはボーナス曲としてMissy Elliott製作(Co製作にLamb & TJ)の「Blackberry」を収録、これがJamie Foxx feat. T-Pain「Blame It」をより滑らか&艶っぽく仕上げた様なオシャレでセクシーなスペイシー曲で素敵なんです(惚)。

う~~~ん良かったぁ~~~(感動)、電子音を使いながらも綺麗で艶やかな曲に仕上げるMonicaの熟した女性の輝き&魅力にどっぷり浸かっちゃいました(溺愛)。Monicaはやはり素晴らしいシンガーですよねぇ、一流のProducer陣が上手くMonica色に染まった“これぞ僕の好きなR&B”というのを思い出させてくれた、ベテランらしい意地&余裕の一枚です。全10曲(国内盤は11曲)というコンパクトさも聴き易くて良いですね、最初はちょっと物足らないかなとも思いましたが(笑)。 Billboard Top 200でも堂々の第二位を獲得しているのも納得。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment