RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Zのベスト盤の発売が決定
jay-z-interview-magazine-best.jpg

“King Of Hip Hop”の称号を欲しいままにする帝王Jay-Z。
そのJay-Zのこれまでの鬼のようなヒット曲をほんのちょっと網羅したベスト盤の発売が、ここ日本で決定した様です(祝)。
このベスト盤は『Hits Collection Vol.1(予定)』と銘打たれており、Jay-ZのDef Jam時代に発表した楽曲群(つまり『Vol.3 ...Life And Times Of S.Carter』から最新作『The Blueprint 3』まで)からの選出の様です。
しかもこのベスト盤、通常版と限定Deluxe Editionの2パターンが用意されるみたいで、Deluxe Editionは2CDでレアトラックが収録予定との事(狂喜乱舞)。
Jay-Z蒐集家としてすべての作品をコレクションしている僕としては、別に購入するまでもないかと考えていたんですが、レア音源がもしも聞けるのであれば購入するしかないでしょうねぇ(期待)。

まだ収録曲は決定していない様ですが、まぁヒットシングルを網羅する形になるでしょうねぇ。
そこでまぁ簡単に予想したいと思います。

まずは絶対に収録されるであろう鉄板予想でいけば……

「Big Pimpin'」
Timbaland製作でUGKを客演に招いたサマーアンセム、Jiggaはライブでも必ず披露。
「I Just Wanna Love U(Give It 2 Me)」
The Neptunesとの初合体曲で特大ヒット、The Neptunesの代表曲でもありますし。
「Izzo(H.O.V.A.)」
これ入ってなかったら逆に文句続出ですね、当時まだ無名のKanye West製作でJackson 5「I Want You Back」早回し使用。とにかく可愛くてキャッチー、Jay-Zの別名である“Izzo”“Hova”もこの時に登場。
「'03 Bonnie & Clyde」
今や奥様となったBeyonceとの共演曲、2Pac「Me And My Girlfriend」も当時話題に。
「Excuse Me Miss」
The Neptunes製作の女の子を甘~く口説くシャンパンゴールド曲、ここで聴けるPharrellのハイファルセットな歌声が最高に素敵で痺れ上がりますよねぇ。Jay-Zのまったりと紳士なラップもキマってますよ(二枚目)。
「Change Clothes」
The Neptunes製作の華やか煌びやかオシャレチューン、このファッショナブルさは神憑りでした(痺)。
「Dirt Off Your Shoulder」
Timbaland製作のダークソリッドチューン、やはりJay-Z×Timbalandの相性が抜群である事を徹底的に証明。
「99 Problems」
Def Jam総帥のRick Rubinが製作を指揮、このロックなカットの激鉄チューンが最高に渋くてカッコ良かった(痺)。
「Show Me What You Got」
Jay-Zの盟友で、Jay-Z作品には欠かせないJust Blazeが製作を担当。Lafayette Afro Rock Band「Darkest Light」使いのドカチャカ暴走チューンで、聴くだけでテンションMAXになる一曲。
「Lost One」
驚く事にDr.Dreが製作したピアノ鍵盤ドロリ曲、Def Jamの新人女性Chrisette Micheleの起用もアクセント。
「Roc Boys(And The Winner Is...)」
The Menahan Street Band「Make The Road By Walking」を下敷きに派手なホーンが鳴る、Jay-Z率いる“Roc-A-Fella”の軍歌としてもこれから歌い継がれるであろう一曲。
「Blue Magic」
The Neptunes製作の電子音とパーカッションのスカスカ隙間がたまらなく渋い一曲、こういう毛色の違う(特殊なトラック)を創るThe Neptunesも凄いけれど、これをサラリと起用し乗りこなすJay-Zの力量に感動。
「D.O.A.(Death Of Auto-Tune)」
流行に流されるばかりの音楽シーンに警告を与えた、Hip Hop界を牛耳るJay-Zらしいエンターテイメント爆発の一曲。しかしこれがNo I.D.製作の生演奏感たっぷりの骨太トラックが激渋で、これぞ皆が忘れていたHip Hopというものを思い出させてくれた価値ある一曲。
「Run This Town」
Jay-Z×Kanye West×Rihannaという今のDef Jamを代表する三大アーティストが集結し“俺達が街を仕切っている”と高らかに宣言する震える一曲(畏敬)、これはDef Jam側としても絶対に入れておきたい超効果的&説得力のあるコマーシャル曲。
「Empire State Of Mind」
最後を締め括るのはきっとこの曲なのではないでしょうか、Jay-Zにとっても久々のロングランヒットを記録した重要な一曲。あのAlicia Keysを招いた時点で勝ちは見えていましたが、これほどまでのヒットとなろうとは(汗)。Jay-Zだけでなく大都会New Yorkをも代表する一曲となりましたよねぇ(感動)。

…の以上全15曲をチョイス、と言うより全てをシングルでまとめました(笑)。
これで充分にヒット曲が満載ですし、Jay-Zのキャリアを簡単に網羅できる一枚です。
とは言ってもこれはあくまで僕の予想です(笑)、実際はどういった楽曲が収録されるのでしょうか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment