RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jaheim「Ghetto Classics」
jaheim-gccovs.jpg


Jaheimの“Ghettoシリーズ”第三弾となる『Ghetto Classics』の御紹介。毎回アルバムのタイトルに“Ghetto”を冠して、その深みのある(あり過ぎる)バリトンボイスで通なR&Bファンをも魅了するJaheim氏。三作目となる本作では遂に“Classics”を銘打ったという事は、これがいわゆる最終章になるのかもしれませんねぇ(勘繰)。まぁもうジャケットでも余裕満々の表情ですし、聴く側ももうJaheimが外すなんて事はまさか無いと高をくくって良い訳です(笑)。
それではまた稚拙ではありますが内容について……今回は全11曲と収録曲数がかなり少なめ(寂)。まずは大ネタ定番のWillie Hutch「I Choose You」をベッタリとサンプリングした「The Chosen One」で美しく幕開け、製作は勿論Kay GeeとBernard Belleの共同制作となっています。もうこれはネタ選びからして反則技(壺)、キラキラと幸福溢れるトラックにJaheimの伸びやかな“おーおーおーおーおうおー♪”のフックが……ッあ、気絶しそうになりました(笑)。「Everytime I Think About Her」では癖になるJadakissが援護射撃、製作はなんと僕の好きなB!nkで御座います(鉄板)。B!nkの手によるLost Generation「Sly, Slick And The Wicked」使いのソウルフル(魂古)なトラックだけでも涙が出そうになるのに、其処にJadakissが“ひゃっはー♪”と斬り込んできて燻し銀にキメてくれるんですから文句無し(興奮)。「Daddy Thing」はKay GeeとT.O.とBalewaなる三人での製作曲、此処では「To Be True」なる楽曲をサンプリング、これがまたJaheimの声質にガッチリ合致で揮いレコードを掛けている様な錯覚に陥ります(夢現)。「Forgetful」はなんとあのScott Storchが製作を担当、彼が時折見せる懐古主義のミッドにアッパーなトラックで秀逸です。「Like A DJ」はKay Gee、Terence "Tramp-Baby" Abney、Darren Millの三人での共同制作。Eddie Grant「Time Warp」を下敷きにしたちょっぴりスペーシーでディスコチックなトラックで、これがまたクールでカッコイイんす(痺)。この三人はそのまま次の「Friend」も製作を担当、ゲストにこれまたThe LoxのStyles Pが参加しています。The Delfonics「I'm Sorry」をサンプリングした温かすぎる優しくふんわりなトラックに、Jaheimの全てを包み込む歌声で完全に古傷は癒えます(摩訶不思議)。The Co-StarsとBalewa Muhammadが共同で製作した「I Ain't Never」は美しく輝き続ける名曲(涙)、もはや現代の歌ではありません、これは昔からずっと歌い継がれているクラシック曲に違いないです(断言)。Marilyn McCoo「Stay With Me」を下敷きにした王道中の王道R&B、これをまたここまで王道として昇華出来るのはJaheimぐらいのもんじゃないでしょうか(絶賛)。ここからの四曲はEric Williamsによる製作曲の連続、「125th」はThe Moments「Not On The Outside」をサンプリングした夜の帳の様に、静寂の中に艶っぽさを感じさせる一曲。軽やかに歌う「Masterpiece」も、ギター弦のギュイギュイいう音と曇った音が情感揺さぶる「Conversation」も、最後を締め括るに相応しいゴスペルチックで希望に満ちた昇天曲「Come Over」も、どれもが素晴らしい仕上がりで脱帽で御座います。

この歌声の持つ響きと深み、“おいおいJaheimって何歳なんだよ”と疑問に感じますよねぇ。彼は1978年生まれという事なので……まだ今年で29歳です、二十代なんですね(驚)。本当に良い喉に恵まれているなぁ、僕もこんな風に歌いたい(阿呆)。曲数少ないんですんなり聴けます、ドライブに持って来いの一枚なのは確実。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment