RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Latif「Love In The First」
latif-loneinfirst.jpg

老舗の名門大手レーベル“Motown Records”が送り出した Philadelphia出身の若手シンガー、Latifのデビューアルバム『Love In The First』を御紹介。Latifといえば絶対に出るのが偉大なるシンガーのTeddy Pendergrass、Teddy Pendergrassとは家族ぐるみの付き合いだったらしく、音楽の師匠とも考えているのだとか。あんまりビッグネームの名前をちらつかせるのは好きじゃないんですが、それでもあのMotown Recordsが認めたんだからその実力はきっと折り紙つきに決まってると思い購入していました(安心)。
それでは気になる内容を御紹介しますと……電話のプッシュ音から始まるメロウジャム「I Don't Wanna Hurt You」で流麗に幕開け、製作はTeddy Bishop(ソングライトにSean Garrett参加)でEl Debarge「Time Will Reveal」を使用。爪弾くアコギにLatifのなんとも甘くしとやかな歌声が悩ましくてたまらない、胸が思わずキュンとなる素敵なスロー。「Who's Loving Her Now」は同じアコギながらエッヂーで尖った弾き方でクールさが際立つ一曲、途中で鳴るピューンピューンみたいな光線音もナイスアクセント。フックでの重ねられたLatifのヴォーカルも甘くも冷たくてカッコイイ、製作はGreg Charleyが担当(ソングライトにJohnta Austin)。「It's Alright」はなんとRyan Leslieが製作、かなり音数少なく低くベインと鳴るシンセの連続に、ちょっぴりとぼけた子供っぽいメロディが可愛い一曲。Mathew "Matlock" RobinsonとDavid Chanceが共同制作の「Without You」はポワワンと鳴るシンセにピアノ旋律がちょっぴりドリーミーで妖艶な、メロディが甘く切ない大人のスローバラード(甘美)。途中でちょっぴりエフェクト加工したヴォーカルもイイ塩梅でグッド、Latifの底なしに甘いしっとりシルキーな歌声にバッチリ似合った必殺曲ですね(胸焦)。Harold Melvin & The Blue Notes「Let's Get Together Soon」をサンプリング使用した「Can't Let Love」はMechalie JamisonとAndy C.が共同制作、これもなんだか可愛くておとぎ話っぽいポワワン鳴りが面白い一曲。D. "French" Spencer製作(ソングライトにSean Garrett)の「Girl」では一転してソリッドでエッヂの効いたダークアッパーを展開、Latifの挑発するような歌声もなかなかカッコ良く、どことなくOmarionに似た鼻の抜け方がイイ感じ。引き続き電子音の弾けるようなリズムで疾走する超クールでファッショナブルな「Put Me On」、製作はBryan-Michael Coxが担当。この電子鍵盤の無機質な鳴りはThe Neptunesっぽいけれど、ドカドカと派手に(でもタイトに)振動する太いビートはJermaine Dupri譲りかな。この曲はとにかくカッコ良くてLatifがただ甘いだけのシンガーでない事を歴然と証明、まるで踊りながら悠然と歌えるシンガーなんじゃないかと思わせる出来映え(賛辞)、これで誰か一人MCを招いたらもっと熱い一曲になったでしょうねぇ(惜)。「My Man's Girl」はA.D.(Adonis Shropshire)が製作、小気味の良いラフなノリがすごく心地良くてPhillyっぽさを感じないでもない爽やかソング。続く「Love In The First」もA.D.が製作、これもちょっぴりアジアンな琴音がバックで流れる流麗かつドラマチックな一曲で、Latifの歌声もすんなり甘酸っぱく染み入るナイスなミッド曲。「My Sister's Girlfriend」もA.D.が製作、ここではレーザー銃みたいなピュンピュン音の交錯にドカッドカッと重たいビートが跳ねる近未来曲でライトなタッチが素敵。乾いたギター弦がスパイシーな「Rain Will Go Away」はRyan Leslie製作、どこか物悲しげで影のあるメロディにLatifの細く繊細なファルセットがしんみりと響き渡る哀愁曲。オモチャっぽく可愛い鍵盤音に小鳥のさえずりが聴こえる煌びやかな天国曲「Heavenly」、これもRyan Leslieが製作を担当。最後を飾る「I Don't Blame You」もRyan Leslieが製作を担当、ヒラヒラと鳴るピアノ鍵盤にまったりと絡む優しいメロディが心地良くて(癒)、Latifの滑らかですべてを包み込む甘美な歌声がすごく素敵な優美バラードに仕上がっています(輝)。

全体的にみてものすごくまとまっている一枚、突出した曲はなくとも充分に聴かせてくれる良質な一枚となっています(賛美)。Latifの歌声がすごく甘くて爽やかでクリアで綺麗、2003年の作品ですがもう少し後に発表していたら、きっともっと売れていたろうと思います(時期尚早)。Motown Records輩出だけあって実力は充分、これで国内盤が出ていたらもっと違っていたのに(残念)。最近のR&Bが好きな方は是非どうぞ、かなり良い感じに仕上がっています。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment