RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chris Brown「Graffiti[Deluxe Edition]」
chrisbrown-graff.jpg

“Next Michael Jackson”とも称され多くの期待を背負うR&B界の神童、Chris Brownの通算三作目となる『Graffiti[Deluxe Edition]』を御紹介。Rihannaとのあの一件でちょっと嫌いになってしまった感は否めませんが、でも誰にでも過ちはあるのだし、Chris Brownも反省しているのだから目を瞑る事にします(沈黙)。しかし音楽的にはやはり大成功を収め、確実にスターの座を射止めつつあるのも事実、やはり実力者でございます(折紙)。そんなゴタゴタ問題をクリアしながら発表された本作、Chris Brown的にも大きな意味のある一枚なのではないでしょうか(推測)。
それでは気になる内容を御紹介します……まずは先行カットとして話題となったSwizz Beatz製作のバンギンチューン「I Can Transform Ya」、Swizz Beatzに加えてLil Wayneも客演参加という最強召還術。マシーンチックなザキザキ音の連続に荒いエレキギターがつんざめく、いかにもSwizz Beatzらしいバギバギに尖ったハード過ぎる一曲。Chris Brownも甲高いヴォーカルが良いしSwizz Beatzの合いの手も最高にアガル、しかしここで一番カッコイイのは威風堂々とヘラヘラしてくれたLil Wayneより他ないです(流石)。Big Makk、Keith Thomas、Big Lo、Moe Faisalが共同制作したThe-Dream節が効いたリフレイン曲「Sing Like Me」、ちょっぴり中華風味のメロディも煌びやかに優美で素敵です。Adam MessengerとNasri Atwehが共同制作した深みのある純白で広大なスロー「Crawl」、失った愛をもう一度取り戻すために強くなろうとする男の心情を切なくも力強く綴ったラヴバラード。この曲にはR&Bの装いはもはや皆無、しかしこの全てを解き放つように伸びやかで純度の高いメロディが素晴らしく、Chris Brownの青い歌声が見事にキラキラと輝いた好バラード(感動)。続いてもヒラヒラと舞うようなピアノ旋律を主軸にした儚い「So Cold」が煌びやかで透き通っていて美しい、製作はPolow Da Don(ソングライトにEsther Dean)、“もし彼女と会うことがあるなら、伝えてくれるかい、寒すぎるって……♪”と涙声で歌うChris Brownが胸を締め付ける失恋曲(泣)。「What I Do」はThe Runnersが製作を担当、突き抜ける様な歌い方や早口で捲し立てるヴォーカルが面白い、客演にはPliesが参加。レトロでポップなエレクトロ音に硬質ドラムスが跳ねるキュートな「Famous Girl」はRyan Leslie製作、やっぱりRyan Leslieは電子音使いが巧くて素晴らしいです(誉)。Tha Bizness製作のどこか宇宙感覚な不可思議エクスタシー曲「Take My Time」では熟練Tankと共演、Chris Brownの青く甘い歌声とTankの濃厚で芳醇な歌声がジットリと絡むナイススロー。懐かしの80年代ポップを思わせる四つ打ちキュートな「I.Y.A.」はFree School、エフェクト駆使で遊ぶエレクトロチューン。女性シンガーEva Simmonsを客演に招いた「Pass Out」はBrian Kennedy製作、流行のハウステクノっぽさ丸出しな電子曲ながらChris Brownの若く高いキャンディ声にはお似合い。Polow Da Donが再び製作したガチャガチャシンセの滑走チューン「Wait」では、Trey Songzとの若手人気実力派同士の共演が実現。どちらもきちんと個性を出し合っていて素晴らしい激突なんですが、そこにバッチリ華を添えるのは悪童Game、普段のヤクザっぽいラップとは違う鋭いラップで斬りかかります(一撃必殺)。若くしてスターとなった独りの男の苦悩と決意をChris Brownが優しく澄んだ歌声で歌うメッセージ曲「Lucky Me」、製作はJevon Hillが担当。音数は極めて少なく後ろで鳴るアコースティックギターの音色も静かで控えめ、だからこそ“有名になるのがここまでつらいだなんて、でもこの重荷は誰にも負わせたくないから、僕はこう言うんだ「僕はなんてラッキーなんだ」♪”と深々と切々と歌うChris Brownに思わず同情してしまう人間臭い一曲(感動)。Charlie Bereal製作の「Fallin Down」、これもR&B曲ではないけれどChris Brownだとしっくり来る。「I'll Go」はBrian Kennedy製作(Co製作をJames Fauntleroy)、ブルージーさも香る別離曲でこれも素敵。
そしてDeluxe Editionにはもう一枚ボーナスCDが付属されていまして、これがまた聴き逃し厳禁な楽曲が多いんです。スポットライトの様に照り輝くリフレインフックが耳に鮮明に残る「Gotta Be Ur Man」、製作はPolow Da Don。切なくも耳に名残のあるピアノのメロディに胸を打たれるセクシー曲「Movie」、製作はJevon Hill。掻き鳴らすアコギが爽やかな疾走チューン「For Ur ♥」、製作はFree School。Chris Brownがその甘酸っぱいハイトーンヴォイスを切なく締め付けるように張り上げる、突き抜けるように高らかなラヴソング「I Need This」はOak製作。アルプスチックなアコーディオンメロディにドリーミーな電子音が融合するまろやかな「I ♥ U」はPolow Da Don製作、ソングライトでも関与しているEster Deanの清廉な歌声がまた素晴らしいんです(助演女優賞)。Sean Paulが飛び道具客演したピコポコチューン「Brown Skin Girl」はScott Storch製作、Scott Storchっぽくないですが(笑)。電子光線が交錯しながら軽快にステップ踏んで踊り倒す「Girlfriend」はFree School、ちょっとぶっ飛びすぎですがLupe Fiascoの援護射撃でなんとか締まって聴こえます。完璧に四つ打ちでヴォコーダー使いがちょっと萎える「Go Away」はRyan & SmittyとThe Futuristicsが共同制作、でも聴いているうちにゴーゴーで“おうえーーい♪おううーー♪”とノッちゃってる自分もいたり(恥)。最後を飾るのはFree School製作の「They Say」、まぁエレクトロチューンです。

真っ白ながらも「Crawl」「So Cold」「Lucky Me」などの純白美曲はどれも素晴らしかった、若いChris Brownの青い歌声には無理なく(違和感なく)馴染んでいて良かったと思います(意外)。ただそれ以外に関してはやはりあまりにエレクトロ過ぎるかな(苦笑)、Chris Brownにしか歌えないダンスチューンとかアーバンなR&Bとかで半分埋めたら丁度良かった気がします(個人的感想)。ただChris Brownの一人の男としての苦悩やほんの少しの成長なんかも見え隠れしていて、パーソナルな面を少し掘り下げたなかなか良かった一枚だと思います(Chris Brownは多くの楽曲のソングライトに関与)。R&Bではけしてないですが、前述の三曲は素晴らしかったと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment