RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Estelle「Shine」
Estelle-Shine.jpg

英国はWest London出身でラップもし歌も歌えて、そのうえ曲まで書けるソングライターでもあるEstelleの通算二作目となる『Shine』を御紹介。あのJohn Legendの設立したレーベル“Home School”に移籍しての本作、つまりはUS市場にもガッチリと標準を定めた一枚となっている訳です。Estelleのデビューアルバム『The 18th Day』は本国イギリスではかなりの高評価を受けヒットを記録、様々な賞を受賞したようです。John Legendはそんな彼女のデビュー盤に客演参加し、Estelleに惚れ込んで自身の設立したレーベルに引き入れたとの事。
それでは本作の内容はどうなっているかというと……まずはヒットメイカーのwill.i.amが製作した「Wait A Minute (Just A Touch)」で渋めの幕開け、Edwin Starr「Easin In」をサンプリングしたオルガンっぽい歪みメロディとホーン、ポコポコビートが軽快に突き進むなかなか黒い一曲。カリブの潮風が香ってくる「No Substitute Love」はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisの名コンビが製作を担当、この曲はまるでLauryn Hillを髣髴とさせるトラックアレンジ(Estelleが歌とラップの両刀使いな辺りもLauryn Hillと共通している)で、そういう意味では極めてWyclef Jeanらしいし相性の良さを感じる一曲。そしてシングルヒットしたのが「American Boy」、will.i.am製作で客演にはKanye Westが参加という珍しいコンビネーション曲(驚)。will.i.amらしいライトなタッチのフューチャリスティックな軽やか浮遊する宇宙曲で、これにKanye Westのあのちょっととぼけた野暮ったいラップが綺麗に映えています。Aretha Franklin「Bridge Over Trouble Water」を下敷きにした温もりたっぷりなソウル曲「More Than Friends」、製作はKeezo Kane、まるでレコードを聴いてるような和やかで懐かしいメロディが素敵。売れっ子セレブDJのMark Ronsonが製作した「Magnificent」はKardinal Offishallが客演参加、ほどよくレゲエチックにキメる南国調の一曲。ハモンドオルガンっぽいメロディにレイドバックしたカリブ風が吹く「Come Over」はどこか哀愁が漂うアダルト曲、製作はSupa Dupasが担当。「So Much Out the Way」は再びWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisが製作を担当、Bob Marley「So Much Things To Say」をサンプリングした南国寄りのHip Hop曲でラフにカッコイイ、これもどこかThe Fugeesを髣髴とさせる一曲。そして本作で最も好きなのが胸キュンなサマーアンセム「In The Rain」、製作はJohnny DouglasでLove Unlimited「Walkin' In The Rain With The One I Love」を早回ししたキュートさ弾ける素敵過ぎな一曲(惚)。“あなたとわたし、太陽が昇るまで雨の中で愛を交わすわ♪”とスッキリ歌い上げるEstelleの歌声がクリアで綺麗、海岸と青空がよく似合う颯爽系のメロウチューン。「Back In Love」はSteve McKieが製作を担当、彼が組み立てた硬質なドラムパターンにぽわわんと浮かぶドリーミーな鍵盤音がカワイイ一曲。「You Are」ではようやくJohn Legendが客演で登場、Tom Craskey製作のドカドカ小刻みに叩くトラックはHip Hop風味ながらも、Estelle×John Legendのソフトで柔らかな歌声の融合でほんわかと色っぽくぼやけるナイスな魔法。「Pretty Please(Love Me)」ではあの怪鳥の如きCee-Loが客演参加、Jack Splash製作の70年代っぽいレトロなノリが可愛く跳ねるポップな一曲で、Cee-Loのクァ~~~~ッと唸る高音ヴォーカルが最高に痺れる一曲でグッド。「Shine」は驚き、あのSwizz Beatzが製作を担当したアッパーチューン。ドッドドカドと跳ね回る様に鳴るビートに合わせてEstelleが撃ち放つようなスピーディラップをかます斬れ味抜群な一曲で、Swizz Beatzの合いの手もバッチリキマってます。とここまでが本作の内容で、国内盤にはこれらに加えて二曲のボーナス曲を追加。Smokey Robinson「Family Song」をサンプリングしたノスタルジー溢れる華やかキュートなラップ曲「I Wanna Live」はShawn Diggy製作、あのHi-Tekが製作&客演したストリングスの妙が光るダークメロウな「Life To Me」も聴き逃すには惜しい素敵な一曲。

うん、評判に違わずなかなか良かったですねぇ。ただそれほどまでにパンチがあったかというと、そうでもなかったかなというのが本音(辛口)。歌も歌えてラップが出来るというのはかなり特殊だから、もうちょっとそのメリハリを利かせて欲しかった気もします。でも普通に歌が上手いから、歌を主軸にちょっとラップする程度で今の形で良いんでしょうが(迷)。世間様の評価がかなり高かった本作、Black Music愛好家は押さえておかないとマズイみたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment