RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Timbaland「Shock Value II」
timbaland_shock_value_2_cover.jpg

長きに渡ってヒット曲を大量生産し続ける奇才、Timbalandのソロ通算三作目となる『Shock Value II』を御紹介。Timbalandは本当に凄い、次から次へと灰汁の強い独自のサウンドを展開、多くのアーティストから楽曲依頼がいまだに途絶えませんねぇ。そんなTimbalandもその長いProducer遍歴の中で少しずつサウンドは変化していて、最初の頃よりも少し垢抜けた感もありますね(いや、聴き手である僕らがTimbalandの音にようやく慣れたのかな)。Producerとしてだけでなく、アーティストとしても成功しつつあるTimbalandの放つ本作も要注目えすよねぇ。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……製作は全曲もちろんTimbalandが担当(共同製作も数曲)、多くのアーティストにヒット曲を提供してきた彼ですから、それは敏腕な客演陣が参加する事は必至でございます。まずはTimbalandの親友(弟分)ともいえるJustin Timberlakeと共演した「Carry Out」(Jerome "Jroc" Harmonと共同制作)、Timbalandらしいマハラジャ×エレクトロなドコドコ太鼓ビートがうねる癖のあるサイケ曲。そこに絡むTimbalandの低く太いバス声と、Justin Timberlakeの振動し重ねられた残像ヴォーカルが最高にクールで相性抜群。キュートな金髪娘JoJoをfeat.した朝焼けブライトな感じの「Lose Control」、ハンドクラップにエイエイな合いの手はTimbalandらしい灰汁の強さ、しかしJoJoの弾けるような歌声が眩しくて綺麗です。電子鍵盤を鳴らしてリズムを刻む閃光系の流線形シンセが妖しく美しい「Meet In tha Middle」(製作をPolow Da Don、Co製作をTimbaland)では、Brandyがオルターエゴの Bran'Nuとしてラップ参加。このカラフルながらも冷たくクリアなミネラルシンセメロディが素晴らしく明度が高く浸透する(惚)、Brandyもラップ格好良いし時折あの清廉な歌声を聞かせていて素晴らしい仕上がり。「Say Something」では大型新人のDrakeが堂々の客演、ビュイビュイと捻って鳴らされるシンセが鼓膜に巻き付き絡まる、やはりTimbalandらしい中毒性の高いメロディ(笑)。そこにDrakeの蛙っぽいあのラップと歌フックがさらりと流れる、Drakeの癖を見抜いたTimbalandの見事なProducer目線が功を奏した一曲。「Tomorrow In The Bottle」ではロックバンドNickelbackよりChad Kroeger、Timbalandの実弟のSebastianが参加、ロックっぽいカットを魅せながらもきちんとクラブ乗りしているラフにクールな一曲で、僕は結構好きな一曲。「We Belong To The Music」ではアメリカの人気女性ポップアイコンMiley Cyrusが参加、四つ打ちビートに乗っかってキュートに跳ねながら疾走するポップロックチューン。「Morning After Dark」(Jerome "Jroc" Harmonと共同制作)では御馴染みNelly Furtadoと、フランス人女性歌手のSoShyが参加。Timbaland得意のアラビアン味のメロディに電気系統を加えてクールにライトアップしたガチガチのデジタルチューン(妖艶)。Timbalandののたうち回る様なラップも面白く響いてくるし、女性人二人の癖強いセクシー声がまた面白くてたまらない真骨頂曲でグッド(最高)。Timbalandがヴォコーダー使いで歌ってしまう(微笑)デジタルカントリー調の「If We Ever Meet Again」ではKaty Perryが参加、ギター奏でながらどこか晴れやかなメロディを巧くクラブアッパー変化させた一曲。「Can You Feel It」ではフランス人女性歌手のEstheroと、Timbalandの実弟のSebastianが参加。ヴォコーダー使いでTimabalndが歌う辺り(微笑)といいそのメロディといい、まるでBlack Eyed Peas「You Gotta Feeling」をTimbaland流に裏アレンジした様な一曲。「Ease Off the Liquor」は本作唯一のTimbalandのソロ曲(Additional VocalにSoShy)、ありがちなクラブ向けデジタルアッパーと思わせつつ、途中のメロディ転調の凄まじさはやはりTimbalandの変態趣味が光ります。「Undertow」(The Frayとの共同制作)ではピアノロックバンドのThe FrayとEstheroが参加、The Frayの感傷的で内省的なピアノ旋律&歌声がすごく綺麗で澄んでいて、聴いててすごく癒される静寂曲(要注目)。「Timothy Where You Been」では人気バンドのJetが参加、Jetの温もり溢れるアコースティックサウンド&歌声が活きた一曲でこれも素敵。「Long Way Down」ではこれまた人気ロックバンドDaughtryが参加、硬質なバキバキロックしながらもどこか鮮明でクリアな感触のあるロック曲で聴き易さ抜群でグッド。「Marchin On(Timbo Version)」はOneRepublicの同名曲をTimbaland流にリメイク、そのOneRepublicも客演に迎えた一曲。Ryan Tedderらしい透き通った清涼感溢れるミネラルウォーター曲で爽快、Timbaland無しでも充分成立している感は否めませんが(笑)。「The One I Love」では才女で美女なKeri HilsonとD.O.E.が参加、しかし主役は完全にKeri Hilsonで彼女を存分に堪能するしかない一曲。最後を飾るのはTimbalandらしいピーヒャラな異国節が炸裂する「Symphony」、AttitudeとBran'NuとD.O.E.がマイクを回す意外と真っ直ぐHip Hop志向な一曲。

昔の初期黄金期のTimbalandの姿はもはやここにはありません、でもきちんとTimbaland味はしていてやはり噛めば噛むほど味が出るという病み付き感(笑)。本作では特にRock畑との融合が顕著、以前からRock好きを公言していたTimbalandですからこの共演は自然といえば自然か。でもR&B及びHip Hop好きには敬遠されるかもしれませんね、でも僕は結構好きでしたよ(特にThe Frayは俄然興味が沸くバンド)。とはいうもののやはりアーティストTimbalandにはそんなに惹かれない感が否めないのも本音、ちょっとパンチが弱いかな。そういう意味ではあの鼻声ネッチョリ高音のMagooと組んだ方が、かなり素敵な化学反応を起こしていると僕は思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment