RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nas「Illmatic 10 Year Anniversary Platinum Series」
nasillc.jpg


N.Y.が生んだ天才lyricistことNasの傑作デビューアルバムの記念盤「Illmatic 10 Year Anniversary Platinum Series」を御紹介。誰もが口を揃えて“Nas史上最高傑作"と断言するのがこの一枚、ここまで一枚を取り上げて支持されるのも凄まじい事。しかしそれほどにHip Hopを語る上では絶対に外せないクラシックで、90年代を代表する一枚といっても過言ではないでしょう。
そんな誰もが知っている粒揃いの楽曲達……まずここで紹介するのは記念盤なので、オリジナルの10曲(順番もそのまま)にRemixを4曲と新曲を2曲追加しています。さてまずはDJ Premierが製作した不穏な空気漂う「N.Y. State Of Mind」で厳かに幕開け、Joe Chambers「Mind Rain」を下敷きにしたシンプルダークなピアノ音鳴るトラックに、淡々としたあのラップでストリートの日常を映し出すNasの神業に注目。この曲がNasの代表曲だと言う方も多いのではないでしょうか、僕個人もNas×Primoの最高傑作だと思います。同郷のAZをゲストに招いた「Life's A Bitch」はL.E.S.による製作(Trumpetで父親のOlu Daraが参加)、The Gap Band「Yearning For Your Love」をサンプリングした涼しげなトラック。“世界はお前の物”をリフレインする「The World Is Yours」はPete RockがLa Rock「It's Yours」をサンプリング、Jazzyな味わいながらもキッチリHip Hopしているビートは職人Pete Rockならではの仕上がりでグッド。「Halftime」はThe Large Professorが製作を担当、これまた殺伐とした飾り気の無いトラックにNasのクールなラップが淡々と乗っかる格好良さ。Reuben Wilson「We're In Love」をサンプリングした心地良さ100%の「Memory Lane(Sittin' In Da Park)」、途中で挟まる声ネタスクラッチでも分かる様にDJ Premier製作曲。A Tribe Called QuestのフロントマンQ-Tipが製作を担当した「One Love」はThe Heath Brothers「Smilin' Billy Suite Pt.Ⅱ」が下敷き、木琴叩く様な高音ポロロンなんかが独特の味気を出す流石の一曲は僕のお気に入り、Q-Tipによる鼻声の“わんらぁぶ♪わんらぁぶ♪わんらぁぶ♪”フックも最高に痺れる。完全にDJ Premier節炸裂の疾走感抜群の「Represent」も最高、シンプルなループでこれだけ中毒性の高い至高の一曲を創り出すPrimoはやはり神様に近い存在(崇)。The Large ProfessorがMichael Jacksonのあの名曲「Human Nature」を絶妙サンプリングした「It Ain't Hard To Tell」も最高、優しくキラキラと煌びやかなメロウトラックにこだまする声、フワフワと一気に昇天させられます。そしてここからが記念盤のボーナストラック群、これがまた絶対に聴き逃しは勿体無い仕上がりでして(警告)。まずはRockwilderによる「Life's A Bitch(Remix)」、Teddy Pendergrasss「Close The Door」を下敷きにした程よくメロウでソウルフルなトラックが秀逸、そのままR&Bにしても味わい深い事間違い無し(惚)。Vibesmenなる人物がKenny Rankin「I Love You」をサンプリングした「The World Is Yours(Remix)」も巧妙、原曲の魅力を損なわずにまた違ったメロディラインで幻想度も一気にアップしています。Nick "Fury"なる人物がDenice Williams「Waiting My The Hotline」をサンプリングしためちゃスイートな「One Love(Remix)」なんか涎モノな仕上がり、メロウ好きになたまらないRemixでちょっとオリジナルを超えそうな勢い(笑)、そのまま使われているQ-Tip声もスウィーティーでお洒落にキマッてますから(賛辞)。そのNick "Fury"がこれまたBiz Markie「Nobody Beats The Biz」を使ったエレクトロにファンキーな「It Aint Hard To Tell(Remix)」もカッコイイ、ネタ選びからして正解以外の何物でもないですね(鉄板)。新曲となる「On The Real」は凄まじい事にあのMarley MarlとKevin Crouseが製作を担当、The Soul Children「Move Over」の凛としたピアノループを軸にした哀愁トラックはオリジナルにそのまま収録されていてもおかしくないざらついた感触、流石はMarley Marlとしか言い様がないです(脱帽)。Large Professor製作の「Star Wars」は、タイトルそのままに完全に宇宙戦争な電子音交錯、しかし派手さはなくあくまで主役はNasのストイックなラップです。

まだこの名盤を購入してない方にはこの記念盤はお薦め、曲順もオリジナルと変わらないし(これがかなり重要)Remixも手抜きでなくガチ(本気)作りで聴いて絶対に損はしませんから。今聴いても色褪せずに格好良いんですから、もう十年、五十年、百年経っても変わらずカッコイイんでしょうねぇ、いやはや素晴らしい傑作です。Nasがいつの日か自分自身でこの傑作『Illmatic』を超える日は来るのか、其処もまた嗜好家達の注目の的で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment