RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Next Friday Soundtrack」
next_friday.jpg

西の大御所MCで俳優のIce Cubeが製作・脚本・主演を務めた映画『Next Friday』のサントラ盤、『Next Friday Soundtrack』を御紹介。最近では音楽活動よりも俳優業の方が多いIce Cube、彼やWill Smithはいわば“MCからハリウッド俳優へ転身”の草分け的存在、その功績は偉大ですねぇ。そんなIce Cubeがこの映画ではProducerまで務めている様で、どっぷり映画人になっているみたいです。ちなみにこの映画、僕は観た事がありません。
それでは気になる内容を少し触れておくと……まずはそのIce Cubeが得意のゴリ声で力強くかます「You Can Do It」で幕開け、製作はOne EyeでAfrika Bambaataa & The Soul Sonic Force「Planet Rock」をベッタリと使用。鋼鉄チックな金音ビートに程よく抜けるピコポコ音、そんな駆け抜けるトラックにIce Cubeのゴリ声な剛腕ラップが突き進むタフな一曲。客演には盟友のMack 10とMs.Toiが参加、この二人も上手い援護射撃で曲を盛り上げます。「Chin Check」では伝説的グループN.W.A.が参加、制作は勿論Dr.Dreが担当という凄まじさ。Dr.Dreらしいちょっぴりダークにバチンと跳ねるビートがクールにウェッサイで男臭い、しかもSnoop Doggが客演参加でこれまた独特のユルユルラップで一捻り効かせます。「We Murderers Baby」では女性MCのVitaとJa Ruleが共演、製作はIrv GottiとDat Nigga RebでサンプリングにBarry White「Somebody Is Gonna Off The Man」を使用。程よくソウルフルなメロディを少し加速させた疾走ブラックチューンで、Ja Ruleのあの吠える様な濁声が冴え渡る一曲で、やはり魅力的なMCなんだなと痛感(惜)。Toni Estesの「Hot」はTeddy Bishopが製作を担当、カラッと乾いたギター弦が奏でるスパイシーなアップ曲で、Toni Estesの涼しげな歌声もスッキリとキマっていて結構秀逸なんです。「Livin' It Up」は通好みの鉄腕MCのPharoahe Monchが登場、Bebee Pall製作のドカッドカッとシンプルにループさせる漆黒ビートが最高に渋い王道曲、滑らかに待って斬り刻むPharoahe Monchが最高にカッコ良くて痺れてしまうドープ曲。「Fried Day」はBone Thugs-N-Harmonyの問題児、Bizzy Boneがソロで登場。Jimmy Thomas製作で「First Of The Month」なる柔らかく丸みのあるメロディが物凄くメロウでシルキーな一曲。Bizzy Boneの軽やかな風のようなソフトなラップが心地良く、程よくリラックスしたスムージーな一曲でグッド。Aaliyahのその透き通った清廉な歌声が麗しい「I Don't Wanna」、Donnie Scantz製作(ソングライトにJohnta AustinとJazze Pha)の爪弾く弦音が瑞々しく煌びやかに光る水滴のようなメロウミッド、Aaliyahの澄んだ歌声がしとやかに染み渡る美曲でウットリ(惚)。ベンベンと低く鳴るベース弦にほんのりホーンが散る喧騒疾走曲「Low Income」はWyclef Jeanが登場、製作は勿論Wyclef Jeanと従兄弟のJerry "Wonder" Duplessisによる共同。Wyclef Jeanがガッツリとラップしているのが逆に新鮮、やはりラップも巧くて喉の鳴り方が渋くて良いですねぇ(深)。殺伐とした空気が流れる少林曲「Shaolin Worldwide」は武闘派MC軍団Wu-Tang Clanが集結(発狂)、製作はWu-Tang御用達のAllah Mathematicsが担当。Raekwonの名曲「Knuckleheadz」をサンプリングしたつんざめく系統のトラックがギラギラしててカッコイイ、このマイク回しはたまらない(涎)。「Good Friday」はBig TymersとLil WayneとMack 10が共演、製作はBig Tymersの片割れMannie Fresh。落ち着きのないピャピャピャピャな跳ねトラックに彼ららしいユル~いノリが炸裂するバウンス曲。「Friday」はBone Thugs-N-Harmonyから続いてはKrazie Boneが参加、客演には女性MCのLyricが参加。Vachik AghaniatsとSuper Sakoが共同制作したトラックはウェッサイ趣味満開のダラ~と車を転がすドライビング曲、そこにKrazie Boneの流れる様な滑走メロディフロウが気持ち良く走るナイスな一曲。Frost、Soopafly、Kurupt、Don Ciscoがマイクを回すギャングスタリレー「Mamacita」、スペイン風味の歌フックがかなりスパイス効いてます。冒頭のイントロから体が熱くなってドロリと溶ける「Make Your Body Sing」はThe Isley Brothers(Ron Isley)があの吐息のようなヴォーカルを披露、Angela Winbush製作のスウェッティーな極上ラヴソングにウットリ。Mark & Jeff Bass製作のチキチキ硬質ビート曲「Murder Murder」では若き悪童Eminemが登場(驚)、声質こそ違いますがその切れ味&舌回しはEminemそのもの。最後は俳優業もこなすLil' Zaneで「Money Stretch」、The Ohio Players「Glad To Know Your Mine」を下敷きにした軽やかにソウルフルに舞うトラックが爽快にして痛快なスピーディー曲。

参加している面子を見ても分かる通り、やはり豪華な一枚だといえます。しかも結構新曲が多いのが嬉しいですねよねぇ、既出曲ばかりだとちょっと萎えてしまいますからね(我侭)。僕的に良かったのはBizzy Bone「Fried Day」とWu-Tang Clan「Shaolin Worldwide」かな、でもサントラ盤ならであのごった煮感がやはり良かったので、機会があればチェックして下さいね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment