RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

久保田利伸「Timeless Fly」
kubota-timeless.jpg

日本が世界に誇る本物のソウルシンガー、久保田利伸の通算十二作目となる『Timeless Fly』を御紹介。はっきり言ってどれだけ歌が上手い日本人でも“R&B/Soulシンガー”としてカテゴライズするのには、いまだに抵抗がある僕(偏見?)。そんな僕がソウルシンガーとして聴いている唯一の日本人が、このお方、久保田利伸のみ(天才)。元を辿れば母親が久保田さんの事を結構好きで、毎日学校から帰ると夕飯作っている母が大音量で久保田さんの音楽を掛けていました。それで僕の体には自然と久保田さんの音楽が、つまりR&Bが染みついて、それで今のBlack Music好きな僕が創られたんだと思います(遺伝子)。だからずっとUS物のR&Bばかり聴いていた僕も、結局は久保田さんのアルバムを購入して色々と聴いていたりします(愛好家)。そんな久保田さんの四年ぶりの新作、これは買わない訳にはいかないですよねぇ(当然)。アフロ頭で自信満々な表情を浮かべる久保田利伸(以降は久保田さん表記)が最高にファンキー、このジャケットがなんだか好きです。
それでは気になる内容を御紹介しますと……当然ですがほぼ全曲にて久保田さんが作詞作曲を担当、流石はマルチなシンガーソングライターで御座います(天晴)。まずは華々しくホーンが鳴り散らしガッチガチに攻めてゆく「Keep It Rock」でクールにタイトに幕開け、ここでは日本人MCのWISEとTarantula(Spontania所属)が客演参加。僕日本語ラップは全く聴かないんですが、まぁこれはこれでキマってるかなと思います。とにかく久保田さんの超フファンキーな乗りでグイーンとグルーヴィンしちゃう一曲。青空系のすっきり爽やかな風が吹き抜ける「Soul Mate ~君がいるから~」、とにかく軽やかでふんわりと舞うようなメロディが心地良い丸みのあるトラックが素敵で、久保田さんの甘酸っぱい歌声がシャンパンの様な泡立ちで爽快な一曲。ピアノ鍵盤を基調としたクラシカルな響きが大人な雰囲気を醸し出すオシャレ曲「FLYING EASY LOVING CRAZY」、ここでは日本の歌姫MISIAとの濃厚なデュエットを披露。久保田さんとMISIAの歌声が美しく熱っぽく溶け合う様はとても綺麗、MISIAのどちらかといえば張り上げる感じの高音も、久保田さんの芳醇なまろやか高音で優しく仕上がっています。「24/7 ~NITE AND DAY~」はKyle Albert WestとAlbert Joseph Brownが共同で製作、ここではAl B. Sure!「Nite And Day」をサンプリング使用しています。ぽわわんと響くドリーミーなメロディが甘美でとにかくスウィート、原曲のキラキラ感をバッチリと活かしたナイスな一曲。そして本作の注目曲なのが「STAR LIGHT」、亡きMichael Jacksonへの愛情を爆発させたファンキーメロウなダンスチューン(最高)。それこそMichael Jacksonが『Off The Wall』で示した様なディスコチューン&ファルセット駆使をそのまま継承した一曲で、久保田さんのライトで楽しそうなファルセットが物凄い眩しさで輝きを放つブライトな一曲。久保田さんがMichael Jacksonに物凄い影響を受けている事を痛感できる、冒頭の台詞“Thank you for breaking down the barriers. You gave us chances to become stars”にもジーンと胸を打たれます(涙)。久保田さん得意のちょっぴり南国ジャマイカ調のトラックが渋いファンキーさを醸し出す「Is It Over?」、ここではフックに女性シンガーのJUJUが客演参加しています。男女の別離を切なく悲しく歌った大人な失恋曲、ここでのJUJUの切なさグッと込み上げる泣きヴォーカルがかなり素晴らしい、こういう悲しい表情の歌声を出せるJUJUも良いし、この曲に彼女を起用した久保田さんも凄い。二人のヴォーカルが追いかけるように繰り返すも、重なる事は無くて、それがまた離れてゆく恋心を想わせて切なくなります(涙)。月明かりが柔らかく差し込む暗い部屋で、ゆったりと舞うように優しく歌うワルツ曲「Tomorrow Waltz」もとにかくオシャレで素敵(痺)。久保田さんのピタリと寄り添うような歌声が温かくて繊細で、思わず溜息が漏れてしまうスウィート曲。Interlude的な短い「Timeless Affection ~The play~」もバッチリとキメる格好良さ、トークボックスを使ってグニャリと甘さを出す玄人らしい憎らしい技術。僕もなんだかんだで一目置く数少ない日本人MCのKREVAと共演した「M☆A☆G☆I☆C」、サンプリングにTyrone Davis「I Got Carried Away」を早回し使用したガッツリとソウルフルな一曲で最高にクール。途中の転調と言い久保田さんの裏声&カットするヴォーカルワークと言い斬れ味抜群、この曲もそうだけどKREVAの作曲センスはかなり秀逸で(作詞作曲でKREVAも参加)、最近のKREVAの音楽はスルーされずにいつも僕の鼓膜に引っ掛かるんですよねぇ(珍事)。久保田さんとの相性も結構イイ、久保田さんの合いの手がまた最高にカッコイイんです(失神寸前)。上品に奏でるストリングスにプカプカと浮かぶシンセが絡む「The Other Half」、久保田さんの幾重に織られた歌声がメルティーに広がるドリーミーな一曲(惚)。誰かを想い破れそのまま自分に寄り添う女性に悲しさ込み上げる「僕じゃない」、スクラッチでカットしながら冷たくエッヂーに跳ねるトラックがドラマチックで悲しくなります(涙)。スッキリ爽快に海岸沿いをドライブしながら聴きたいアクアブルーな「Life-long High-way」、ハンドクラップ散りばめながら軽やかに晴れ晴れと滑る疾走チューン。まったりと伸びやかなヴォーカルが最高に気持ち良い極上な夜会曲「Nyte Flyte」(作詞を小林夏海)、久保田さんの甘くほんのりビターな歌声は夜に似合います。最後を締め括る「Moondust」では、poetry readingとして女優の小泉今日子が参加しています。キョンキョンには特別の思いはないけれど、こういうpoetry readingでの起用はなかなか良かったですね。勿論、久保田さんの煌びやかな歌声もスウィートに響きますので美しさは倍増します。

とにかく聴いて下さい、R&B好きなら絶対にチェックしておかないとマズイ一枚です(激薦)。毎回久保田さんのアルバムを聴く度に思うんですが、本当に日本で生まれ育った純正の日本人なの?って疑いたくなります(笑)。それぐらいにそのグルーヴ感は黒人ばりだし、英語の使い方も至って自然(まぁ海外にずっといるわけだから当然だけれど、それ以前の昔の作品を聴いても上手い)、パッと聴いたらUS盤かなと思うはずです。僕としては日本人のゲスト参加はノーサンキューでしたが、まぁでもすんなり聴く事が出来ました。是非とも聴いて下さい、久保田利伸は日本のR&Bのパイオニアです(称賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment