RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

Jaheim「Another Round」
jaheim-roundanother.jpg

Naughty By NatureのKay Geeが惚れ込み自身のレーベル“Divine Mill”に招き入れたJaeimの通算五作目となる『Another Round』を御紹介。Jaheimのその歌声といえば、よくLuther VandrossやTeddy Pendergrassと比較形容される事が多いですよねぇ。どちらの偉人も他界してしまった今、Jaheimの存在価値というのもまた大きくなった様な気がします。浮き沈みが大きいこの音楽業界で、安定してコンスタントに作品をドロップ出来ているのも、Jaheimの才能の成せる業だと思います。
それでは気になる本作はどういったものになっているのか……まずは師匠のKay Geeが製作(ソングライトにはThe ClutchのBalewa Muhammadが参加)した「Ain't Leavin Without You」で渋く幕開け、サンプリングにThe Whatnauts「Help Is On The Way」をベッタリと使用。ベンベンと弾く様に鳴るベースの弦音と女性コーラスがえらくクールな一曲で、軽快に颯爽としたノリのJaheimの歌声に思わず体が動き出す一曲。Ivan "Orthodox" BariasとCarvin "Runsum" Hagginsの名タッグが製作した「Finding My Way Back」、ゆったりとレイドバックした極上ソウル曲でちょっぴり土臭く埃っぽいこの感触はA Touch Of Jazz出身の彼らならでは。“見つけなきゃ、君への帰り道♪”と、その喉を揮わせて伸びやかに歌うJaheimが心地良い。Jaheim自身が製作(ソングライトにBalewa Muhammad)の「Whoa」はちょっぴりシンセが光る軽やかでしなやかなミッドチューン、ほんのちょっぴり近未来的な電子使いが可愛いし、それなのにJaheimが歌声を響かせると一気に古き良き芳醇なソウルの味わいを醸し出す、不思議な魅力に包まれた一曲でグッド(きっとあのハミングがそう感じさせるんだろう)。「Till It Happens To You」はBattleroy製作(ソングライトにBalewa Muhammad)、オルガンぽい温かなメロディに神々しく光輝くコーラスが並行するゴスペルライクな一曲で、“あなたの人生がずっと良くなりますように♪”と朗らかに祈るJaheimの慈しみ深いその歌声に心がすっかり浄化される美曲。Harold Lilly Jr.とChuck Harmonyが共同制作の「Bed Is Listening」は、ピアノ鍵盤をポロポロ鳴らしハンドクラップを叩くトラックもなかなかながら、途中でのゴスペル調に転じてヴォーカルを重ねる所がかなり技アリで大好き。Percy Sledge「When A Man Loves A Woman」をサンプリングした完璧オールドソウル調の「Impossible」はなんとJ.R. Rottemが製作を担当、まるでレコードを掛けているかのようにタイムスリップした懐かしく温かなソウル曲で、すんなりと優しく違和感なく歌声を乗せるJaheimはやはり本物のソウルシンガー(凄)。本作でも最も異色なのがSheldon EllerbyとBalewa Muhammadの共同制作曲「Another Round」、時に乱れ打ちに鳴る硬質ビートと流麗に微振動しながら染まってゆくエレクトロチューンで、Jaheim作品では珍しい流行の(嫌味じゃない程度の)電子ブライト曲に仕上がっています。再びKay Geeが製作を担当した「Her」、疾走するドラムスにアコースティックギターと笛の音色が柔らかに絡み合うスムージーチューン、どことなく危険な香りもするセクシーさがたまらなく良いんです(惚)。妊娠が分かった時点から未来を想像して胸を躍らせる男の心情を謳った「II Pink Lines」はJaheim、Balewa Muhammad、Sheldon Ellerby、Clifton Lightyによる共同制作曲。キュートで華やかなメロディが幸せ一杯で素敵、Jaheimの渋くて甘くてコク深い歌声が胸の奥まで響き渡ります。JaheimとDarren Lightyが共同制作の「Otha Half」は、ゆっくりと進むブルージーな一曲。Eric Hudson製作(Co製作にMichael WarrenとBrandon White)の「Closer」は、しっとりと艶やかなメロディに透き通るように清廉なシンセがしなやかに絡み合う、とても綺麗でオシャレな大人の色香も漂う美スロー。「In My Hands」はKay GeeとJames Poyserが共同制作したピアノ弾き語り曲、Jaheimの真っ直ぐで情熱のこもった歌声が綺麗に映えた珠玉のラヴバラードで、聴いているだけでウットリと骨抜きにされてしまいます(溺愛)。最後を締め括るのはあのJadakissを客演に招いた「Ain't Leavin Without You(Remix)」、トラックはそのままながらもJadakissが“ひゃっはーー♪”と叫んで斬り込むだけで勢いが増し、より男臭いタフな一曲に変身しています。国内盤にはボーナス曲として「BMW」を収録、ピアノ旋律の美曲をプィ~~~~~ンと電子音が伸びてメロディを曲げるのが面白いクール曲、製作はJaheimとDarren Lightyが共同で担当。

流石は“The Voice Of R&B”、これぞ極上のR&Bソウルというものを呈示してくれました(称賛)。最近はどこもかしこもクロスオーヴァーな白色化R&Bばかりで、ちょっと飽きちゃうなぁと思っていたから、Jaheimの歌声がそんな僕の不満を一気に解消してくれました(爽快)。ちょっぴり新しい音も加えつつ、しかしながらJaheimが一度息を吹きかけると王道ソウルな曲に仕上がるという神業、素晴らしいの一言に尽きます。しっかりと芯の透ったソウルフルな一枚が欲しい貴方、これがその一枚ですよ(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment