RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ludacris「Battle Of The Sexes」
ludacrisbattleofthesexes_cover.jpg

Def Jam South契約第一号で、もはやDef Jamの看板MCの貫禄も漂うLudacrisの通算七作目となる『Battle Of The Sex』を御紹介。あの馬鹿っぽいキャラながら斬れ味も爆破力も抜群のラップで、誰もが認める凄腕の本格派MCであるLudacris、そのギャップがまたカッコイイんですよねぇ(痺)。本作で取り扱う題材は“男性vs女性”、前作『Theater Of The Mind』は一本の映画のように捉え、多くの客演陣を共演俳優としてクレジットした意欲作でしたね。本来ならばレーベルメイトのShawnnaと本作を仕上げる予定が、Shawnnaが突然のレーベル脱退でどうなるかなぁと危ぶんでいたら……その題材は活かしたままドロップしてきましたね、正に力技で天晴れ。
それでは気になる内容はどうんっているのか……まずは1分ちょっとの短さの「Intro」からもう完全なLudacris世界、竜巻起こすように早口にラップするLudacrisの神速が凄まじくパワフルで痛快。その勢いのままに無邪気に暴れて回る「How Low」はT-Minusが製作、サンプリングにPublic Enemy「Bring The Noise」を使用。ブインブインとビートを鳴らし段階的に上がってゆくシンセサイザー、ハリケーンの様に飛ばす豪快なLudacrisのラップと、早回しっぽいふざけた弄くり高音フックと、これぞLudacrisというぶっ飛んだ感性とド派手さがスカッと気持ち良い一曲。The Legendary Traxster製作の「My Chick Bad」は低い所でウロウロと鳴る弦音と、スクリュー気味の繰り返し“まいちっくばっど♪”フックが脳内をグルグルと回遊し続ける中毒性の高い一曲。こういう単調に底辺を這い回るトラックに、Ludacrisの木っ端ドカンなラップは冴えるんですよ(一流)。客演には人気沸騰中のNicki Minajが参加、どちらかと言えばキュート系の声質でバッチリ華を添えています。DJ Montay製作の「Everybody Drunk」は8Ball & MJG「You Don't Want Drama」をサンプリング、客演にはLil Scrappyが参加。元ネタからフックをそのまま使う事で重量級のメガトン威力を発揮しています。のろのろゆったりなトラックが象の行進のよう、Ludacrisの間を切りながらのラップが聴き手を踏み潰します。“一晩中ヤルぜ♪”とLudacrisが余裕満々でかます「I Do It All Night」はB-CrucialとTony Dineroが共同制作、ピコポコと上下する機械チックなメロディとスクラッチが絶妙、ここではShawnnaのラップも挟まっていてやっぱりイイ感じ。タイトル直球な「Sex Room」ではTrey Songzが客演参加、最近はベッドソングといえばTrey Songzですねぇ(担当)。Kajun製作(Additional ProgrammingにPolow Da Donが参加)の琴音っぽいアジアンな雰囲気の流麗曲が、しんなりしなやかでエロさ抜群でグッド。Ludacrisのレイドバックしたまったり舐めるラップも勿論熱いですが、Trey Songzの甘美でネットリと絡みつく歌声がやはりセクシーで、よりエロさを香り立たせています(助演男優賞)。僕が本作で意外と好きなのが「I Know You Got A Man」、Infinity製作のブィーーと微振動しながら絡み合い広がるシンセ曲、華やかながらもクールな感触も残していてかなりイカしています。そして良いのが客演参加のFlo Rida、彼のあの顔に似合わずライトにさらりと滑らすラップがLudacrisと良い対比を成しててグッド。あとAdditional Vocals(あとソングライト)で参加のEster Deanも可愛く跳ねた歌声で、良いアクセントになってます(隠味)。ドカンドカンと地響き鳴らして破壊するLudacris奥義な「Hey Ho」、製作はKevin "Khao" CatesでElectrik Red「W.F.Y(We Fuck You)」を使用らしいです。とにかく木っ端ドカンするLudacrisにアドレナリン爆発してしまう豪快な一曲、そんなLudacrisに負けずにあのLil' Kimが男勝りなBなラップを鋭く斬り込んでくるからもう痺れて倒れてしまいます、Ludacris仲間のLil Fateも頑張ってます。幻覚的に歪んだ電子音がグラグラと鳴り響くドラッグチューン「Party No Mo'」はShondrae "Mr.Bangladesh" Crawfordが製作、このトラックだけでも中毒性高いのにGucci Maneがドギツイ援護射撃を放つから耳に余計残ります。「B.O.T.S. Radio」ではLudacrisの右腕的存在のI-20(僕もイチオシ)が共演、The Runners製作の中華チックな弦音とソウルフルなホーンメロディが融合した不思議な魅力のトラックも素晴らしい。クレジット無しですがLudacris×Shawnna×I-20の最強マイクリレーで相性抜群、I-20の豪腕の鉄壁番人っぽいラップが痺れるカッコ良さ(褒)。「Can't Live With You」では歌姫Monicaが参加、制作は再びKevin "Khao" Catesが担当。ビョンビョンと跳ねて鳴るシンセにピアノ旋律が静かに絡むダイヤのように煌びやかなメロウ曲で、Ludacrisのスマートで渋いラップとMonicaの麗しい歌声が綺麗に絡む美曲。彼女から電話が鳴りエロい会話で始まる(彼女役はShawnna)「Feelin' So Sexy」はGaggie製作、ぽわわんとエコーがかった浸透系のアクア曲が綺麗だし、Ludacrisの声を電話越しっぽくフィルターかけた技も巧く機能。「Tell Me A Secret」はSwizz Beatzが製作を担当、いつものバンギンチューンかと思いきやピアノ鍵盤にカチャカチャと可愛いドラムスと滑らかなシンセを浮かべた、甘くてドリーミーなトラックで素晴らしい仕事っぷり(惚)。しかもフックを歌うのはNe-Yoなんだから完璧、あの甘酸っぱい歌声でLudacrisと一緒に胸キュンさせてくれます(最高)。曲はそのままの「My Chick Bad(Remix)」ではTrinaとEve、Diamondが参加と考えられる最強女性布陣を組んで応戦。TrinaもEveもカッコ良くてグラマラスだから好き、これは一発K.O.のマイクリレーですねぇ(溜息)。そしてボーナス曲扱いなのがThe Neptunesが製作の「Sexthing」、いかにもThe Neptunesらしいガチャガチャクレイジーなオモチャ曲で面白いの一言に尽きます(笑)。音の出る物を適当に鳴らした様なトラックながら完璧に構築されたぶっ壊れ感がたまらない、これを飲み込んで綺麗に木っ端ドカンしながら乗っかるLudacrisはやはりかなりの技巧者だと思います(正統派)。

客演陣が多いのでどうだろうかと心配しましたが、やはりLudacrisは全然喰われませんね。本作を聴いて率直に感じたのがLudacrisの原点回帰、昔からのLudacris愛好家が喜びそうなスタイルの連続で、すごくしっくり来ました(懐)。Ludacrisはこういう風にちょっと遊びながらもカッコイイというのがスタイル、あまりシリアスに攻め過ぎると魅力がほんの少しだけ薄れるから、本作の弾けっぷりは好きです。次回作は曲数少なめでも良いから、単独曲のみで勝負とかしてくれたら嬉しいなぁ(期待)。本作もやはりたいへん満足できる痛快作でした(失神寸前)、 Billboard Top 200で堂々のNo.1を獲得したのも頷けます(当然)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment