RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Allure「Sunny Days」
allure-sunnycov.jpg

Mariah Careyのレーベル“Crave Records”と契約したAllureの通算二作目となる『Sunny Days』を御紹介。AliaにLaLaにAkissaにHem Leeの四人から構成されるAllure、この頃は本当に良質なR&Bグループが沢山いましたよねぇ。特に良かったのは女性のグループだったら、誰が一番好みか選べた所、これも醍醐味の一つでしたよね(笑)。しかし最近ではR&Bグループが全く流行らない時代に突入、なかなか売れないみたいだから本当に残念でなりません(涙)。
そんな想いも胸に紹介する本作の内容は……まずはジャラランと鳴る弦音がどことなくスパニッシュでスパイシーなエッヂーアッパー「Bump」で幕開け、製作はLarry Precision Gatesなる人物が担当。このR.KellyとTimbalandと掛け合わせた様なトラックはなかなか切れ味が鋭くて僕の好み、そのうえラップをかますNucci Rey Oなる男性MCもかなり巧者でカッコ良くキメてくれてグッド。「Kool Wit Me」はAllstarが製作を担当、スッキリとトレンディーな都会派R&Bで、どことなくサンプリング使いっぽい懐かしさと清涼感が絶妙に組み合わさった素敵な一曲。Destiny's Childっぽい早口歌唱のフックが走っている「Wore Out Your Welcome」は、一時期のShe'kspereの様なチキチキの鳴りと疾走感でかなりアクティブな一曲。でも途中でテロテロと滑らかなメロディに転調させていたりと、かなり曲者な一曲、製作はTroy Johnson(Quincy Jones一派?)が担当(Vocal ArrangeにLil' Moが参加)。「Enjoy Yourself/Love Me Interlude」はKobieなる人物とあのKayGeeが共同で製作を担当、煌びやかな音使いに優しいスクラッチとベース弦、ハンドクラップが散りばめられたオシャレ過ぎる一曲。ここでのAllureのコーラスは美しくてセクシーでゴージャス、思わずステップ踏みたくなる夜会系の一曲です。Ike Lee III製作の「Lady」はギター弦の寂しげな音色と、Allureの悲しく濡れた歌声が胸を締め付けるスロー。Allureの吐息のような霞がかった美しいハーモニーに彩られて始まる「Never Let You Go」はRhemario Webberが製作を担当、神々しく透き通った純白バラードに心が綺麗に浄化されるばかりですねぇ(癒)。カルメン調のギター弦律でアダルトに聴かせる哀愁の「Can't Live Without You」はIke Lee IIIが製作、こういう楽曲も嫌いじゃないから一曲ぐらいあると良いエッセンスになりますねぇ。Ricky Hilaire製作の「Shore(Wanna Be Your Lady)」では、ViolinであのMiri Ben-Ariが参加、これもまたちょっぴりゴシックなクラシカルメロディで、劇的なAllureのヴォーカルがなかなか味わい深いドラマチック曲。さらさらと流麗に流れる星空バラード「Earn My Trust」はFULL FORCEが製作を担当、夜空に輝く星のように静かな輝きを放つ、Allureの女神のようなコーラスワークを堪能できるしっとりバラード(感動)。そして最後を締め括るのはLarry Precision Gatesが製作した「Sunny Days」、爪弾くギターの音色に風のようなメロディがスーっと吹き抜ける爽やかなR&B曲で、これはMario Winansがやりそうな程よい清涼感とソウル色でこれまたグッドですねぇ。

素人の僕は知らないProcducerばかりで最初は不安だったのですが、聴いてみるとかなり秀逸な、時代をキッチリと掴んだ意欲作に仕上がっていて驚き。全部でわずか11曲というコンパクトさも、かえって身軽で気負いしてなくて聴き易かったですねぇ(好)。こういう実力のあるグループにはこれから先、また復活して頂きたいですねぇ(熱望)。コレ、今聴いても全く違和感なく聴けますよ、良かったら聴いてみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment