RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Christina Aguilera「christina aguilera」
christina_aguilera-christina_aguilerafront.jpg

米人気番組“The Ney Mickey Mouse Club"から飛び出し、今や21世紀を代表する歌姫へと成長したChristina Aguirelaの記念すべきデビューアルバム『Christina Aguirela』を御紹介。“The New Mickey Mouse Club”からはあのBritney Spearsや'NsyncのJustin TimberlakeやJC Chasezなども輩出、いま考えると物凄いスターが誕生していますよねぇ(驚)、しかも全員が最初は健康的なアイドルで売り出し、その後は変貌を遂げて大人へと脱皮し、更なる大物アーティストへと化けているんだから凄い。このジャケットに写るChristina Aguirelaもまだ可愛らしい、このすぐ後に彼女はDirtyな歌姫へと化けているんだから凄まじい……女って怖い生き物ですよねぇ(笑)。
それでは気になる内容をちょっと御紹介致しますと……まずはシングルとしてかなりヒットした「Genie In A Bottle」はDavid FrankとSteve Kipnerが共同制作、細かく鋭く鳴り続けるドクドクなビートと冷たく妖しく流れる電子音が超クール、Christina Aguirelaの抑えめながらもどこか力強く男勝りなヴォーカルがグイグイ引っ張っているのが彼女らしい(片鱗)。ジャカジャカと鳴るアコースティックギターの弦音に爽やかな風が吹きぬける「What A Girl Wants」はGuy Roche製作曲、アイドルらしい爽快でいて真っ直ぐなメロディ展開が逆に新鮮で可愛い、Christina Aguirelaにもこういうキュートな時代があったのですねぇ(笑)。しとしと降る雨音から始まる切なくドラマチックなラヴバラード「I Turn To You」もGuy Roche製作曲(ソングライトにDiane Warren)、Christina Aguirelaが優しく丁寧に真心を込めて歌うこのスロー曲はたまらなく美しく繊細(溜息)。彼女の歌唱力を存分に堪能できるのはやはりこういう王道なバラード、時にスルリとファルセットを利かせながら清廉と歌い上げる様は、まるで女神のように美しい(羨望)。「So Emotional」はBlack Music好きでも思わず体が揺れるまったりグルーヴィーなR&B曲、製作はRon Harrisが担当。レイドバックした都会的サウンドに幾重にも重なったChristina Aguirelaの歌声が最高にクール、どことなくJanet Jacksonっぽいフィーリングが最高に渋い一曲でグッド。かと思えばAaron ZigmanとJohan Abergが共同制作の「Come On Over Baby(All I Want Is You)」では、明るく陽気に跳ねるサンシャインポップ曲でキュートに攻めるという振り幅の広さ。Mathew Wilder製作の「Reflection」は、ディズニー映画『Mulan』に使用された劇中曲、なんでも映画制作サイドがこの曲の“高いEの音を綺麗に出せるシンガーがいないか"と探していて、それでデモテープを送ったChristina Aguirelaが見事にこの曲とレコード契約を獲得したんだとか(記念曲)。映画曲らしい壮大で流麗でドリーミーなスロー曲で、Christina Aguirelaのゆったりと包み込むような歌声にウットリしながらドップリ浸かってしまう一曲。Evan Rogers(Back Vocalでも参加)とCarl Sturkenの強力タッグが共同制作した「Love For All Seasons」、滑らかに撫でるように流れる弦音が美しく、煌びやかな希望に満ち溢れた素敵なミッドチューン。「Somebody's Somebody」はKhris Kellow製作(ソングライトとExective ProducerにDiane Warren)、これもスッキリと清涼で輝かしいポップチューンで気持ちが良いから好き。そして個人的に注目なのが「When You Put Your Hands On Me」、これはあのRobin ThickeとPro J.が製作を担当しているから。Robin Thicke味はかなり薄めですが、軽快にクールに軽く疾走するトラックはなかなかクールで良い感じ。しかし本作で僕が最も好きなのは「Blessed」、製作をなんとあのTravon Pottsが担当しているのです(驚)。吐息のように優しくシルキーなメロディがもうとにかくスウィートでクリア、そこにChristina Aguirelaの神々しい透明感溢れる歌声がふわり舞い上がる、思わず溜息が漏れる美曲に感動。「Love Will Find A Way」は再びEvan RogersとCarl Sturkenが製作、突き抜けるように明るいポップチューンが痛快。最後を締め括るのはChristina Aguirelaがしっとりと歌い上げる美バラード「Obvious」、製作はRobert Haffmanが担当。国内盤にはこれらに加えて、Todd Chapman製作のピアノ基盤のしっとりオシャレな夜会系スロー「We're Miracle」と、Todd ChapmanとあのRon Fairが共同制作したジャカジャカはしゃいだメロディがRemixっぽい作りの「Don't Make Me Love You」の二曲を収録しています。

今のパワフルで豪快なChristina Aguirelaとはまた一味違う、可愛さがちらりと光る歌声にメロメロで御座います。でもAguirelaはAguirelaな訳で、きちんと彼女の作品として成立していますので安心を。確かにR&Bではないけれども、歌唱力があるから普通に楽しめる一枚だと思います。これであと何曲かBlack系統のProducer起用があったらもっと面白かったかもなぁ、まぁでもここまで明快ポップチューンに乗っかるChristina Aguirelaはこの時でないと聴けないから、かえって貴重なのかな。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment