RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Snoop Dogg「Ego Trippin'」
sdetc.jpg


西海岸の大御所MCことSnoop Doggの通算九作目となる『Ego Trippin'』を御紹介。毎回と本領発揮な作品を提供し続け、他アーティストからの信頼も厚い(客演多数)西の大ボスSnoop Dogg。今回は自ら“自己陶酔”と題した自信作をドロップ、初期の作品にはあまり嵌れないんですがここ最近のSnoop Dogg作品は好きな僕は即購入を決めました。
それではふんわりと内容を触りますよ……まずは毎回ながら本作も大容量全21曲というボリューム、これだけで満腹度MAXで御座います。幕開けを飾る「Press Play」からして僕好みのソウル回帰な一曲、製作は古株DJ QuikでサンプリングにThe Isley Brothers「Voyage To Atlantis」を爽やか使用。Letoya "Tone Treasure" Givensなる女性シンガーの歌声も雰囲気抜群で素晴らしいし、ホーン鳴らすゆるやかトラックに乗るSnoop Doggの抜けたラップも最高で痺れる。あのTeddy Rileyが製作を担当(本作ではTeddy Riley、DJ Quik、Snoop Doggの三者でQDTなるチームが組まれている)した「SD Is Out」では、Teddy Riley御得意のトーキング・モジュレーター(別称トークボックス)を用いたスムーズでスペーシーなトラックを提供。ヒンヤリと煌く流麗メロウなトラックも素晴らしいし、バックボーカルで参加しているCharlie Wilson(とTeddy Riley)も存在感抜群でイイ味出してます。錆びれた電子音でズイズイと鼓膜に響く「Gangsta Like Me」もTeddy Riley製作曲、女性歌声(Tesca Harris)フックも癖になるし程よくスカった隙間感も良い塩梅で。Uncle Chuccなる男性シンガーの熱っぽい歌声が華を添える「Neva Have 2 Worry」はSnoop DoggとTerrace Martinの共同制作。この曲の影のある感じがまた素敵、Uncle Chuccのボーカル入ると完全なR&B曲に様変わり。Shawty Reddなる人物が製作を担当(Addittional ArrangementにRon Fairが参加)したシングル曲「Sexual Eruption」もトークボックスを使用したサイケな宇宙曲、ステップ踏む様に疾走する煌びやかなトラックにT-Pain顔負けのSnoop Dogg歌フックがキマる昇天曲でグッド。Too ShortにMistah F.A.B.が援護射撃に加わる「Life Of Da Party」はSnoop Dogg製作、どことなくT.I.っぽい匂いがプンプンします。「Waste Of Time」では嬉しい事にRaphael Saadiqが製作&ゲスト参加(興奮)、Raphael SaadiqらしいレイドバックしたトラックにはSnoop Doggの緩緩ラップがさらりと乗っかるし、Raphael Saadiqの青臭い真っ直ぐな歌声が爽快感をグーンと上げています。再びとTeddy Rileyが製作を担当したエレクトロな「Cool」は最高にクール、一昔前のディスコを彷彿とさせる懐かしいソウル曲でTeddy Rileyの引き出しの多さを物語ります。「Sets Up」はThe Neptunes製作のパーカッシヴな一曲、シンプルながらもやはり中毒性はあって好き、Pharrellの歌声もほんのり塗られていて丁度良い。Nottzが製作を担当した「Deez Hollywood Nights」はBrooklyn Dreams「Hollywood Nights」を使用、ミュージカルっぽいノリの楽しげ楽曲でちょっと休憩一息吐いて。ビヨンビヨンと波打つシンセに攻撃される「Whateva U Do」、製作はKhaoが担当。地響き鳴らすスクリュー気味の「Staxx In My Jeans」はRick Rock製作曲、剛なトラックでも柔なラップで難なく乗りこなして光るSnoop Doggはやはり器用。Letoya "Tone Treasure" Givensなる女性シンガーが再び濃い歌声で魅了するドカドカな「Been Around The World」、Snoop DoggとTerrace Martinの共同制作。異国情緒溢れるトラックにSnoop Doggの高速ラップが華麗に舞う「Let It Out」はTeddy Riley製作曲、Teddy Riley完全復活ですねもう(拍手)。敬愛するJohnny Cashに捧ぐカントリー爆発曲「My Medicine」、製作はWhitey Ford、ぶっ飛んでますよね。Teddy RileyとDJ Quikが手を組んだキラキラメロメロメロウ曲「Those Gurlz」はもう最高に美しい、途中で45回転声が飛び出すのも巧いし、なによりこういうメロディ重視のトラックにSnoop Doggの撫でる様に絡むラップは見事に嵌るんです(鳥肌)。Frequencyが製作を担当した黒魂丸出しな「One Chance(Make It Good)」も大好物、Prince Phillip「Make It Good」をザク切りで下敷き使用したトラックは最高に熱くて痺れる風味。あのPollow Da DonとHitboyによる共同製作曲「Why Did You Leave Me」、どことなくAkonっぽいカリブ風も香らせる歌フックも心地良く通り抜けます。最後を締め括る「Can't Say Goodbye」は名人Teddy Rileyがキッチリ製作します、流れるピアノ旋律に重きを置いた刹那系トラックに、Charlie Wilsonの渋くも甘い歌声が深々と響き渡る素晴らしい一曲に仕上がっています(喝采)。

ちょっとなんなんですかこの作品、滅茶苦茶に素晴らしいじゃないですか(感涙)。自己陶酔とは言わず聴き手も完全に彼の音楽に陶酔できます、素晴らしいの一言に尽きます。Snoop Doggの懐の深さに完全迷子になりました、でも素敵な時間を過ごせた自分がいます。Snoop Dogg史上最高傑作と言っても僕個人としては過言ではありません、とってもお薦めです(太鼓判)。そしてこの作品のもうひとつの魅力はやはりTeddy Rileyの起死回生、完全復活です、Teddy Rileyファンも満足ゆく一枚です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment