RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Sade「Soldier Of Love」
sade-soldier-of-love.jpg

およそ十年という長い沈黙を破り発表されたSade Adu、Paul Spencer Denman、Andrew Hale、Stuart Matthewmanから構成されるSadeの通算六枚目となる『Soldier Of Love』を御紹介。驚きました、これだけの長い期間を空けての本作が、Billboard 200で堂々のNo.1を獲得、改めてSadeがどれだけ支持されているかを痛感しました(畏敬)。僕は母親の影響でSadeを聴き始めて、今でも料理をしたり読書をする時にさらりと流しながら聴いています。“言いたい事がある時にしか音楽は作らない”スタンスのSadeなだけに、なかなか新作が届かなくて、それでも心の片隅で気長な気持ちで楽しみにしている自分がいました。僕の母親も気持ちは同じだった様で、新曲が解禁になった途端にネットで何度も繰り返し聴いていた様です。ジャケットに写るこの凛としたSade Aduの後姿、一言で美しいですよね。
それでは気になる内容を恐れ多いですが少し触れて……最初に述べておきますと、全ての楽曲をSadeが製作しています(Co製作にMike Pela)、当然なんですが知らない方の為に。まずは先行シングルとなった「Soldier Of Love」、この曲を聴いた瞬間に背中を電撃が走ったのを今でも覚えています(喜)。このダークで重たいマーチングバンドのドラムスみたいなこのビート、どこかエッヂーな音が新たなSadeっぽく感じるも、荒涼として冷たく底辺を流れる空気がものすごくSadeらしくて素敵。愛を戦争ととらえ“わたしは愛の戦士♪”と静かに歌うSade Aduの歌声が深く静かに燃えている、叫ばなくともこれほど力強いというのが凄い。愛とは本当に時に過酷で苦しいもの、それをも耐え抜き希望を見出す様は、本当に愛の戦士だと思います(深)。幕開けを飾る「Moon And The Sky」はちょっぴりほろ苦いスパニッシュな空気の漂うアコギメロディなブルージーな一曲、“わたしたちは月も空も自分たちのものに出来たのに♪”と悲しげに歌う別離曲、こういう愛の思わぬ終わりを歌うSadeは極上の逸品、悲しみが鼓膜を伝って心臓に染み入ります(涙)。悲しく凍えそうな細いピアノ旋律でしずかに幕を開ける「Morning Bird」、ここでのSade Aduの“あなたは朝の鳥、毎日歌ってわたしに命を注ぎ込み、飛んでいってしまう♪”という詩がたまらなく好き(涙)。愛がもたらす始まりの希望と終わりの悲しみをとても綺麗に、巧く表現した一節、Sade Aduの胸の奥から泣きそうに歌う微細いファルセットが綺麗で切ない。「Babyfather」は南国っぽいほんのりとレゲエ風味の心地良いまったりスロー、ここではSade Aduの愛娘Ila AduとClay Matthewman(Stuart Matthewmanの子供?)がヴォーカルで参加しているのもトピックの一つ。お父さんの視点から歌った子供への愛の歌、とっても心が温まります(微笑)。爪弾くギターの弦律に胸に風が吹き荒ぶ寂寞の曲「Long Hard Road」は完璧なSade節、荒涼とした土地の乾いた土を踏みしめて歩く様な、そんな情感が込み上げる人生の長く険しい道を歌った一曲。ふわふわと空に舞い上がりながら浮かぶような心地良さを湛えたアコースティックメロウ「Be That Easy」は優しい、丸みを帯びた伸びやかなSade Aduの歌声にふわりと優しく包み込まれる一曲。硬質でシンプルなビートのパターンがHip Hop風味な殺伐としたメロディが印象的な「Bring Me Home」、Sade Aduのミステリアスで異国情緒が溢れる歌声がものすごく鮮明に映える一曲。どこか懐かしくホッと安心する匂いのするアットホームな雰囲気の「In Another Time」、ここでは“時が変われば、場所が変われば、泣き跡はいつまでも残らないわ♪”と優しく励まし勇気付けてくれる詩がすごく優しくて癒されます(治癒)。恋人との訣別をキッパリと凛と歌い上げる「Skin」、これはSadeの王道なメロディ展開な感じがしてスーッと耳に入って染み入った悲しいバラード。最後を飾るのは、愛する男性をしっかりと抱き寄せ守ってあげる慈しみ深いラヴバラード「The Safest Place」。“わたしの心の中に、あなたの愛が見つけた、いちばん安全な隠れ場所♪”と歌うSade Aduのその器の大きさは、愛でよりたくましく戦う女性の勇ましさと壮大なる包容力をそのまま表現した一曲で、この世に生きるすべての女性の美しき強さを讃えた素敵なスローバラードです(感涙)。

ん~~~やはりSadeのこの完璧なまでの世界感は奥深い、どっぷりと浸かってしまいました(溺愛)。よく晴れた昼下がりに寝転がって聴いたら最高でした、すんごく深ーい昼寝しちゃいました(笑)。音楽の良さは言葉では表現しきれないものだ、そう痛感しながらこの記事を書いています(稚拙)。とにかく聴いてみて下さい、Sadeの歌声に触れてみて、感じて欲しいです(幸福)。若い世代のアーティストにもSadeのファンを公言してはばからない方が多いのも頷ける、玄人ウケも素人ウケもする生粋の芸術家集団だと思います(称賛)。Sadeというアーティストを知っていて良かった、そう素直に喜べた一枚に本作(計10曲というコンパクトさも良い)も仕上がっています。ちなみに僕は母親へのホワイトデーのお返しに、このSade『Soldier Of Love』を贈りました、母は毎日この一枚を一日中聞いているそうです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment