RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jason Derulo「Jason Derulo」
jasondeluro.jpg

ヒットを量産している人気ProducerのJonathan "J.R." Rotemが契約した期待の新星、Jason Deruloのデビューアルバム『Jason Derulo』を御紹介。Jason DeruloのMySpaceを見たJ.R. Rotemが、自身のレーベル“Beluga Heights Records”に彼を招いたというだけでもう折り紙つき。ルックスもかなり良いですし、そのうえダンスまで習得しているんだから、これはもうスターダム街道まっしぐらしそうな勢いですねぇ(期待)。そのうえソングライターとして他のアーティストへの楽曲提供の経験もあるんだとかか、Pleasure Pなんかにもしているらしいです。ここ日本でもさらりと国内盤がリリースされてホッと一安心、R&Bはなるべく国内盤で購入したいので、こういう風に期待の新人は是非ともプッシュして頂きたい。
それでは期待の募るその内容を御紹介しておきますと……まず述べておきますと全曲の製作をJ.R. Rotemが担当しています、この気合の入れ様だから期待しちゃいますよねぇ。まずはデビュー曲でいきなり全米No.1を獲得した「Whatcha Say」、この曲のインパクトはかなり大だった様ですね。甲高くエフェクトがかった女性の声でループする“何言ってるの?”と繰り返されるフックが耳に物凄く残るし、Jason Derulo良い意味で青臭いちょっと高めのキーの歌声で浮気を誤る詩が切なくて(笑)イイ感じですね。T-Painばりに歌声にオートチューンかけて鼻にかけて歌う「Ridin' Solo」、煌びやかでいてクリアで華やかなこの爽快アッパー、Jason Deruloの鼻にかけた歌声がなかなか技ありな一曲。ジジジジジとエレキギターがエッヂーに鳴り続けるちょっぴりバキバキ系の「In My Head」は完璧にポップロック、どことなくLady Gagaの某曲に似ている気がしますが……。「The Sky's The Limit」ではエレクトロで跳ねながら滑らかに疾走する電子トロピカルな一曲、リズミカルに口ずさむメロディと高らかに舞い上がるJason Seruloの歌声が気持ち良く突き抜ける海岸曲で素敵。ピアノとドラムス、ストリングスを基調とした刹那系のしっとりバラード「What If」はどこかNe-Yo風味な甘酸っぱい一曲、“僕には君がいて、君に僕がいたら、僕達が恋に落ちない理由なんてないだろう♪”と細いファルセットを交えて歌い上げるJason Deruloの歌声に胸を打たれるひたむきな運命予測ラヴソング。ブィーブィー鳴る電子音に軽快なリズムで突き進む「Love Hangover」はもう完璧に清涼ポップソング、肩で風切りながら青空を抱きかかえるように歌い上げる壮大爽快な一曲で、これはもうBackstreet Boysなんかが歌っていそうな(Max Martinが製作っぽい)一曲。「Encore」も完璧に四つ打ちビートでハウスエレクトロな仕上がり、フックでの幾重にも織り合わされたフック使い、控えめに鳴る鍵盤音&ひらりと翻るファルセットがとても美しい一曲。StarGateが手掛けそうなアコースティックギターを掻き鳴らす爽やか過ぎる「Fallen」、Jason Seruloが淀みの無い歌声で真っ直ぐと見つめるように“惚れちゃったんだ♪”と嬉しそうに胸躍らせ歌うハッピーなラヴソングに胸キュン。詩の中で“Bonnie & Cryde”のように“Jay & Beyonce”がベストカップルの代表として歌われているのに、ちょっとニンマリ。ピチョンと響く水滴音にピアノ鍵盤の旋律で聴かせる弾き語りのような「Blind」、これはLeona Lewisっぽい深みがあって壮大な純白系の失恋曲。“君の愛が僕を盲目にした……♪”と悲しそうに歌うJason Deruloの泣きそうな歌声につられて涙が出そうになります(零)。「Strobelight」はディスコチューンさながらのステップ踏んで首を振るダンス曲、ヴォーカルを機械で弄繰り回したフックがスパイスの一曲。国内盤にはこれらに加えて、哀愁漂わせギターを爪弾きシンセを綺麗に絡ませた、後追いリフレインフックが耳馴染みのいい「Queen of Hearts」。あとはオマケ的な「In My Head(Rhythm Remix)」「Whatcha Say(Acoustic)」(これは聴き応えアリ)、「Whatcha Say(Klubjumpers Remix Radio)」「Whatcha Say (Johnny Vicious Remix)」「Whatcha Say(Wawa Remix Radio)」などのRemixを多数収録しています。

若者ウケでいえば鉄板な一枚な事は間違いないでしょうね(断言)、最近のR&Bをそのまま飲み込んだお手本のような一枚。ただこれがR&Bなのかというと、かなり難しい気もしないではないですねぇ。まぁその定義自体が曖昧ではあるし、最近はもうボーダーレス過ぎてポップ化しているのも事実ですし。ただこういう楽曲群の中にも何か一曲、王道ソウルフルな曲もあると痺れちゃうんですがねぇ(我侭)。Ne-Yo好きな方なら必ず好きですね、歌声もなかなか良いし、もっとガンガン踊ったりすると違ってくるかもしれません。もっとアーバンな曲調のものにも次回は挑戦して頂きたい、そういう意味ではJ.R. Rotem以外にもProduceを依頼しないといけないかもしれませんね。でも今後が楽しみなJason Derulo、頑張って頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment