RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Omarion「Ollusion」
omarion-ollu.jpg

若き才能溢れる歌とダンスの天才、Omarionの通算三作目となる『Ollusion』を御紹介。本作の内容に触れる前にまず触れるべきはOmarionの髪型、トレードマークの編み込みドレッドをバッサリ切って、なんと坊主頭にしていますね。僕的にはOmarionにはドレッドの方が似合っていた気がする、なんで切ってしまったんだろう(不思議)。一時期はLil Wayne主宰のレーベルYoung Moneyに移籍、その後すぐに離脱したりして“これだと新作を聴けるのはまだ先かなぁ……”と不安に思っていたら、自身で新たに“Starworld Entertainment”を設立、無事に新作が届いて安心しました(四年も待たされましたが)。
それでは気になる内容をちょっと御紹介すると……本作は大手レーベルではないせいか、かなり新人Producerが起用されていて、僕はちょっと知らない名前ばかり、ちょっと不安にも思ってしまうんですが、まぁ聴いてみましょう。まずは先行シングルとして発表された「I Get It In」、あのTank主宰のProduceチームであるSong Dynastyが製作を担当。べコベコ鳴らすビートにホーン、ホイッスルが鳴る低空飛行なミニマム曲。Omarionもこれまでとは違う低くフラットな歌声でクールにダークにキメていてグッド。この捻り出す様なヴォーカルワークはちょっと飛び道具で面白い、トラック自体もドロっとしたメロディでノイジーで今までのOmarionにはない音、そこに人気者Gucci Maneが絡む事でよりダークで重たい一曲に仕上がっていて僕は結構好き。Noel "Detail" Fisherが製作の「Last Night(Kinkos)」はT-Pain流儀のボコーダー使いでフックを伸ばしてリフレインさせる悩ましいミッドチューン、こういうとろける様なセクシー曲がやっぱりR&Bの醍醐味。キラキラと鳴るピアノ旋律にバックで揺らめく“うーー♪”の歌声、Omarionの鼻にかかったネッチョリな歌声、そして“コピー機に君の体を乗せて、プリントアウトして♪”という男の妄想を掻き立てるエロい詩が刺激的でグッド(爆発)。253なる人物が製作した「Hoodie」では注目のMCであるJay Rockが客演参加。これがまた不穏さが辺りを漂う不思議なドローリ系のビートで斬新、Omarionの低く喉の奥で出す歌声がジワジワと浸食してくる中毒性を狙った一曲。Battle Roy製作(ソングライトにChris Brownが参加)の「What Do You Say」では打って変わってキラキラ煌びやかなスムージーな夜会曲を準備、こういう甘くて美しい紳士なミッドをOmarionに歌わせたらもう皆が虜になること必至。“ねぇどう思う?”と囁きかける詩がもう男前、Omarionの優しく輝くキャンディ声にうっとりと深みに嵌ってしまう一曲。車の加速音が聞こえる「Speedin」は253が再び製作を担当、鼓笛隊のようなカタカタ太鼓音に唸るようにエレキギターがまったり絡むまろやかに伸びる一曲。この曲はまたちょっと趣が違って奥行きと情感が溢れる、ドラマチックなメロディ展開が物語のように流れゆくスロー。“俺はスピードを上げて急いでいるんだ♪”と歌うOmarionの叫ぶような歌声が天高く響き渡っていて、その歌声の澄み切った感情に思わず心を動かされる映画のワンシーンのような一曲。女性のスペイン語(?)で色っぽく幕を開ける「Temptation」も253が製作を担当、アジアンなテイストの雅なメロディ展開がしっとりと美しい、女性の誘惑を謳った爽やかながらも悩ましいミッドチューン。再びNoel "Detail" Fisherが製作(Co製作をCatalyst)した「Sweet Hang Over」はT-Pain流儀丸出しのカラフルシンセが浮遊する空間曲、多重録音した抜けるようなサイダーヴォイスにスカッと心が晴れる爽やか曲。「Thee Interlude」では兄貴分のMarques Houstonが製作&客演で参加、Omarionに負けないMarques Houstonの香しいファルセットがあまりに美しく絡んでいて、短曲ではもったいない相性を魅せつけています。「Wet」はMarques HoustonとNaruto's Melody(OmarionのProducer名)の共同制作、水滴ピチョンのように落ちては響くビートがしんみり染み渡るじっとり濡れるベッドソングで、ここではほぼメロディ優先で歌はかなり少なめ。Maddscientist製作の「I Think My Girl Is Bi」ではバイセクシャルかもな女の子を謳うというちょっぴり危険な香りのするアッパーを披露、R&Bというよりはテクノでポップなダンスチューンで毛色が違ってナイスな気分転換、フックも耳に残る感じで巧い。最後を締め括る「Code Red」も253が製作を担当、アラームの様にビィービィービィービィーな歌声がこれまた実験的な一曲で、危なっかしくて不穏な空気感は面白い。そして国内盤にはこれらに加えて、あのTankが歌参加したSong Dynasty製作の「On My Grind」、思いっ切りテクノエレクトロなトラックで光を放ちながら疾走するKing Solomon Logan製作の「Ollusion」のボーナス二曲を収録しています。

うーん、大物Producerがいなかったせいかキラーボムが無かったなぁ。『O』では「O」が、『21』では「Ice Box」が突出していて全体の平均水準をグッと引き上げていたけれど、本作ではそういう曲がなかったかなぁ(苦言)。極めて実験的だった「I Get It In」は僕的には成功だったと思うけれど、そういうヴォーカルを何度も繰り出していいかというと……まだちょっと心の準備が出来ていないかなぁって(笑)。でもまぁダンスしながら歌っているのを観ると映えるかもだし、別に嫌いではないし、また挑戦してほしいです。収録曲数に合わせてトラック群もちょっとコンパクトにまとまってしまっている気もしますが、聴き易いし、Omarionの歌唱力はきちんとあるからすんなり聴けます(惚)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment