RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jadakiss「Kiss Tha Game Goodbye」
Jada-kiss-tha-gamecovs.jpg


The LoxのフロントマンJadakissのソロデビューアルバム『Kiss Tha Game Goodbye』を御紹介。The Loxのリーダー格のMCでもあり、様々なアーティストの客演でその妖しい魅力(奇声)を振り撒くJadakiss、僕は結構好きなMCの一人だったりします(薦)。そんなJadakissの初ソロ作品がこのアルバム、かなりのベテランなのにまだソロを二枚しか出していないんだから不思議、N.Y.はもっと彼の作品を聴きたいと願っているハズです。
それでは気になる内容に移りたいと思います、がしかし今回はかなりのボリュームでSkit含めて全21曲も収録、てな訳でつらつらとゆっくり書いていきますんで(微力)。まずはRuff Rydersの頭脳であるSwizz Beatzが製作を担当した「Jada's Got A Gun」で静かにピリピリと幕開け、今のSwizz Beatz節ではないおとなしいロキッシュ風味の一曲、Jadakissのラップにピタっと合います。「Show Discipline」はMahogが製作を担当したFather MC「I've Been Watching You」を下敷きにした一曲、ゲストには同郷N.Y.よりNas様が参加。この曲で感じるのはJadakissとNasの相性が兎にも角にも抜群だという事、渋くも鋭くキマっていて鳥肌モノの殺伐トラック。「Knock Yourself Out」ではあのThe Neptunesが製作を担当、いつもの様に電子音を散りばめるも派手さは極力抑えこみ、クールに弾けたトラックにPharrellの涼しげなボーカルをちょっぴり挟んだ極上Jadakiss仕様のトラックを提供。「We Gonna Make It」では盟友Styles Pをゲストに召集し迎撃、これまた盟友のThe Alchemistが製作した美しくも流麗なクラシックトラックに合わせて、二人が優雅に舞う間違いない一曲。「None Of Y'all Betta」ではStyles PとSheek LouchとThe Loxが勢揃い、しかも製作はあのDJ Premierなんだから死角は無し。Primoのいつもながらの極上スクラッチで聴く者は皆微塵切りにされます、そしてこうやって三人揃い踏みになるとやはりJadakissが一番カッコイイなと実感します。「I'm A Gangsta」はRuff Rydersでは古参のP.K.が製作を担当したシンセ曲、Jadakissだけでも勿論十分に格好良いんですが、やっぱコレでDMXが参戦してたら最高だったろうなぁと(傲慢)。「Nasty Girl」では今も昔も売れっ子の奇才Timbalandが製作を担当、Timbaland趣味のべコボコうねる電子音(口音)トラックにCarl Thomasの紳士な歌声が絡む異色な光を放つ不気味な(でもカッコイイ)一曲。「Put Ya Hands Up」はWayne-Oなる人物が製作を担当、The Jackson 5「The Boogie Man」を下敷きにした一曲。「On My Way」は頭脳Swizz Beatzが製作を担当、この頃のSwizzらしいちょっぴり南国風味を効かしたバウンシーなトラックに、今程ではないながらも彼らしく煽るフックをあしらった一曲。何処吹く風なゆったりのグルーヴで思わずハイになる「Cruisin'」はDJ Shokによる製作曲、ゲスト参加のSnoop Doggのズルズルなラップもかなり強力で嵌り過ぎですが、O.D.とRitaなる二人の歌フックがまた素晴らしい一曲。「Kiss Is Spittin'」はMcCaine(Co製作をSwizz Beatzが担当)のソウルフルに爽快に駆け抜ける一曲、元ネタは Michael McDonald「Keep Forgettin'(Every Time You're Near)」で御座います。ここで歌声を披露するのは下手ウマ(賛辞)なNate Dogg氏、相変わらずの存在感でかなり濃い味付けにしてくれます。可愛い系のお子様っぽいトラックにスクラッチがぶつかる「Fuckin' Or What?」はSwizz Beatz製作曲、こういうのもSwizz Beatzは上手いんですよねぇ(感心)。「It's Time I See You」はあのJust Blazeが十八番の早回しを駆使した攻めの一曲、援軍にSheek Louch、Styles P、Eve、Drag-On、Infa-Red、Crossが駆けつけたRuff過ぎる軍歌。「What You Ride For?」はFiendが製作を担当(ゲストとしても参加)、サウスにYung WunとEightballが参加したドロっとした一曲。「Un-Hunh!」はRated R & Masによる製作曲、此処ではDMXが噛み付き捲りのラップで応戦、これがまたDMXのラップが猛々しくてカッコイイんすよ(惚)。最後を飾る「Keep Ya Head Up」はMahog製作(Co製作はあのChucky Thompson)、下敷きになっているのはJames HarrisとTerry Lewisの黄金コンビによる「Optimistic」だそう。ゲストのAnn Nesbyの魂揺さぶる歌声もめちゃ素晴らしくて鳥肌モノ、清々しい懐古主義なトラックに思わず目頭が熱くなる、古き良きマナーを重んじた鉄板な一曲。

いや~良かった、僕はJadakissが結構好きなんですよ、やっぱり(執拗)。彼が客演で参加しているとかなり期待してしまうし気になります、N.Y.でウケが良いのも当然ですよねぇ。これからも50 Centと対峙しつつ、絶妙な位置で活躍して欲しいです、ひゃっはー!
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment