RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joss Stone「Color Me Feel」
jossstone-colourmefree.jpg

英国出身の白人ながら素晴らしい喉を持つ生粋のソウルシンガー、Joss Stoneの通算四作目『Color Me Feel』を御紹介。別に人種差別的な発言ではなく、本当に黒人シンガーの作品ばかりを聴く僕にとって、Joss Stoneを最初に購入した時は勇気の要る事でした(大袈裟)。白人なうえにUKソウルとなると僕は完全に敬遠してしまいがち、しかし世間の評判が凄かったので購入したのを覚えています。するとJoss Stoneのソウルフルな歌声に聞き惚れてしまって、それからは作品が出るごとに普通に購入しています(素直)。本作は一風変わったジャケットですねぇ、いやまぁ前作も変わったジャケットでしたが。
それでは気になる内容を簡単に御紹介……ベベベベベンなベース弦で始まり温もりたっぷりのカントリー調(?)で始まる「Free Me」はJoss StoneとConner ReevesとJonathan ShortenとKenya Bakerによる製作、これはちょっぴりカントリーっぽい軽いノリに少し驚かされる一曲ながら、Joss Stoneの唸る喉は堪能できるんで安心。悲しくひび割れた細いピアノ旋律に硬質なドラムスが絡むブルージーな失恋曲「Could Have Been You」はJoss StoneとConner ReevesとJonathan Shortenによる製作、この曲に漂う寂寞感とか哀愁とか切なさというのが凄くソウルフルで渋いッ、Joss Stoneの“隣りにいるのはあなただったかもしれないのにね、ああ♪”と未来を探りながらもどこか落胆する詩&歌声に胸をギュッと締め付けられる一曲(涙)。同じく三人で共同制作した「Parallel Lines」ではギターにJeff Beck、コンゴでSheila E.が参加した豪華な一曲。これもソウルフルながらどこかロックもしていて違った味わいで素晴らしい仕上がり、でもJoss Stoneのしゃがれたハスキーヴォイスで曇った懐かしいソウルテイストも呈していて素敵な化学反応を起こしています。ヒューマンビートボックスのチキチキしたビートにこれまたブルージーな弦楽器が泣くように寄り添う力強いラヴソング「Lady」も三人で製作、バーボンみたいにまったりとアダルトに酔いが回る悩ましい一曲。続いてはピアノ伴奏に合わせてJoss Stoneが吐息混じりに優しく歌い上げる「4 And 20」、こういうオールディーズなスローをまだ若いJoss Stoneが見事に体現する辺りが物凄い才能だと思います(逸材)。そして僕個人の注目曲があのRaphael Saadiq(Joss Stoneとの恋人説も以前アリ)が製作&客演した「Big Ol' Game」ですねぇ、やはりRaphael Saadiqの創るソウルマナーを心得た懐かしいソウル味のトラックが大好き(惚)。ここでもRaphael Saadiqらしいまろやかでハートウォーミングなソウル曲が炸裂(心温)、Joss Stoneとの相性も抜群にRaphael Saadiqのあのナヨ高い歌声が気持ち良く響き渡ります。“あなたのチームのエースになりたいの♪あなたの最愛の彼女にしてよ♪”と清らかに歌い上げる二人がなんとも微笑ましい(幸福)、懐かしい響きながらもそれが新鮮に感じるRaphael Saadiqの魔法曲。そして世間の注目曲はやはりあのNasを客演に招いた「Governmentalist」でしょうね、製作はJoss Stone、Hayley Carline、Neville Malcolm、Conner Reeves、Jonathan Shortenが担当。ドス黒いファンクを纏ったブルージーな弦弾くトラックは最高に渋くてタフ、そんなメロディと“命を粗末にする政府への抗議”曲という内容を合わせて考えても、これはNasでないと絶対にこれほど引き締まらない。僕が好きなのはベースにピアノにホーンがカラフルに鳴るメロディがとても懐かしい、どことなくEW&FなキラメキファンキーなCandi Statonのカバー「You Got The Love」ですね(溺愛)。Anthony B. StephensとArnecia Michelle Harrisによるこの曲の持つエネルギーと華やかさがすごく好き、ゴスペル風のクワイヤも加わってさらに加速する歌声も爽快の一言、本当にキラキラと眩しいぐらいに輝かしい一曲。あと話題曲といえばあのDavid SanbornのAlto Saxophoneをfeat.した「I Believe It to My Soul」、これはあのRay Charlesの同名曲のカバーなんだから痺れ上がります、この組み合わせに全く動じずに力強く粘り強い歌声で引っ張るJoss Stoneがお見事(誉)。「Stalemate」はBen's BrotherのJamie Hartmanとの共同制作&デュエット曲、Jamie Hartmanの弾くアコギも優しく甘く高い歌声もすごく素敵で、どちらもJoss Stoneとの相性も抜群な静寂系のロック風味チューンでグッド(化学反応)。最後を飾るのはピアノ弾き語りの流麗な「Girlfriend On Demand」はJoss StoneとDan Mackenzieの共同制作、けして想いの届かない女性の恋を歌った切な過ぎる悲しいラヴバラード(涙)。“私の手を取るつもりがないなら、どうして私の彼氏だなんて名乗れるの♪”と訴えかける様に泣き声で歌うJoss Stoneが(詩の中の女性が)可哀想過ぎる(涙)、“私の手を取って、頼んでいるのはそれだけよ♪”と切々と力強く声を張り上げ歌うJoss Stoneの歌ヂカラにただただ感動するばかり……この曲の持つドラマを見事に演じきっています(名曲)。そして国内盤にはボーナス曲として晴れやかなメロディに心も躍る「I Get High」、更にそこに隠しトラックとしてJoss Stoneが彼女が率いるバンドのthe vibes in the roomが演奏するライヴ曲「Mr. Wankerman」も収録されています。

う~ん相変わらずの極上ソウル曲のオンパレード、見事にJoss Stoneが本物のギラつくソウルを堪能させてくれました(最高)。僕の大好きなRaphael Saadiqが一曲のみ関与という事で、少し物足りない気分で購入したんですが、蓋を開ければ物凄くグッドミュージックが詰まっていて感動してしまいました(鳥肌)。最近のR&Bも良いんだけど、こういう本格的なJazzっぽいソウルも良いですよねぇ~、Joss Stoneの見事に唸るソウルエンジンな喉には賛辞を贈りたいと思います(拍手)。すごく良い一枚でした、是非とも皆様も聴いてみて下さい(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment