RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「Stronger With Each Tear」
mjb-stronger.jpg

もはや誰にも出しえない貫禄が漂う無敵の女王様、Mary J. Bligeの通算九作目となる『Stronger With Each Tear』を御紹介。これだけのキャリアを誇りながらも全く攻めの姿勢を崩さずに、短期間でコンスタントに作品をドロップし続けるMary J. Blige(以降はMJBと省略表記)がやはり凄い、しかもどれもきちんと最高水準なのだから。本作ではモヒカン調なショートヘアを披露、より強くたくましく見えますね。余談ながらアルバムの中身ジャケットワークでは、どれもMJBが力強く上を見上げた写真ばかりが使われています、これぞMJBの芯の強さ。
それでは肝心の内容に話を移しましょう……まずはThe Runners製作(Co製作をAkon)の「Tonight」、ドドドドと鳴るビートに不思議にこだまする声が印象的なミステリアスな一曲。そして本作からの先行シングルだったのがRodney "Darkchild" Jerkins製作であのDrakeを客演に起用した「The One」、波打ちうねり押し寄せるデジタルなビートがクールにヴィヴィットでカッコイイ一曲。オートチューンをちょっぴり使ったMJBの歌声、ずっと後ろで鳴り続けるMJBの一音、このダークなノリは流石はRodney Jerkinsな作りで僕は好きだし、これまでのMJBに有った様で無かった一曲かなと。援護射撃のDrakeの蛙声での滑らかに疾走するラップもなかなか決まっていて、やはり中毒性の高い一曲に仕上がっていますよ。「Said And Done」は電子音使いの秀才、Ryan Leslieが製作したクールでスベスベしたシンセチューン。“あなたを愛している♪”その事が大切なんだと、力強く真っ直ぐに歌い上げるMJBに胸を打たれるし、やはりRyan Leslieの電子音を器用に捻ってカラフルに彩る技に惚れ惚れしてしまいます(一流)。Streotypes製作(ソングライト&Co製作にNe-Yo)の「Good Love」は、往年のMJB愛好家にもウケそうな、晴れやかでいて爽やかに突き抜ける絶好のファンクメロウチューン。コーラスアレンジなんかもNe-Yoらしくてとても甘酸っぱく颯爽と駆け抜ける一曲で、これまた客演参加のT.I.がヒラリと舞うようなスマートなラップで狙い撃ちしてくれる素晴らしい客演ぶり(巧者)。続く「I Feel Good」はStargate製作(Co製作にNe-Yo)のピアノ旋律にクラップ音を散りばめたヒンヤリと滑らかなスムージー曲、ただそれだけでなくフンワリと心地良く広がってゆくトラックも綺麗でなんだか眩い一曲。キュンキュンと甘く高いシンセが絡んだ綺麗に煌めくラグジュアリーなミッド曲「I Am」もStarGateが製作を担当(ソングライト&Background VocalでJohnta Austinが参加)、スッキリと爽やかでいて甘美な胸キュンのメロディに“あなたをこんなに愛せるのは私だけ♪”とMJBが可愛く歌う微笑ましいラヴソング(惚)。Supa Dupas製作(Ron Fairも関与)の「Each Tear」は最近多い黒くない純白系の光輝く華やかな一曲、“一粒の涙ごとに学ぶ事ができる♪”と真摯に澄んだ歌声で歌うMJBに思わずウルウルと感動して胸を打たれるメッセージ曲。冒頭のトークボックスっぽい変化声で一気に耳を奪われる「I Love U(Yes I Du)」はPolow Da Donが製作を担当、Billy Paul「Let The Dollar Circulate」をサンプリング使用した一曲。その効果でどこか懐かしく埃っぽいソウルフルな味わいのメロディが愛着沸くし、そこに艶やかでとろける様な電子音をじっとり絡ませる事で、より楽曲に色香が漂い熟した魅力がグンッと濃縮されていて凄くグッド(賛辞)。爪弾くギターにヒリヒリと悲しげなピアノ旋律メロディがそっと寄り添う「Hood Love」はBryan-Michael Coxが製作を担当(ソングライトにJohnta Austin)、MJBの芯の強いドラマチックな歌声に全く互角に張り合うTrey Songzの渋くも甘い泣き声も、短い見せ場ながら上手く絡んでいます。単調に跳ねる可愛いピアノメロディに乗せて、キッチンを戦場にひとりの男を取り合う女同士のケンカを題材にした詩が面白い「Kitchen」、製作は御馴染みC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashが担当という事で納得の出来映え。子供っぽくキュートなノリが親しみやすくて楽しい、黒くはないけれど異色曲でなかなか好きです(笑)。「In The Morning」はD'mile製作(Ron Fair関与)のマッタリ伸びやかなスロー、MJBの歌チカラを思う存分に堪能できるのはやはりこういうスロー。最後を締め括るのは映画『Precious』サントラに使用された「I Can See In Color」、製作は僕の大好きなRaphael Saadiqが担当。Raphael Saadiqにしか絶対に描けないそのディープでドロリと黒いソウルが凝縮されたドラマチックなバラード、そこに熱く激しく静かに美しいMJBの感情揺さぶる歌声が響き渡る、これぞ本格ソウルと痛感させられる生々しい生命の鼓動を感じるドラマチックなソウル曲(心沁)。

以上全12曲という異例のコンパクトさ、最近のMJBはかなり大容量の作品が多かったのでこれは意外でした(驚)。でもMJBにはこれだけの曲数があれば充分、今回も僕をウットリするぐらいに大満足させてくれました(感謝)。むしろ一枚の作品と考えた時には、これぐらいの曲数の方が聴き易いし小回りが効いて良いのかもしれませんね。少ないながらもきちんとツボを押さえた選曲で、様々な空気のトラックが聴けて良かったです。今回もMary J. Bligeの腹の底から沸々と湧き上がり、そして一気に爆発するような歌声に聴き入るばかりで御座いました(貫禄)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment