RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Yung Wun「The Dirtiest Thirstiest」
yungwun-tdcovs.jpg


Swizz Beatz率いるFull SurfaceのYung Wunデビューアルバム『The Dirtiest Thirstiest』を御紹介。Full Surface軍団の中ではかなり新参者なんではないでしょうか、サウスの重要都市であるAtlanta出身だそうです。しっかしサウス勢は何故にこんな“Young”とか“Yung”が名前に付く方が多いんでしょうか、土地柄なんでしょうか(笑)。名前が覚えやすくて良いですね、Yung Wunって語呂が良いね。
それでは中身についてちょっぴり……Full Surface出身なんだからSwizz Beatzが殆ど手掛けているかと思いきや、そうでもなくてかなり知らない名前がズラリ。まずはJay-Macなる人物が手掛けた「I Tried To Tell Ya」で幕開け、サウスっぽいドロっとしたシンセと渦巻く掛け声で執拗に絡んでくる辺りは力強いです。そして早くも本作の超目玉曲である「Tear It Up」が登場、ゲストにDMX、Lil' Flip、David Bannerとかなり豪華な顔触れで挑んだ話題曲。Faustなる人物が製作した、The A&T Marching Band「Shout It Out」をネタにしたこのブラスバンドの行進の様な音の派手さがメッチャ気合が入る、何かしらの入場曲にしたら絶対に盛り上がる。各々がとてもいい味出しているんですが、やはりDMXの破壊力(DMXは実質フックしか登場しない)が凄まじい、これはDMXありきの曲だなぁと思います(天晴)。「Yung Wun Anthem」はいよいよSwizz Beatzが製作を担当、Swizzらしいサイレン音をアクセントにしたちょっぴりロキッシュにも感じる雄々しい一曲。The Koul Katsなる人物がThe O'jays「Ship Ahoy」をサンプリングした「One More Day In The Hood」は仲間のCassidyがゲスト参加、Cassidyがかなりスマートに聴こえます、無事復帰おめでとう。Vizionなる人物が製作を担当した「Sad Song」はタイトル通り、どこか物悲しげなピアノ音混じるトラックに、Yung Wunのお構いなしにゴリゴリなラップが乗る一曲(笑)。Tony "V.I.P." Lopezが製作を担当したメロウ系のソウル曲「Cadillac Doors」は好き、The Manhattans「Just One Moment Away」をサンプリングしたトラックも激渋でカッコイイし、Swizz Beatzによるフックが良い味してます。「Walk It, Talk It」ではDavid Bannerが再度登場、二人でDavid Banner製作トラックに乗っかって大暴れしてます。The Koul KatzがThe Temptations「I Want You」を絶妙にサンプリングした聴かせる一曲「Let It Bump」は面白い仕上がり、途中でSwizz Beatzな転調も効かしてあってそれがまた◎ですよね。「Represent」はSwizz Beatzがまたやっと登場、しかしこれはあまりSwizz Beatzっぽくないただ盛り上げるだけって感じの一曲で、かなりひねりが無い(残念)。

う~ん、Cassidy作品の方が出来が良いですね、まずSwizz Beatzがあまり参加していないのが寂しい限り。やっぱSwizzyなバウンスに乗せて暴れて欲しかったし、Yung Wunのボーカル自体にあまり興味を感じませんでした(個人的感想)。やっぱ「Tear It Up」狙いの一枚になるかなと、これはかなり必聴ですからね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment