RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Alicia Keys「The Element Of Freedom [Deluxe Edition]」
Alicia-Keys-The-Element-Of-Freedom-Deluxe.jpg

素晴らしい才能と美貌で世界を魅了し虜にする本格派シンガーソングライター、Alicia Keysの通算四作目となる『The Element Of Freedom [Deluxe Edition]』を御紹介。R&B/Soulの世界には多くの歌姫が存在しますが、Alicia Keysはその中でも別格の輝きを放っていますね、誰も彼女の世界感を真似する事は出来ません(唯一無二)。Alicia Keysのちょっぴりハスキーながらも艶やかで奥深い歌声も、細い指で力強く優しく奏でるピアノ伴奏も、そしてその整った顔とスレンダーなスタイルも、どれをとっても大好きで御座います(崇)。本作のジャケットもなかなか素敵、夏っぽいというか、颯爽と清廉な印象を感じて素敵です。
そんな期待の本作も素晴らしい仕上がりで御座います……幕開けを飾るのは“愛は盲目だから♪”と影のあるメロディで深々と歌い上げる静寂曲「Love Is Blind」、製作はJeff BhaskerとAlicia Keys。ちょっぴりドロリと暗くゆったりと底を流れるようなトラックで、この感触はKid Cudiの楽曲とちょっと似ていますね。先行シングルの「Doesn't Mean Anything」は盟友Kerry "Krucial" BrothersとAlicia Keysの共同制作。煌びやかで透き通ったピアノの旋律に、柔らかくて微弱げなAlicia Keysの歌声が切なく響く失恋曲で、涙が頬をツーと流れてゆく様な細いメロディがなんとも胸を締め付ける(涙)。Jeff Bhasker製作の「Try Sleeping With A Broken Heart」も“今夜あなたなしで乗り越えるの♪”と一人の夜を歌う失恋曲。ドカドカと力強く鳴るビートに軽やかな電子音が漂うミッドで、Alicia Keysの溜息のような静かな歌声が寂しさを増幅させる悲しい一曲。この曲の持つ静寂は好き、フックではAlicia Keysが大きく伸びやかに歌声を張り上げていて、その対比も素晴らしい。Alicia KeysとJeff Bhaskerの共同制作(Swizz Beatzもクレジット)の「Wait Til You See My Smile」はイマドキなエレクトロ風味も混ざった純白系統のクロスオーヴァー曲、Alicia Keysのファルセットで伸ばすフックでより曲に広大さが生まれていて無限さを肌で感じます。Alicia Keysが単独で手掛けたピアノ弾き語り曲「That's How Strong My Love Is」は泣きたくなる程に真っ直ぐなラヴソング、キラキラと輝く綺麗なピアノ鍵盤にAlicia Keysの全てを包み込むような、優しく微笑む様な歌声が愛情に満ち溢れていて胸に響きます(刹那)、これぞAlicia Keysといった珠玉の一曲。「Un-thinkable(I'm Ready)」はAlicia KeysとKerry "Krucial" BrothersとNoah "40" Shebibによる共同制作、ここではBackground VocalにDrakeが参加しています。流麗ながらどこか仄かに暗く冷たい曲調からは彼への不安な想いが滲み出ていて、どことなく危険でシリアスな雰囲気が漂っています。そんな冷たい曲調にDrakeのガラスの様な脆い歌声が後ろでそっと響いていて、かなり良いスパイスになっています。「Love Is My Disease」はKerry "Krucial" Brothersが製作(Co製作にToby Gad)を担当したブルージーな一曲、ポロポロと鳴るギターが寂しげでAlicia Keysの今にも泣きそうな歌声とマッチ。「Like The Sea」はAlicia KeysとJeff Bhaskerによる共同制作、悲しみに暮れたピアノ旋律に、黒と青を混ぜたような凍えるぐらいに冷たい深海シンセが覆い、徐々に沈んでゆく気持ちになる愛の終焉を歌った一曲。本作の目玉曲で飛び道具な一曲なのが、Alicia Keysの恋人Swizz Beatzが製作し、あのBeyonceが客演参加した「Put It In A Love Song」ですね(この曲名と内容、Beyonce「Single Ladies(Put A Ring On It)」と似ている気がします)。いかにもSwizz Beatzらしいシンプルにドカドカ鳴らしてハンドクラップを散りばめたバウンス曲、Alicia KeysとBeyonceの相性はそんな悪くはないけれど、Alicia KeysとSwizz Beatzの相性は……ちょっと微妙な気も。Alicia KeysとKerry "Krucial" Brothersが共同制作の「This Bed」は気持ち良いぐらいに明るくポップなエレクトロ曲、Alicia Keysもいつもの力強い歌声は抑え目に、“このベッドはあなたがいないと寂し過ぎる♪”と裏声で可愛く歌い上げるキュートな女の子曲。Alicia KeysとKerry "Krucial" Brothersが製作の「Distance And Time」もとにかくブルージーで穏やかで温もりのあるスロー曲で、Alicia Keysの安らかな歌声が深々と響きます。大地の様におおらかで壮大な魅力を感じる一曲で、最近はこういうけして黒くないスローが多いですね。続く「How It Feels To Fly」もAlicia KeysとKerry "Krucial" Brothersが製作、この曲も黒さは無いけれどふわふわと神秘的な輝きに満ちた優美なスローで癒される。Jay-Zとの共演でロングヒットした「Empire State Of Mind」の続編「Empire State Of Mind (Part II) Broken Down」、静かで優美なピアノ旋律を奏で、あのフックはそのままに新たにN.Y.の情景を謳った詩を加えたもの。徐々に熱を帯び色彩豊かに変調する趣向はなかなか盛り上がるものの、原曲は超えられなかったし、Jay-Zをやはり招いて欲しかったなぁ(我侭)。とここまでが本編、Deluxe Editionにはこれに加えて四曲のボーナス曲が収録されています。これまでのAlicia Keysにはなかったようなキュートな吐息声がだんだんと高鳴ってゆく「Through It All」はAlicia KeysとKerry "Krucial" Brothersが製作(ボーナス曲は全て彼らが製作)、硬質なドラムスにちょっぴりドリーミーで華やかなメロディも愛くるしい一曲。Linda Perryがソングライトで参加した「Pray For Forgiveness」、その艶やかで真っ黒なソウルがキラリと光る「Stolen Moments」は本作でも指折りの僕のお気に入り、爪弾くアコギにマッタリと爽やかな南国風味がちょっぴり効いた「Heaven's Door」も楽園ぽくてのんびり素敵です。
Deluxe Editionにはこれにもう一枚DVDが付属していまして、これも僕は楽しみでDeluxe Editionの発売を待ちました。小さなレコーディングスタジオみたいな場所で、女神の様に美しい黒髪のAlicia Keysがピアノを弾き語り歌うという、ちょっぴりUnpluggedっぽいノリでの「Doesn't Mean Anything」「Empire State of Mind (Part II) Broken Down」「Try Sleeping With A Broken Heart」「No One」(!)の演奏が楽しめます。ちょっぴり大胆に胸の開いたドレスがセクシーで、どうしても胸元に目が行ってしまいます(阿呆)。あとは「Doesn't Mean Anything」のPVも収録、Alicia Keysが物凄く綺麗だからずっと見惚れながら聴き入る事が出来ます(惚)。

本作も素晴らしい仕上がりで安心しました、ちょっぴりエレクトロ&純白なテイストを取り入れつつも、Alicia Keysの持ち味は全く消される事もなく自然体なソウル曲で彩られていました。そしてなにより本作はポジティヴな愛の歌ばかりで、それもまた本作の華やかさを増幅させていたと思います、これもSwizz Beatzとの恋愛のおかげですかねぇ(僕的にSwizz BeatzとAlicia Keysの交際は……ん~~~)。白さこそ感じはしますが凄く煌びやかで優美で愛に満ちてて、すごく心温まる素敵な一枚だったと思います(賞賛)、もっと聴き込むともっと好きになってしまうかもです。個人的にすごく好きなのは「Try Sleeping With A Broken Heart」、かなり部屋でリピートして聴いています(溺愛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment