RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Soulja Boy Tell 'Em「iSouljaBoyTellem」
iSouljaBoyTellem.jpg

弱冠17歳にしてあの独特なスーパーマンの振り付けで一躍スターとなったネットの申し子MC、Soulja Boy Tell 'Emの通算二作目となる『iSouljaBoyTellem』を御紹介。自身でProduceするその能力の高さを買われ、ファッションアイコンみたいな側面も持つ次世代型MCが彼、サングラスに名前を書いたあの格好もウケてましたね。一方でIce-TやSnoop Doggから激しく非難されたり(後にSnoop Doggは謝罪)、それをKanye Westが擁護したりと、なにかと話題になりました。そんなSoulja Boy Tell 'Em(以降はSoulja Boyと省略)が約一年ぶりにドロップした本作、かなり早いスパンかなと思います。
それでは気になる内容を御紹介したいなと思います……初っ端から歯切れの良い唾吐くように切ってラップする「I'm Bout Tha Stax(Intro)」はChristopher "Drumma Boy" Gholsonが製作、浮ついた電子音に吐き捨てる様なフロウが耳に残る。前回大ヒットさせた「Crank That(Soulja Boy)」をモロに継承したキュートなダンスチューン「Bird Walk」はSoulja Boy製作、あの“ゆーーーん♪”の掛け声も健在で、チープで捻りの無い電子音の連続に単調に乗っかる極めてSoulja Boy節な一曲も、そこまでのパンチ力は無い(残念)。Natural DisasterとTop Catが共同制作の完璧なサウスチューン「Turn My Swag On」は、終始Soulja Boyが甲高い声でぬぼーッと声を伸ばして歌い上げる異色曲で、全く嵌れない自分がいました(苦笑)。Soulja Boy製作で低い鍵盤音とゆっくり鳴らすドカドカビートでタイトル連呼する「Gucci Bandana」、客演には大人気のGucci ManeとShawty Loが参加し、Gucci Maneがしゃがれた声で“ぐちぃ♪”を何度も繰り出します。Zaytoven製作の「Eazy」ではLil Jon譲りなクランク調のピュンピュン曲で、やはり何度も繰り返すフックを披露。可愛くポップな電子音がピコピコと跳ねる様に流れるカラフルスムージーな「Kiss Me Thru The Phone」はかなり良い感じで好き、製作はJim Jonsin(Co製作をMr.Collipark)という事でなんだか納得。女の子ウケしそうなキュートで煌びやかなメロディも良いし、客演にあのSammieが参加して胸キュンな甘ぁ~い歌声でとろけさせてくれるんだから最高に素敵。Soulja Boy製作でガチャガチャと止まらぬ疾走感でガンガン突き進む喧騒曲「Booty Got Swag(Donk Part 2)」もなかなかの突破力で、Soulja Boyの繰り返し上から重ねる録音方法が功を奏しグルグル脳内を回る中毒曲。「Rubber Bands」は再びChristopher "Drumma Boy" Gholsonが製作、う~んまぁ普通の出来ですな。Soulja Boy製作でタイトルを男臭くふざけた感じで唸ってフックする「Hey You There」は、Ying Yang Twins発案のあの囁きラップを拝借するも一曲としての破壊力は無いし、Ying Yang Twins「Wait(Whisper Song)」の足元にも及ばないから残念。「Yamaha Mama」は売れっ子Polow Da Donが製作、キラキラ輝くピアノ旋律にチチチチチチとビートが細かく絡む流麗で甘美なエレクトロチューンで素晴らしい。客演にはSean Kingstonが参加し、これまた可愛い甘高~い歌声で華やかな彩りを添えていてグッド、Soulja Boyも軽やかに流していてなかなかスマート。Mr.Hanky製作の「Shoppin' Spree」では再登場のGucci ManeとYo Gottiが参戦、がしかしそんなに盛り上がらない、Young Jeezyの方が良かったかも。John Boy製作で自身の名前を冠したオルガン伴奏曲「Soulja Boy Tell 'Em」はのどか、ただやはり面白さは無い気がする(辛口)。DJ GB製作でShow Stoppasが客演の「Whoop Rico」では、ゴチャゴチャとうるさいビートの中でSoulja Boyが早口ラップで掻い潜りながら脱出を試みる一曲。ダークロック調ながらどこかエレクトロな印象も残る「I Pray(Outro)」はChristopher "Drumma Boy" Gholson製作、トラックはなかなかながらもSoulja Boyがあまりに淡々と一本調子なラップなので味わいが損なわれている気も(辛口)。

う~ん、ちょっと期待していたんだけど外れたかなぁ(苦笑)。彼のProduce能力は買っている訳で、前作よりも進化しているかなと思ったんですが、そこまでは感じなかったというのが正直な感想。Sammieを擁した「Kiss Me Thru The Phone」とSean Kingstonを擁した「Yamaha Mama」は良かったけれど、それ以外はちょっとつまらなかったかなぁ(困惑)。Soulja Boyはあまりにラップが一本調子で変化が無い、だからこそそれに合ったバウンシーな電子チューンじゃないといけないから難しい、それが今回は微妙だったかなぁ。客演や楽曲提供などでもうちょっと経験積むと、もっと大きく化けるかもなぁ~。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment