RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Eminem「Relapse: Refill」
eminem-relapse-refill.jpg

世界が恐れ魅了される狂人的な白人サイコMC、Eminemの通算五作目となる『Relapse: Refill』を御紹介。世界中のファンだけでなく、Jay-ZやLil Wayneなど同業者からも最高のMCと賞賛されているEminem、前作『Enocore』からおよそ五年ぶりとなる本作は、活動休止していたEminemの復帰作。待ち望んでいた熱狂的ファン、かなり多いんじゃないでしょうか、僕はそこまでファンではないので気付いたらリリースされていた感じでした(笑)。しかし注目作である事には間違い無し、でも絶対に豪華盤がすぐに出ると思い購入しないままでいたら、案の定やはり新曲7曲を追加収録したCD付きの豪華盤『Relapse: Refill』が発売されたのでこちらを購入。
それでは気になる内容を御紹介しますと……本作はほぼ全曲の製作を盟友であり育ての親であるDr.Dreが担当、やはりこのタッグは強力ですねぇ。まずはその血みどろのPVも相当なインパクトだった「3 a.m.」、重たく鈍いピアノ旋律にEminemの狂気じみた甲高いラップがキリキリと神経質に響くやはり病的な一曲。自身が薬物中毒になったのは、同じく薬物中毒だった母親に似たからだと嘆き怒る「My Mom」、Eminemらしいブチ切れた怒号の様なラップが鋭くグサグサと突き刺してくる殺伐とした一曲。The Skinny Boys「Jock Box」を下敷きにしたピキピキと神経を尖らせてラップする「Insane」(Trevor Lawrenceとの共同制作)、詩の内容もそうですがやはりEminemの言葉運びは中毒性が高くて次第に嵌っていってしまう。バグパイプの音がヨロヨロと不穏に響き渡る怪し過ぎる行進曲「Bagpipes From Baghdad」ではMariah Careyとその夫Nick Cannonを痛烈に口撃、止まる事なく走り抜けるラップとヘリウムガス吸ったみたく高い鼻声で捻り出すフックが病的で恐ろしい。Eminemが狂人な自己紹介をぶちかます「Hello」(Mark Batsonとの共同制作)ではEminemの神業的な高速スピットが炸裂しれ斬り付ける、ハンドクラップにドカドカビートにスクラッチが切り裂くシンプルビートがEminemのラップをより惹き立てています。「Same Song & Dance」(Dawson Parkerと共同製作)ではLindsay LohanやBritney Spearsを想像の中で犯すという犯罪者ばりの脳内を披露、本当にEminemって普通じゃない、狂っています。これまたEminem流儀のオフザケ変態曲「We Made You」では多くの有名人をこき下ろす徹底したファンサービス、ここまでやれるのはEminem以外にいない(笑)、本人は“あくまでジョークの一環”と言っているみたいだけど標的になった方は面白くないだろうなぁ(苦笑)。とにかくもうずっとこの調子で、まだ薬物中毒なんじゃないかと疑ってしまう程に病的な曲ばかり(以前からか)、聴いているうちに(紹介しているうちに)疲れてきてしまいます。どこかホラーチック寒々しいビートがおどろおどろしくも面白い「Stay Wide Awake」、Dr.Dreと相性抜群のラップ合戦を繰り広げるメタリック重低音がカッコイイ「Old Time's Sake」(Mark Batsonとの共同制作)、ちょっぴりエレクトロな気もするけれどやはりダークでクレイジーな毒曲「Must Be the Ganja」(Mark Batsonとの共同制作)、唯一のEminem製作曲でQueen & Paul Rogers「Reaching Out」をサンプリングした哀愁曲「Beautiful」、Dr.Dreに50 Centと三悪人が揃い踏みしてマイクを回す「Crack a Bottle」、荘厳でいて悲劇的で恐ろしい変調ビートが闇をつんざめくサイコスリラー曲「Underground」と、どれもEminemの狂気に満ちたドロドロしたトラックが目白押しのドラッグ曲ばかり(発病)。
そして更に収録曲を追加したのがボーナスCDとなる『Refill』、こちらはもう一曲狙いで購入したんですよ。それはDrake、Lil Wayne、Kanye WestとEminemがマイクを回すBoi-1da製作の「Forever」、バスケ選手LeBron Jamesの伝記映画『More Than a Game』のサントラ盤に収録されていた注目曲。Drakeのあの蛙声のラップと歌フックがまず耳に残るし、Kanye WestとLil Wayneも相変わらずの鋭い援護射撃で存在感抜群。でもここで抜きん出て目立ち他を喰っているのはEminem、Eminem単体で聴いていると疲れてしまうけれど、やはりあの病的な高速ラップはリズミカルで耳にベッタリとこびり付く、嫌でも耳を持って行かれる凄さ(圧巻)。その後もDr.Dreと共演した鍵盤の低音一音をずっと鳴らすような「Hell Breaks Loose」、あの殺人鬼の名前をタイトルにしたサイコキラーボム「Buffalo Bill」、Eminem製作の「Elevator」、どこかアラビアンな「Taking My Ball」、オルゴールチックなメロディにシリアスなEminemのラップが絡みつく「Music Box」、どこかDr.DreがMary J. Bligeに提供した「Not Today」みたいなビートがカッコイイ「Drop the Bomb on 'Em」など、Eminem好きにはたまらない楽曲を収録。

う~ん、やっぱり僕はEminemにはそこまで嵌れません、今回もそうでした(苦笑)。Eminemが実力者だというのは勿論認めますが、彼の創る世界観はそんなに居心地が良くなくて、異質過ぎます。本作は僕としてはとても単調で、ちょっと途中でダレてしまう感じで、今一歩好きにはなれなかったというのが正直な感想。多分僕の好きなHip Hopというジャンルではない気がします、EminemはやはりEminemな訳です。でも間違いなく世間では2009年の重要な一枚となっています、聴かないのはきっと不味いのではないでしょうか、僕はそこまで聴いていません(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment