RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mariah Carey「Merry Christmas」
mc-meryychrist.jpg

“7オクターブの声域を持つ歌姫”として今も最前線で活躍し続ける、Mariah Careyのクリスマスアルバム『Merry Christmas』を御紹介。ポップミュージックファンからも、そして僕らBlack Musicファンからも愛される歌姫Mariah Carey。彼女の名前は知っていても歌はそんなに知らない&アルバムは持っていないという方も多いかと思うんですが、本作は皆が聴いた事のあるあの名曲が収録されています、そういう意味ではMariah Careyの代表作といっても過言ではないかもしれませんね。
それでは内容を簡単に御紹介したいなぁと思います……まずMariah Careyの本作の素晴らしいところは、クリスマスの定番な名曲が多めに入っている事。普通はオリジナル曲が多かったりもするんですが、本作では伝統的な曲も配分多めで聴き易いんです。まずは幕開けを飾る子供から大人まで知っているこの名曲「Silent Night」、キラキラと輝く雪の結晶みたいなピアノ旋律に、Mariah Careyの澄んだ突き抜ける様に高く清廉な歌声が響き渡ります(感情移入)。そして本作の最大のハイライトである名曲「All I Want for Christmas Is You」がすぐさま登場(幸福)、製作はWalter AfanasieffとMariah Careyが担当。シャンシャンと鳴る鈴の音と楽しげで煌びやかなメロディ、まるで雪ぞりに乗って滑走するかの様なはしゃいだ疾走感、Mariah Careyの潤んだ綺麗な歌声、もうどれもが素晴らしくマッチしていて聴いているだけでウキウキとはしゃいでしまいます(踊)。“クリスマスにはそんなにたくさん要らないわ♪欲しいのはただひとつだけ♪私がクリスマスに欲しいのは貴方だけ♪”なんて真っ直ぐに歌っちゃう詩がまた可愛くて素敵、もうクリスマスソングと言ったら瞬時にこの曲が思い浮かびます。“なんと神聖な夜♪”と厳かに神々しく歌い上げる「O Holy Night」は、Mariah Careyの低音の素晴らしい重厚さを堪能できる格式高い一曲。Darlene Loveの同名曲をカバーした「Christmas(Baby Please Come Home)」、これもまた70年代風のアプローチがなんともオールディーズで、クワイヤの歌声も手伝って華やかだし楽しいですねぇ。「Miss You Most(At Christmas Time)」はWalter AfanasieffとMariah Careyが共同で製作したしとやかで繊細なピアノ伴奏曲(美)、別れた恋人を“あなたを一番恋しく思うのは、クリスマスのこの時期♪”と一人で過ごすクリスマスが物凄く寂しく切なくなってしまう悲しい失恋曲(涙)。この曲の持つ壮大でいて物静かでスーッと吸い込まれそうな粉雪のような煌めくメロディの美しさは、Walter Afanasieffでこそ成し得る仕事だと思います(感動)。そして誰もが知っているあの「Joy To The World」は徐々にゆっくりとテンションが上がってきて、最終的にはMariah Careyがスカーンと天高く舞い上がる喜々とした高らかな歌声で世界中に喜びを与える素敵な一曲。「Jesus Born On This Day」はWalter AfanasieffとMariah Careyが共同で製作したオリジナル曲、ここまでキリスト賛歌になって初めて僕ら日本人はクリスマス(聖夜)の意味を知ります(恥)。ここではほぼゴスペルチックな流れの荘厳なメロディがMariah Careyの凄まじい歌声を思う存分に惹き出していて、後ろで聴こえる子供達の合唱もとっても可愛くて微笑ましいんですよねぇ(幸福)。最初に鳴るシャンシャンシャンシャンの鈴の音で思わず“サンタが街にやってきた!”とはしゃぎたくなる名曲「Santa Claus Is Comin' To Town」もやっぱり大好きッ、始まりとかメロディアレンジとかが先述の「All I Want for Christmas Is You」にとても似ていて(逆)、やはりクリスマスらしいメロディがあるんだなと思って感心しちゃいます(笑)。軽やかなタッチのピアノに乗せてMariah Careyとクワイヤの歌声が踊る「Jesus Oh What A Wonderful Child」、うん良いですねぇ。国内盤にはこれらに加えてボーナス曲、ちょっぴり悲劇を帯びた屈強な一曲「God Rest Ye Merry, Gentlemen」で厳かに幕切れ。

う~~~んやっぱり素敵、Mariah Careyの歌唱力の幅広さを痛感する一枚で御座います(圧巻)。あれだけ御馴染みの可愛いクリスマスソングの数々も、Mariah Careyが歌えばこんなに大人っぽく神聖で美しい輝きを放つ曲に変わるんですすねぇ。やっぱりクリスマス好きには持って来いの一枚、中古とかでメチャクチャ易く手に入るので、クリスマス用に絶対に一枚は用意しておいた方が良いと思います(薦)。「All I Want for Christmas Is You」の一曲だけ目当てで購入しても絶対に裏切られない一枚、今年も最もクリスマスに掛けたのはこの曲でした(恒例)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment