RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pretty Ricky「Late Night Special」
PR_cover_lnss.jpg


Pretty Rickyの通算二作目となる『Late Night Special』を御紹介。デビュー作となる前作が思わぬ(?)ロングランの大ヒットとなった兄弟四人組の歌&ラップの踊れるグループPretty Ricky、続く2ndとなった本作も予想以上の大ヒットとなりました。僕もあまり期待せずに前作『Bluestars』を購入したんです、そしたら案外良くて驚きました、で本作もふわっと購入した訳でして(笑)。
それではつらつらと内容について……まずはかなりスロウに妖しく幕を開ける「Late Night Special」、こういう感じの始まり方は前作とかなり似ていますな。製作はMusic Royalなる人物で、本作の全ての楽曲を彼(彼ら?)一人で手掛けております。そしてここで早くも先行カットされたヒットシングル「On The Hotline」の登場、僕はラップ担当のSlick'emもSpectacularもBaby Blueもそんなに別に思い入れはないんですが(嫌いな訳ではないですよ、好きですよ)、ただ歌担当のPleasureの歌声が結構好きなんす、あの112のSlimみたいなナヨっとした歌声が結構好きっす。続く「Love Like Honey」のあの揺ら揺ら~と眠たくなるような、伸びやか過ぎるPleasureの歌声重ねがイイ、皆のラップの後ろで聴こえる悩ましげな裏声もね。ちょっぴりピーヒャラ要素も取り入れたスパイシーな「Push It Baby」も三人のラップがガツガツしてて良いし、ちょっぴりNe-Yoっぽい甘酸っぱさを込めた「Leave It All Up To You」なんかは素晴らしくて好き。こういう曲こそPretty Rickyの真骨頂なんではと僕は思う、ここでは歌詞もちょっぴり大人しめですし、お子様にもちょっとは聴かせられる内容なんではないかと(笑)。これまた続く「Stay」もどストレートなR&Bマナーはちょっと懐かしい匂いのする王道曲、ここでのPleasureの昇天歌声はたまらなく良い、キラキラさせたファルセット混じりのフックが心地良すぎです(失神)。「So Confused」ではButta Creameなる女性グループをゲストに起用、これがまたPretty Rickyと相性が良くて、双方とも艶っぽくていいんですわ~。曲調も完全なる哀愁美メロ路線で僕好み、雰囲気に合わせたSlick'em、Spectacular、Baby Blueのラップも良い感じで◎です。サイレンぽい音やら騒がしい感じがちょっぴりLil' Jonっぽくも感じる「Personal Trainer」は完全にHip Hop寄り、ちょっぴり囁きラップも取り入れた感じ。「Up And Down」ではまた打って変わって美しいバラードを用意、ハンドクラップをあしらった綺麗で透き通ったトラックに、そつなくラップを乗せ込む三人に敬意を表します(天晴)。「Peer Pressure」は軽やかに乗って踊るといった感じの絶妙な一曲、疾走感もあって熱過ぎもせず、夜風の様なヒンヤリしたPleasureの歌声も絶妙で御座います。「Make It Like It Was」はもうそのままボーカルグループにあげてもピタっと来る様な、Pleasure独壇場な気がするキラキラなバラード。しかしMC三人も全く譲らず、甘く真摯に愛を歌っていてそれがとってもグッドです(素敵)。とここまでが通常盤の並び、最後に「Make It Like It Was」は完璧です(鉄板)。ここからは国内盤のボーナストラック、前作収録の「Grind With Me」「Your Body」は割愛します。「(I Wanna See You)Push It Baby」は同名曲の録り直し、あのSean Paulを大々的にfeat.してこれまた違った風味の一曲に仕上げております。「Makin' Music」はBetty Everett「There'll Call A Time」をサンプリング、ここもPleasureの歌ヂカラでグイグイと引っ張っていきます。「On The Rocks」ではあのCommodores「Sail On」をサンプリング、これがもうすこぶる快作でボーナス扱いは勿体無い(激薦)。ネタを活かした夏風ざわわな清涼感溢れるトラックも、Pretty Rickyのノリも超最高、これ聴きながら海沿い走ったら……きっとどこまでも雲を追いかけて行ける(夢)。

前作とそんな変わった点はないけれど、まぁこれがPretty Ricky流儀なんだから成功なんですよね、かなり女の子ウケしてますし。皆が邪魔する事なく個性を出し合っていて、本当にバランスよく色んなトラックも用意してきたと思います。それにしてもやっぱりPleasureが気になってしまいますよね、歌好きにはどうしても(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment