RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kid Cudi「Man On The Moon: The End Of Day」
kidcudi-man.jpg

あのKanye Westが惚れ込み自身のレーベルGOOD Musicに迎え入れた新進気鋭、Kid Cudiの待望のデビューアルバム『Man On The Moon: The End Of Day』を御紹介。Kanye Westの異色の傑作『808s & Heartbreak』に客演し一躍脚光を浴びたKid Cudi、Jay-Zの『The Blueprint 3』にも客演参加するなど、期待値MAXの状態で満を持しての登場で御座いました。まずこのアートチックなジャケットがたまらなく渋いしオシャレ、なんだか綺麗ですよねぇ(溜息)。
それでは気になる内容を簡単に御紹介したいなと思います……とにかく本作は内省的で物静か、悪く言えばちょっと暗い、でもその暗さがすごく中毒性高いし芸術的で嵌るんです(好)。そして本作は物語のように章節で区切られていて、全五章から構成されているという、完璧に“一枚を通して聴いて欲しい”一枚になっています。まずは第一章“Act I: The End of Day”、幕開けはEmile Haynie製作の「In My Dreams(Cudder Anthem)」から。ドリーミーなメロディながらも途中で宇宙船みたいなキュルルルルル音が静かに響くことで、不思議な月旅行へと出発準備するKid Cudi、囁く様な眠たそうなラップがトロトロで不思議。曲の最後にはCommonが登場し語ります、Commonは他の箇所でも語りを挟むストーリーテラーみたいな役割を果たしています。続く「Soundtrack 2 My Life」もEmile Haynie製作曲、父親の死から心に暗い闇を抱える様になったKid Cudi少年の過去を語りながら“僕が生きる為のサウンドトラックさ♪”と歌うパーソナルな一曲。Orchestral Manoeuvers In The Dark「ABC(Auto-Industry)」を下敷きにした「Simple As...」はPatrick Reynolds製作、何度も繰り返す静寂系のフックが子供っぽくも柔らかく耳に残る夢想曲。そして第二章“Act II: Rise of the Night Terrors”、The Menahan Street Band「The Traitor」を使ったドロドロの「Solo Dolo(Nightmare)」はEmile Haynie製作、自らを“孤独のミスターソロさ♪”と嘆きながらも徐々に深海から這い上がってゆく様を、Kid Cudiがラップとも歌とも語りともつかない暗い声で怪しく歌います。単調に何音かだけを繰り返し叩くピアノ鍵盤音にリズミカルなビートが加速する「Heart Of A Lion(Kid Cudi Theme Music)」はFree School製作、奈落の底を見つめながらも“僕は負け犬にはならない♪僕は生きるんだ、ライオンのハートを持って♪”と徐々に希望を見出す様子がちょっと鼓動も強く走り出したメロディで見事に表現されていますね。深い眠りの中でグルグルと思いが渦巻くように巡るドロドロとした感触の「My World」はPatrick RaynoldsとJeff Bhaskerによる共同制作、客演にはBilly Cravensが参加。そして第三章“Act III: Taking a Trip”、ここの幕開けはシングルヒットしたDot Da Genius製作の「Day N Nite(Nightmare)」で幕開け。曇ってエコーがかったピコピコ音が空間を浮遊し、ちょっぴり歪んだ電子音が暗闇に鈍く光る、なんとも不思議なダークドリーミーな一曲(堕)。皆が寝静まった真夜中にたった一人、孤独を抱えながらも高揚した状態で彷徨うような幻想的なドープ曲ですねぇ。この曲は最初シングルとして聴いた時はそんなに好きじゃなかったんですが、本作の流れの一欠片として聴くとしっくり来るんです。ノイジーなシンセ音に尖ったキックビートが衝突する曇ったエレクトロチューン「Sky Might Fall」はKanye Westが製作(Co製作をKid Cudi)、“空が堕ちたとしても、僕は全然不安じゃない♪”と歌う幻想飛翔曲。Matt Friedman製作の「Enter Galactic (Love Connection Part I)」は軽やかに煌びやかに、そして色彩豊かに駆け抜ける疾走レトロディスコチューン。ここでのKid Cudiの張り上げずに軽く鼻歌っぽく歌うフックが素敵、この懐かしいポップ感が小さく弾けていて可愛い。そして第四章“Act IV: Stuck”、ザワザワと本能が活発に動き出すのを感じるちょっぴりロックな「Alive(Nightmare)」はRatatatが製作&客演で参加。冒頭から眩しい程に輝くシンセ音が光線を放つ流麗な近未来チューン「Cudi Zone」、製作はEmile Haynieが担当(StringsにはLarry Goldが参加)。Kid Cudiが自由奔放に跳ね回るメロディアスで華やかな一曲で、最近流行のブライトな流線形エレクトロなんですが、ストリングスが優美さを増加させていてより煌びやか、Kid Cudiのフロウも踊るように滑っていてすごくキャッチーで体に浸透してきます(不思議)。Lady Gaga「Porker Face」やJamie Foxx「Blame It」を下敷きにしたKanye West製作の「Make Her Say」は、Kanye WestとCommonが客演参加。この曲はLady Gagaのオモチャチックな歌声がバッチリ使われた可愛い一曲、僕はそんなに好きじゃありませんが(笑)。「Pursuit Of Happiness(Nightmare)」はRatatat製作で、RatatatとMGMTが客演参加。戒律的な美しさのピアノ旋律にまったりと溶けるような歌ラップを聴かせるKid Cudi、ここまで来るともはやHip Hopというカテゴライズは出来ないですねぇ。そして第五章“Act V: A New Beginning”、まずはLou Rawls「Early Morning Love」を下敷きにした渋く甘美な泣けるソウルフル曲「Hyyerr」でスムーズに幕開け、製作はCradaが担当(StringsにLarry Goldが参加)。極上の艶やかなソウルメロウに乗せてフロウを流すKid Cudiが凄まじく神憑りで光ってる、ここでの歌フックは本作中で最もキマッていて、客演参加のChip The Ripperも素晴らしい名手で今後に期待ですねぇ(注目)。爪弾きジャラジャラ鳴らすアコギがなんとも爽快で颯爽としているポップロックな「Up Up & Away」はFree School製作曲、ものすごく気持ち良くサッパリとした洗練された疾風チューンで、この曲で月に住む男(つまりKid Cudi)は遂に深く酩酊した眠りから覚醒し、一気に高みへと羽ばたくのです(昇天)。とここまでが本作の内容で、国内盤にはこれらに加えて四曲のボーナス曲が追加収録されております。まずはEmile HaynieがJason Chung「Aquarium」をサンプリングした物静かな中に不思議なメロディが吸い込まれて響き渡る惑星曲「Man On The Moon」、欠伸で始まるこの曲も物凄く夢うつつな意識朦朧な感触がなんとも詩的で不思議で、どうしてボーナス扱いなのか分からない佳曲。続いてもEmile HaynieがTrevor Dandy「Is There Any Love」をサンプリングしたサッパリした硬質ドラムパターンと曇ったリサイクル歌フックのみで聴かせる「Is There Any Love」は、Hip Hopの基本に忠実な荒削りビートで勝負の一曲で、客演には同じく新進気鋭のWaleが参加した注目曲。Crookersがいじった何ともコンピュータ的で電子音が連なり加速するサイバーな「Day N Nite(Crookers Remix)」、英国ではむしろこのRemixが爆発的に話題になったというのも頷ける面白さ。そしてこれまたビュイビュイと歪んだ電気信号音が脳内を浸食しロボット化させられる「Make Her Say(Afrojack Remix)」も、かなりぶっ飛んでいるんですがKid Cudiにはお似合いでなぜか抵抗なく楽しめてしまうテクノな一曲。

う~ん、なんとも不思議な感覚に陥る素敵な一枚でした(溜息)。まるで絵本をそのまま音楽にしたようなこのミステリアスなメロディがとても深くて繊細で、聴いているうちにそのままフワフワと真っ暗な月世界へと連れて行ってもらえる、そんな宇宙旅行の出来る一枚で御座います(誉)。これは本当にKid Cudiにしか描けない世界が静かに広大に広がっていて、彼の独特の感性にどっぷりと浸れる超大作で御座いました(絶賛)。本作を掛けながら車で夜中にドライブしていたら、きっと知らないうちに真っ暗な樹海に迷い込んで、彷徨っているうちに大きな湖が見えて、その湖面には大きな丸い月が冷たく光っている……なんて不思議体験できそうな気がします(妄想)。2009年度の注目作、驚異の新人現るといった感じですねぇ(太鼓判)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment