RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

M.O.P.「Foundation」
mop-foundation.jpg

G-Unit Recordsを離れ新たにE1 Records/KochからドロップされたM.O.P.の通算五作目(Mixtape一作と未発表曲作二作は除く)となる『Foundation』を御紹介。Billy Danze(左)とLil' Fame(右)による最凶豪腕タッグ、彼らもBrooklyn出身という事で僕の好きな東海岸のMC、大好きなデュオで御座います。そんな彼らの公式としてはきっと2000年発表の『Warriorz』からおよそ9年ぶりとなる新作、苦節九年で御座いますよ(涙)。Jay-Z率いるRoc-A-Fellaでも作品を出せず、続く50 Cent率いるG-Unitでも結局作品は出せず、実力と人気はあるのにリリースに恵まれないM.O.P.をずっと心配していました。ですから移籍して本当に良かった、M.O.P.も久々の作品とあって思いっ切り暴れ回っています(破壊)。
それではそんな期待の本作の中身に触れましょう……まずは彼らの出身地であるBrownsvilleをレペゼンしたハードコア全開の「I'm A Brownsvillian」で渋く幕開け、ベテランのNottzが製作したファンキーでロキッシュなこの歪んだメロディが最高に鋼鉄でギラリと光るゴツい一曲(痺)。アッパーではなくのっしりと攻めるビートでの、フックでのM.O.P.の“ほーー!ほーー!”を聴くだけでテンション上がります(興奮)。Fizzy Womackが製作(MixをDJ Premierが担当)のシンプルな電子鍵盤メロディを短く切ってループさせた「Blow the Horns」は全速力で駆け抜けるM.O.P.が思い切りぶつかってくる突進曲、ドカドカ鳴らすキックにブレイキンしてるメロディ(途中でザクザクとスクラッチも斬り込む)がなんともオールドソウルなトラックで、Hip Hop黄金期を彷彿とさせるやはりハードコアな一曲で最高にカッコイイ。オールドソウル曲からフレーズを抜いてループさせる激渋なソウルフルメロウ曲「What I Wanna Be」はDJ Premierが製作を担当(発狂)、このなんとも懐かしいレトロ調のセピア曲はPrimoならではのコク深い味わい、しかも客演には実力派男性シンガーRell(彼も以前はRoc-A-Fellaに在籍)がそのスマートで甘くもソウルの濃縮された歌声を聴かせてくれているんだから渋いッ(失神寸前)。ちょっぴりシリアスなピアノ旋律の細くて狂った様に掻き鳴らすメロディが狂気じみた「Foundation」はM-Phaezes製作、この曲もM.O.P.のフロウもどことなくEminem調で、それはそれで面白い一曲。再びFizzy Womackが製作(MixをDJ Premier)を担当した「Stop Pushin'」も短く切ったホーンがバキバキと跳ねる骨太なファンキー曲で、かと思えば途中で燻し銀なソウルメロディに転じたりもする王道な一曲でグッと来ます。Statik Selektahなる人物が製作した「Crazy」も怪しくも艶っぽいロック調のメロディに硬質なドラムスが激しく絡んで火花を散らす渋~い一曲、客演参加のTermanologyもなかなか良かったですよ。Fizzy Womackが製作の繊細で儚げな流麗なピアノ旋律が心の琴線に触れるしっとりと滑らかな美曲スロー「Street Life」は素敵(鳥肌)、こういうピアノ旋律が綺麗な夜会系の曲に僕は弱い、しかもこういう静かでドラマチックな曲に暴れん坊のM.O.P.がすんなりラップを乗せたりすると、そのギャップも手伝って尚更と感動してしまいます(巧)。しかもここではDemarcoなる男性シンガーのオートチューン駆使の揺らめく滑らかなロボ声フックが最高(昇天)、オートチューンにこういうクラシックなメロディを重ねるとまた違った味わいで美味し過ぎます(失神)。再び骨太で激渋な埃っぽいソウルチューンでガッツリ攻める「Forever & Always」はStatik Selektahが製作、これも古いソウルレコードの切り取りに単調に鳴る硬質ビートがたまらなくシンプルで胸に響く、途中で聴こえる45回転早回しの歌フックも燻し銀で、M.O.P.の吠えもせずひたすらマイクを握り刻むライムが静かな弾丸の様に体を突き抜けるカッコ良過ぎる一曲。そんなソウル曲の45回転技が引き続き繰り出す流麗な「Rude Bastard」はFizzy Womack製作曲、一時期のKanye WestやJust Blazeが好きな方(つまり僕)は絶対に嵌る一曲、最近のエレクトロチューンも悪くはないけれど、こういう早回し曲(渋ソウルリサイクル曲)がまた流行らないかなと願っています。Ron G製作(Co製作をM.O.P.)の「Brooklyn」は逆に南部の泥臭いマッタリと伸びやかなメロディがこれまた違ったソウルフルで、そんなメロディに合わせて“ぶるっくれぇ~~ん♪”と気だるく絡ませるM.O.P.の煙たいフックが絶妙で結構好きな一曲。冒頭の銃装填音に続けてタフで厳ついバキバキな鉄屑ビートが叩かれる「Bang Time」はM.O.P.の真骨頂、もう所狭しと縦横無尽に暴れ回ってぶち壊します(木端微塵)。Billy Danzeの声をカットした“ばんッばんッばんッばんッ!”フックでもう完璧に聴き手はK.O.されますね(卒倒)、このドカンドカンと踏み鳴らす突進ビートを製作したDJ Green Lanternはやっぱり凄腕ですね(褒)、しかもこの曲で援護射撃をかますのはあのStyles Pなんだから最高にカッコイイ(痺)、これでJadakissが加勢していたらもっとヤバかった。ぶっ放す銃声ビートに乗せてM.O.P.が噛み付きガウガウ離さない「Sharks In The Water」も攻撃力抜群、製作はDR Periodが担当。Taylor Made製作の「Riding Through」ではなんとRedmanが援護射撃(豪華)、低く鳴るベース弦に乗せて威勢良く跳ねて破壊するトラック&三人が最高にイカシテル。M.O.P.だけだとちょっと硬過ぎる(ゴツゴツ過ぎる)のを、Redmanが参入する事でちょっぴりファニーでコミカルに仕上がっているのが絶妙のスパイス。最後を締め括るのはDR Period製作の「Salute A G」、べべべべべべと鳴り響く振動シンセとエレクトロな単調鍵盤メロディが軽快に跳ねて、M.O.P.の鉛球ハンマーがドシンッと地響き鳴らす最高にファンキーなトラック(激)。

最高に熱かったッ!久々に聴くM.O.P.はやはり半端じゃなかったッ(大興奮)!最高に渋い一枚で昔からのM.O.P.ファンも、それから昔からのHip Hopファンも絶対に好きな王道Hip Hopに感服しました。M.O.P.がもうとにかくカッコイイ、唾吐きながら吠えて聴き手をへし折る様なあのゴツくて暑苦しいラップは最高級品、もはや国宝級で御座います(認定)。でも素直にカッコイイんです(不思議)、ガッツリ攻め込む攻撃的ビートじゃなくてもどんなトラックにも柔軟に対応していて、そこがやはりベテランのベテランたる所以を感じます(敬服)。本当に最高に渋くて燻し銀でギラギラ輝く一枚で御座いました(絶賛)、是非とも最近の若い子に聴いて頂きたいです(衝撃)。しっかしどうしてRoc-A-FellaもG-UnitもM.O.P.の作品を出せなかったんだろう、本当に勿体無いですよ(惜)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment