RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が選ぶ2009年アルバムTop10[R&B部門]
今年も行いたいと思います、2009年度を締め括る年間Top10[R&B部門]の発表で御座います。貧乏ですのでそこまで多くは購入できていないですが、まぁ僕なりに一所懸命に考えてランク付けしてみました。振り返ると一人暮らしでピーピーの割になかなかR&Bモノは購入できたんじゃないかなと思います(上出来)。毎度の事ながら順位をつけて十枚選出するのは難しいですね、上位三作品は今回は結構すんなり決まりましたが。購入時期とかもあるしやはり考えてしまいますが、今年選ばれた十枚はこちらで御座います。


第十位 Amerie 『In Love & War』
amerie-inlw-0910.jpg

まず第十位はAmerie『In Love & War』、Def Jam移籍が功を奏しました(祝福)。なんといってもAmerieの本作は、Amerieらしさがギュッと濃縮され爆発した素敵な一枚でした。これだけどれも流行を追いかけた作品が多かった中で、Amerieはこれまでの自分のスタイルを誇示して昇華していました。こうなってはAmerieの(というかRich Harrisonの)ドカドカ突進ビートが逆に新鮮で痛快でしたよ。それに本作ではTrey Songzとの極上キラーデュエット「Pretty Brown」と、失恋の気持ちを手紙で綴った詩が切な過ぎる「Dear John」という突出した二曲がインパクト大でランクイン。特に後者の「Dear John」は今年かなり僕がヘヴィロテしていた最強の失恋曲、いつ聴いてもホロリと涙が零れそうになる胸が苦しくなる素敵なバラードで素晴らしかったです。


第九位 Trey Songz 『Ready』
trey-songz-ready0910.jpg

次に第九位はTrey Songz『Ready』、ここ最近の若手R&Bシンガーでは一番の有望株ではないでしょうか。そんな周囲の期待にきちんと答えた本作はやはり素晴らしかったですねぇ。現行シーンのトレンドであるエレクトロ系も巧く押さえながらも、しっとりと綺麗なメロディもしっかりと歌いこなしていて、トラックもブルージーな「One Love」、キュートなアッパー「Lol :-)」、Drakeを招いた浮遊感漂う「I Invented Sex」、不思議なドロドロデジタル曲「Black Roses」など、色々な趣向で振り幅がきちんと有りましたねぇ。それでいて他のシンガーがやっていない様な、ちょっと変り種のトラックなんかも積極的に取り入れていて、なんだか頼もしい野心を感じました。R.Kelly仕込み(?)なセックスを前面に押し出したセクシャルな曲も良いですねぇ、歌も上手いからすごく聴き入りやすいです。ムキムキに鍛え上げた肉体美をモノクロで撮ったジャケットも最高、客演でも大忙しでしたねぇ、しっかりと芯の通った一枚で御座いました。


第八位 Keri Hilson『In A Perfect World...』
keri-inaperfect-0910.jpg

そして第八位はKeri Hilson『In A Perfect World...』、才色兼備のソングライターの待望のデビュー作。TimbalandとDanjaとPolow Da Donという現代の敏腕Producerが脇を固めた事による統一感もさることながら、参加したゲスト陣も皆が一流でかなり豪華な一枚だったなと思います。こちらは現代流の流麗エレクトロが主だった訳ですが、Keri Hilsonの綺麗で悩ましい端正な美女声は、そんなエレクトロチューンとの相性が抜群で御座いました。というかこの端正な顔立ちと素晴らしい体つきがたまらなくツボでした(惚)、これだけ綺麗な女性なんだから好きにならずにはいられないですよ(男心)。本作は国内盤を待てずに輸入盤を購入してかなり後悔、ソングライト能力も味わいたいので国内盤を買いたいと思います(涙)。国内盤で詩を読んでいたら、もっと上位に食い込めたかもしれませんね(惜)。


第七位 Joe 『Signatutre』
joe-signature-0910.jpg

そして第七位はJoe『Signature』、誰もが認める素敵な紳士シンガーで御座います。全曲を久々にJoe自身が書き下ろしたというのが凄く嬉しかったし、そのおかげでJoeにしか作り出せない世界観が美しく描かれていましたねぇ、全11曲というコンパクトさもなんだだか潔くて好きでした。これだけエレクトロが流行している中で、生音演奏っぽい温もりのある美曲スローをたくさん詰め込んでくれるなんて素敵、バラードの名手であるJoeでないと出来ない芸当でしょうね(断言)。まぁそんな中でもきちんとThe-Dream節なリフレインフックもキメてくれていたり、ちょっぴり流行を意識した曲もあってそれも良かったですよ。これぞR&B/Soulだと陶酔してしまったのを今でも覚えています、Joeらしさが美しく滲んだ(Joeが原点回帰したという意味でも重要な)素敵な一枚だったと思います。


第六位 Brian McKnight『Evolution Of A Man』
bknight-eoman-0910.jpg

そして第六位はBrian McKnight『Evolution Of A Man』、僕の最も大好きなシンガーだから当然のランクインで御座います(常連)。Brian McKnightも自身の持つ独特で美しい世界観をきっちりと表現し、誰にも流されず(つまり流行に感化されず)に素晴らしいラヴソングをぎっしり詰めた贈り物をくれました(嬉)。しかしそう言いつつもBrian McKnightもきちんと変化していて、現在の流行である電子音をちょっぴり入れつつ、いつもとは違う希望に満ちた愛を歌っていたのはかなりの変革。でもいつも通りの王道バラードばかりで、聴いていてすごく安心しましたよ(一息)。あのシルキーで紳士な歌声に触れるべき、いつだって美しいラヴソングを紡いでくれるBrian McKnightは最高のシンガーソングライターです(絶賛)。


第五位 Rihanna 『Rated R』
Rihannarated-0910.jpg

そして第五位はRihanna『Rated R』、やはり現代を代表するこのクールディーヴァは脳裏に焼きつきました(鮮明)。本作でのRihannaはただクールなだけでなく、暗かった、とにかく悲しみと怒りの間で寂しげに揺れていました。プライベートでの事件があったからこそ生まれた作品で、そういう意味ではKanye West『808's Heartbreak』にも似た世界観でした。そんな悲しみがRihannaの持つクールでダークな感性&歌声とフィットしていて、結果として先鋭的なダークでメタリックな鈍く冷たく光る一枚を生み出しました。エレクトロテクノな技術を用いながらも、やはりRihanna流儀な独特の冷たい空気感が尖っていて他とは一線を画していましたね(別格)。ゲスト陣の少なさも功を奏していて良かった、Young Jeezyは好きだから尚更良かったですね。Justin Timberlake関与の「Cold Case Love」が僕は好きでした、RihannaとJustin Timberlakeは相性がなかなか良いと思います。やはり奇抜でカッコイイRihanna、次回作にも期待が持てますねぇ。


第四位 The-Dream 『Love Vs. Money』
love-vs-money-0910.jpg

そして第四位はThe-Dream『Love Vs. Money』、今年もTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartは大活躍で御座いました(勲章)。そういう意味でもThe-Dreamの本作は重要な意味を持つといえる一枚、The-Dream無しでは今のR&Bは動きませんから、そんな彼の自身の作品というのはやはり外せない。しかし本作ではThe-Dreamが一人のシンガーとして素晴らしい輝きを放っており、前作よりも数段と進化しています(昇華)。本作ではThe-Dreamの柔らかく甘いドリーミーな歌声が滑らかに響き渡り、聴いているうちにだんだんと深みに嵌る僕がいました(溺愛)。彼らの作り出すメロディもやはり先進的で独創的、面白いんだけれど流麗で美しく、病み付き度の高さでは天下一品で御座いました(御馳走)。客演としても最近のThe-Dreamは目を見張るものがあり、これからが期待なシンガーとなりました(墨付)。これも国内盤の発売を待てずに輸入盤を買ったので、国内盤で詩を読んだらもっと上位に格上げだったかもしれません(可能性大)。


第三位 Brandy 『Human』
Brandy_Human-0910.jpg

いよいよ第三位はBrandy『Human』、歌姫Brandyの復帰作という意味でも大切な一枚で御座います。本作を一言で表現するならば“純白”、黒いR&Bというよりはむしろ白くポップな楽曲ばかりだったと思います。しかしそんな純白曲がBrabndyの綺麗な清流のように澄んだ歌声にすごく合っていて、聴いているだけで僕の心は癒されたし洗われました(治癒)。この透明感はただただ素晴らしかったです、全曲を通して聴きやすくて、でもドラマチックで抑揚があって、けして単調ではなかったです。本作ではBrandyの歌声が幾重にも重ねられる加工が施されていて、これはよくある歌声加工とは違い、Brandyでないと出せない美しさがあって素敵だし、巧く機能していたと思います。美しくも力強く一歩踏み出すような気迫も感じる、凛とした一枚で素晴らしかったです。僕個人的な意見としては、Brandyの久々の会心作だったのではないかと思います。


第二位 India.arie 『Testimony: Vol.2, Love & Politics』
india_arie_testimony_0910.jpg

惜しくも(しかし圧勝の)第二位となったのはIndia.arie『Testimony: Vol.2, Love & Politics』、Grammy常連アーティストIndia.arieの流石の一枚で御座います。India.arieの爪弾き奏でるアコースティックギターの温かく包み込むようなメロディは心に沁みますねぇ、India.arieの深く慈愛に満ちた歌声も素晴らしくて心地良いんです(安息)。本作でもIndia.arieらしい完璧な世界観で一気に惹き込まれましたねぇ、こういう作品は他のR&Bシンガーでは書けない(というか彼女はR&Bシンガーではないでしょうが)、こういう生演奏感に溢れたソウル作品って美しいし気高いですよねぇ(溜息)。本作ではあのMusiq Soulchildとの極上デュエット「Chocolate High」が収録されていて、これが素晴らしい仕上がりで涙が零れそうになるほどに繊細で穏やかで綺麗なんです(昇天)。この一曲の為に購入しても損は無いぐらいに秀逸な仕上がり、というか全曲を通じて秀逸で、第一位にしようかどうか最後まで悩んだ珠玉の一枚で御座います(惜敗)。


第一位 Maxwell 『BLACKsummers'night』
Maxwell-Black_Summers_Night-0910.jpg

そして栄えある堂々の第一位に輝いたのはMaxwell『BLACKsummers'night』、Maxwellおよそ8年ぶりとなる本作は文句無しの傑作で御座いました(殿堂)。生演奏で繰り出す極上のグルーヴ感や息遣い、Maxwellのちょっぴり力強くなった歌声も素晴らしく、久々のネオソウルにどっぷりと頭の天辺まで浸かってしまいました(溺愛)。Jazzyな曲からブルージーな曲、聴かせる繊細なバラードまで取り揃え、Maxwellの優しいファルセットが語りかける深過ぎる一枚に感動してばかりでした(涙)。全10曲とかなり少ない収録曲数なんですが、充分に濃厚でほろ苦いソウルが濃縮された一枚で御座います(圧倒)。大人の色香と艶っぽさが漂う滑らかソウルが溢れていて、愛する人と夜にまったり聴きたい素敵な一枚となっています。極上のソウルとは何か、素晴らしく完璧な芸術作品とは何か、それを教えてくれるのはMaxwellの本作『BLACKsummers'night』です(絶賛)。



……さてこれが僕の熟考した結果選んだ十枚、貴方のお気に入りは入っていましたか。今年選ぶ基準で大きかったのはやはりエレクトロ、これがあまりに流行し過ぎて僕はもう飽き飽きしていまして。ですから今年の十枚はどれも自分流を貫いた作品ばかりが並んでいて、それこそエレクトロエレクトロしておらず(声加工ばかりしておらず)、そういう流行にとらわれていない作品が結果としてお気に入りになった気がします。他にも色々と悩んだ作品もあったんです、Jamie FoxxとLionel Richie、それからPleasure Pも結構迷ったかな。でも凄く苦しいほどに迷ったのはまずSlim『Love's Crazy』、これは国内盤で歌詞対訳があったらもっと上位だったかも。しそして特別功労賞を授与したいのはRyan Leslie、彼が今年発表した『Ryan Lslie』と『Transition』は素晴らしい軽妙でカラフルなシンセサイザー駆使が最高にキマッていて、聴いているとすごく気持ち良かったです(爽快)。今でもまだ順位に入れなかったのを後悔するぐらい、そのサウンドと歌声は素晴らしいものでした(賞賛)。またRyan LeslieはProduceと客演でも光ってた、Ryan Leslieも歌詞対訳(つまり国内盤)があったらもっと上位だったと思います。まぁでも今年も沢山のR&Bに楽しませて頂きました、12月15日以降発売の作品は来年度にカウントしますので、また来年もTop10出来たらいいなと思います。来年は是非ともエレクトロとは決別して(とはいってもひとつの要素として使うのには大賛成、その魅力はきちんと理解しています)、また新たなムーヴメントが起きる事を期待しています。



※番外編 Seal 『Soul』
seal_soul_0911.jpg

さてランキング外なんだけど特別枠で扱いたい作品とする番外編、本年度の番外編はSeal『Soul』で御座います。これ凄く良くて何度も繰り返し聴いた一枚なのですが、カバーアルバムという事なのでランキングからは除外し、ここでピックアップさせて頂きました。とにかくSealのソウルシンガーとしての実力が燻し銀に輝いた素敵なソウル集で、ソウル好きなら思わず唸ってしまう珠玉の一枚でした。しかも本作でSealとタッグを組んだのはあのDavid Fosterなんだからもう間違いない、素晴らしかった。古き良きソウルを体現したSealも素晴らしいし、こういうソウル音楽を遺してくれた先人達も本当に素晴らしいです(感謝)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment