RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lionel Richie「Coming Home」
lionel-comehcovs.jpg


Lionel Richieの新たな傑作と言っても過言ではない『Coming Home』の御紹介。久々のLionel Richie復活作品ってだけでも十分なのに、そのうえこのアルバムはヒットしましたよねぇ、Lionel Richieの実力を覗える一枚となりましたよね。Island Def Jamからの配給となった本作は、これまた当代きっての敏腕プロデューサーが力を貸した、超ベテランらしい厚過ぎる一枚に仕上がっているんで、覚悟して聴いて下さい(断言)。
それでは本作についてちょっぴり触れます……まずはこれこそが話題沸騰のキッカケとなった先行シングル「I Call It Love」が早くも登場、製作は御存知売れっ子過ぎるStarGateのお二人。これはもう完全にNe-Yo流儀の完全売れ線ナンバー、大人な愛に溢れながらも若い世代の僕らでも共感できる詩の世界も美しく切ないし、StarGate風味の刹那シンセが甘酸っぱい美メロ曲も最高の仕上がり。イマドキ過ぎてLionel Richieにはどうかなんて訝しがっている其処の貴方、Lionel Richieは完全に自分の曲に昇華しています(一流)。続く「Sweet Vacation」はLionel RichieにあのRaphael Saadiq氏(とJakeとThe Phatman)が製作に携わった嬉しい一曲、Raphael Saadiq氏らしい生音っぽさがたまらないグルーヴの、空気感がたまらなく爽快な一曲でこれも素晴らしいです。しかもフックではRaphael Saadiq氏の歌声が綺麗に入ってます、これがまた絶妙な清涼感ですんげぇ痺れ上がります(鳥肌)。続く「Why」はLionel RichieにChuckii Booker、それに加えて現代の売れっ子Sean Garrettが製作に携わっています。これはもう良い意味で今時マナーのR&Bトラック、がしかし内容はかなり大人の愛って感じで奥が深くて、Lionel Richieだからこその歌ヂカラに感じます。「What You Are」はBrian Michael-Cox辺りが使いそうな哀しげピアノ旋律で構成された哀愁バラード、しかし製作はJermaine DupriとManuel Sealの定番コンビ、このJermaine Dupriはたまにこういう所を突いてくるのが憎いですなぁ。しかもソングライティングはあのJohnta Austinなんだから鉄板で御座います。「Up All Night」は再びLionel Richie×Chuckii Booker×Sean Garrettのトリオ製作、ここではまだ若いぞと言わんばかりにアッパーなトラックで盛り上げてくれます。Lionel Richieの温かみのある歌声に思わずホロリとしそうな「I'm Coming Home」、製作はLionel Richie×Chuckii BookerにあのRodney Jerkinsが参加。え、Rodney Jerkinsはどういう参加だったの?ってぐらいにいつもの彼の持ち味は無い気も(驚)。でもすごく良い曲、きっとRodney Jerkinsも良い仕事をしたんでしょう(信)。「Out Of My Head」はLionel Richie×Chuckii Bookerの共同制作、ピアノ弾き語りみたいな曲の入りも深みがあって素敵だし、取り戻せない失恋の苦悩を歌った歌詞も切なくて好き。カラリとしたギターを掻き鳴らすカントリー調(?)な「Reason To Believe」も素敵、製作はあのDallas Austin、彼は最近こういう感じのトラックを好んで作っているんでしょうか、黒さみたいなモノはあまり感じさせないっていうか。続く「Stand Down」もDallas Austinによる製作で、これはもう完全なRaggaeチューン、Damian Marleyなんか引っ張り出せたら面白かったかも。シンプルなタイトルと歌詞とがスーっと胸に染み入るバラード「I Love You」はLionel RichieとChuckii Bookerによる共同制作、深海にゆっくりと沈んでゆくような底知れない曲。「I Apologize」はWyclef JeanとJerry "Wonda" Duplessisの強力タッグによる独特の風が吹きぬける一曲、フックでの幾重にも重ねたコーラスワークも見事だし、途中で鳴る泣きのギターも流石の出来、歌詞も説得力あって彼女と喧嘩している男が聴くべき一曲(笑)。最後の「I'm Missng Her」は国内盤のみのボーナストラックでLionel RichieとChuckii Bookerによる共同制作、勿論素晴らしい仕上がりで納得です。

あぁ~~~~満たされる~~~(満腹)。素晴らしいですLionel Richie、完全に僕の心は満ち溢れました(幸福)。R&B通な方もきっと納得の出来だろうし、そうでない若い聴衆(僕を含めて)もすんなり聴き入る事が出来る、そして聴き惚れる事の出来る一枚です。オヤジがイマドキを完全に自分の物にしています、天晴れの一言に尽きます。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment