RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

R.Kelly「Untitled」
R_-Kelly-Untitled.jpg

素晴らしいProducerでありシンガーでもある色気大好きの天才、R.Kellyの通算九作目となる『Untitled』を御紹介。いつの時代にも柔軟に対応しつつも、きちんと自分だけのエロさ絢爛な世界観で聴き手を魅了し続けるR.Kelly、(スキャンダル塗れではありますが)彼を嫌いなR&Bリスナーは絶対にいないと思います(断言)。そんなR.Kellyが満を持してドロップした本作、まず言いたいのは白黒のジャケットがカッコイイですねぇ、こういうシックなのが好きです。
それでは内容を簡単に御紹介したいと思います……最初に述べておきますと全曲の製作に当然R.Kellyが関わっている訳ですが、本作では外部Producerとの共同制作が結構多いんです(珍)。まずはポカポカと打楽器ビートのみのメロディにR.Kellyがラップを聴かせて、フックでは完璧にロボット化した歌声を聴かせる「Crazy Night」で幕開け。Lil Ronnieとの共同制作曲で、R.CityのちょっぴりRaggaeチックなラップも程よく盛り上げていてグッドです。ピアノ鍵盤の軽やかで華やかなメロディにR.Kellyの時折吠えるように張り上げるハイトーンな歌声が突き抜けるように響き渡る「Exit」はJazze Phaとの共同制作、このメロディと化した単調フラットな掛け声のような歌声がめちゃくちゃ耳に残りますね。朝靄のように美しくもどこか儚げに輝く繊細なメロディがメロウエレクトロな「Echo」、製作はInfinityとDarhyl "DJ" Camperとの共同制作。ユラユラと揺れながら器用にファルセットを駆使するR.Kellyのヨーデルばりの歌声に速攻昇天、こうやって声をコロっと引っ繰り返すのもR.Kellyの歌唱力があるからこそ成立している、分かりやすく繰り返し何度も連呼する極上の歌声に徐々に天高く舞い上がってしまいます。同じくInfinityとDarhyl "DJ" Camperとの共同制作で挑む「Bangin' the Headboard」はR.Kelly御得意のベッドタイム曲、艶っぽくしとやかに流れるセクシーなメロディに乗せて、“バンバンッバンバンッ、ヘッドボードを揺らす♪”と歌うこのエロさ、ただこの腰を振る様にリフレインするフックは耳にするりと馴染むし、グラグラとエフェクトの掛かった歌声に眩暈する程に酔ってしまいます(巧)。「Go Low」はR.Kelly単独で製作、カラリと乾いたギター弦の音にオルガンっぽい温かなメロディが絡む、艶っぽさの中にも哀愁を感じるアダルトな一曲。続いてもR.Kellyが単独で手掛けた「Whole Lotta Kisses」は素晴らしい仕上がり、しっとりと濡れた御洒落でシルキータッチなメロディが滑らかで美しく悩ましい、そこに絡むR.Kellyのまろやかで円熟した紳士な歌声に最高に感じてしまうスローバラード。べコボコと微振動しながらだんだんと広がってゆくシンセ世界が流行サウンドな「Like I Do」もR.Kellyが単独製作、こういう風にいとも簡単に若手の作る音を自分の物に昇華できるからR.Kellyは凄い。Los Da Mystroとの共同製作で才色兼備なKeri Hilsonが客演の「Number One」、Sexを歌ったこのセクシーな曲でKeri Hilsonが負けじとオートチューン使いながら妖艶に美しく綺麗な歌声でゆっくりと昇天するケリフルな一曲。あのSoulshock & Karlinとの共同制作の「I Love the DJ」は、これまた最近流行のテクノっぽい近未来曲にR.Kellyの伸びやかなロボ声が滑走する宇宙っぽい一曲(驚)。ベタベタなドカビートにドロッとした変な声がメロディを紡ぎ出すサウス仕様なバウンスチューンが面白い「Supaman High」は、Willy Willとの共同制作で注目MCのOJ Da Juicemanが援護射撃を担当。このOJ Da Juicemanの跳ねながらさらりと斬り込むラップ射撃がキマッてて、彼がR.Kellyを喰ってしまう勢い。あのJack Splashとの共同制作となる異色曲「Be My #2」もツボ、Rhyze「Just How Sweet Is Your Love」を使った懐かしく香りのするディスコチューンで、そこに程よくカラフルな電子音を散りばめて華やかにしたノリノリ過ぎるダンス曲。ホーンの鳴りに乗せてR.Kellyの歌声も痛快に疾走するダンス曲、これを聴いて乗らない奴はいないです(到底無理)。Gasner A. Hughesが共同制作の「Text Me」、ここでも官能的でドロッとディープなメロディにR.Kellyの繰り返すフックが次第に体中を巡る酩酊曲。Eric DawkinsとAntonio Dixonとの共同製作となる「Religious」はR.Kelly得意のゴスペル風味の神々しい荘厳曲、“君が僕のものである事を、神様に感謝します♪”と始まる愛する女性を賛美する純真のラヴバラード。グランドピアノの凛とした冷たい響きに凍えそうなR.Kellyの歌声が悲しく響く別れ曲「Elsewhere」はChristopher "Deep" Hendersonとの共同製作、これはもうただただドラマチック(悲劇的)でR.Kellyの泣きそうな歌声に打ちひしがれて聴き入ってしまう胸が痛くて潰れそうになる一曲(涙)。“君を妊娠させたくなるよ♪”と危険スレスレな詩に、TyreseとRobin ThickeとThe-Dreamという最強の布陣が揃い踏みの「Pregnant」はBerris BoltonとDeWayne Swanとの共同制作。これだけ濃い面子がRemixでなく揃うのが凄い(驚)、Tyreseは相変わらず良~い喉しているし、Robin Thickeは優しく囁くような溜息ファルセットを披露、The-Dreamも可愛くて澄んだ子供っぽい歌声で存在感あって渡り合っている、この豪華共演は絶対に聴くべき。本作の内容はここまで、これらに加え国内盤にはT-Town Productionsとの共同制作の流麗ピアノと光線エレクトロ<が交錯するstrong>「Fallin' from the Sky」をボーナス曲として収録しています。

うん、流石はR.Kellyといった仕上がりで何一つ抜かりは有りませんでした(完璧)。捨て曲は一切無しで他のProducerと組みながらもけして喰われる事なく、R.Kelly節を聴かせてくれていました。しかしひとつ苦言を呈すならば、少し流行サウンドを取り入れすぎたかなぁとも。流行サウンドを飲み込む速さもR.Kellyの魅力だとは思いますが、ちょっとエレクトロ&オートチューン過ぎたかなと。天下のR.Kellyなんだからこんな時こそ、ガッツリとエロいラヴソングかどっぷりと浸かれるゴスペルライクな曲を出して欲しかったかもしれません(我侭)。でもR.Kellyらしい器用な一枚、実力派シンガー四人がマイクを回す「Pregnant」狙いで購入しても損はありません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment