RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Snoop Dogg「Malice N Wonderland」
snoop-dogg-malice-n-wonderland-450x450.jpg

西海岸を統率するゆるゆる口調の大ボス、Snoop Doggの通算十作目となる『Malice N Wonderland』を御紹介。自身の作品も必ずヒットさせ、客演依頼も絶えないベテランMC、コンスタントに作品をドロップし続けるその制作意欲も素晴らしいですね。本作は古巣のPriority Records(Snoop Doggはチェアマンに就任)に移籍してから初の作品、このダサダサなイラストジャケットがちょっと頂けませんが、昔のSnoop Doggを思い出させますね(笑)。
それでは肝心の中身はどんなものになっているか……まずはScoop DeVille製作(MixをDr.Dreが担当)のLynn Collins「Think(About It)」とRob Base & DJ EZ Rock「It Takes Two」使いの大ネタ感たっぷりの「I Wanna Rock」で幕開け、ドロッとしたビートに王道な合いの手が絡む事で異様なキャッチーさが生まれて面白い。「2 Minute Warning」はTerrace Martinが製作、だだ広い宇宙で静かにヒンヤリ響く様なスカスカなシンセ曲でシンプル。「1800」は物凄く久々なLil Jonが製作&客演で登場、ブワンブワンと膨れて跳ねる電子音にシリアスなメロディとドカドカビート、派手では無いけれど完璧に乗せられるダークビートが病みつき。相変わらず元気よく叫ぶLil Jonもナイス、もうなんだか可愛くさえ感じます。あのTeddy RileyとScoop DeVilleが共同制作の「Different Languages」はJazmine Sullivanが客演参加、オシャレにスマートに響くピアノ鍵盤の優しいメロディがとっても美しくて、Snoop Doggのユルユル声も甘くメルティで聴いてて気持ち良い。そこにJazmine SullivanのJazzyで深みのある歌声が華やかに絡んで、途中で早回しのキュンと高い声が聴こえたりして、もうとにかく素敵なパーティーの様に御洒落な一曲にウットリ(惚)。C. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nash製作の「Gangsta Luv」はThe-Dreamが客演、振動しながら跳ねて疾走するエレクトロビートが軽やかで流麗、段階的に上がったり下がったりする電子音が耳にスーッと馴染んでくるライトな一曲。The-Dreamのクリアなミネラルウォーター声もスッキリと爽やかで清涼感バッチリ、あのリフレインフックも相変わらずキャッチーで耳に残って離れません(溺)。一時期Beefもあったが和解したSoulja Boy Tell 'Emが客演参加した「Pronto」B Donなる人物が製作、Soulja Boyのあの単調に乗っかる拍子の良い踊るラップは客演としてはなかなか攻撃力があって高評価。捻れてエフェクトが掛かったロボ声フックも良いスパイス、これはBoss Ladyなる人物の声なのか(?)。チチチチチチチチと細かく刻まれるチキチキビートとは対照的に、ユルユルと緩やかなラップでよろめくSnoop Doggが面白い「That's Tha Homie」はDanjaが製作を担当。Terrace Martin製作(Co製作をJason Martin)の「Upside Down」ではNipsey HussleとProblemが客演参加、ほぼ太鼓ビートのみのドカドカ邁進トラックが逆にシンプルで聴き入り易いし気持ち良いし、客演の二人も知らないけれど良い味出していますよ。昔からのSnoop Doggファンがきっと最も喜ぶであろう「Secrets」は、西の大御所ProducerのBattlecat製作でKokaneが客演。このマッタリとグルーヴィーなメロディはウェッサイならでは、Snoop Doggもこういう姿も良いですねやっぱ。The Commodoors「Zoom」を下敷きにした甘美なシュガー曲「Pimpin Ain't EZ」が最高に渋くて美しい(痺)、製作はNottz(流石)で客演にはあのR.Kellyが参加しているから間違いない(断言)。ポロンと鳴る繊細な鍵盤音にLionel Richieの声もほんのり聴こえちゃう贅沢な甘さ(骨抜)、R.Kellyの紳士なとろける極上ヴォイスも昇天モノの気持ち良さです(誉)。再びC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nash製作でThe-Dream客演の「Luv Drunk」は流麗ながらもどこか不思議な異空間に迷って浮遊するミステリアスエレクトロで快感。ユルユルでリラックスしたはんなり囁くSnoop Doggのフロウとの相性も抜群で、The-Dreamの甘く切ない歌声も優しいながらも耳にガッチリと残る素敵な援護射撃でグッド。最後を飾るのはあのThe Neptunesが製作でなんとBrandyが客演参加した「Special」、Pharrellも当然ながら客演参加しています。The Neptunesが魅せるエレピ鍵盤の流麗でしとやかなメロディが優しく撫でるセクシーな一曲で、Brandyの淀みのない天使の様な歌声がスーッと響き渡るのが癒されるし、Pharrellの得意の裏声(通称ファレルセット)も無理なく気持ち良くハイで素晴らしいです(失神寸前)。

最近のSnoop Doggは本当に歌モノが多くなっていますね、僕としては嬉しい限りですが、昔のファンがどう思っているのかな。本作も客演シンガーが良い仕事していたし、Snoop Doggもスマートに寄り添ってすごく聴き易い一枚となていましたよ。こういう内容ならばもっと違うジャケットにしたら良かったのではと思うぐらい(笑)、本当にR&B寄りの一枚で御座います、Hip Hop好きもR&B好きも楽しめる一枚で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment