RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Gradle 2 The Grave」
gradle-covs.jpg


映画『Gradle 2 The Grave』(放題は『ブラックダイアモンド』)のサウンドトラックで『Gradle 2 The Grave』を御紹介。主演にイマイチ好きに慣れないJet LiとあのDMXを迎えた話題作、こういうBlackが出ている映画のサントラはいつも豊作なんですよ(涎)。てな訳で今回御紹介する本作もかなり面白い一枚に仕上がっています、当然DMXがガッツリ参加していますんで(鉄板)。
それでは内容にチョロっと触れたいと思います……まずは主演のDMXによる「X Gon'give It To Ya」でガツンと幕開け(爆発)、DMXの咆哮でもう一気にテンションMAXなんですが、Shatek製作のこのドカドカパパパンなトラックがDMXにバチ~ンと嵌ってて最高に冴えています(絶賛)。ちなみに僕は朝はコンポの目覚ましで起きるんですが、この曲が今は目覚ましです、熟睡してても目が覚めます(笑)。オカルトチックに始まるオルガン主軸の「Go To Sleep」はEminemが製作を担当、勿論Eminemも参加していますし、Eminemが見出したObie Triceも客演しています。マシンガンを撃ち放つトラックに合わせたEminemのブチ切れた狂気ラップは流石のカッコ良さ、Obie Triceのトロっとしたラップの後に出てくるDMXの豪気溢れるラップはもう全てを薙ぎ倒して攻めてくる、この手の音とDMXの相性も抜群なのでは。「Follow Me Gangster」は50 Centと彼率いるG-Unitの面々が参加、制作はKareem "Reemo" FrazierとSteven "Lost Spirit" Dorsianの二人が担当。True Reflections「Look At All The Lonely People」をネタ使いした哀愁漂うトラックもさることながら、ここでのG-Unitの格好良さは半端ない。50 Centのこういうスタイルが好きなんですよ、最近はちょっと聴けない感じがする(寂)。続く「Stompdash**outu」はC.N.N.にM.O.P.が参加したゴリゴリと押し捲る一曲、製作はTony Pizarroが担当。Ann Peebles「You've Got The Papers(I've Got The Man)」をネタ使いした熱いトラックにM.O.P.が暴れ回る、C.N.N.には悪いがどうしてもM.O.P.に耳を奪われてしまう一曲なのは確か。Gavin Marchandなる人物が、Surface「Give Her Your Love」を下敷きに製作したメロウ系「My Life(Cradle 2 The Grave)」は、新作発売が待たれるFoxy BrownにAltheaなる女性シンガーが参加した一曲。勿論Foxy Brownもカッコイイですがこれはもうネタ勝ちって感じ、Altheaも良い味出しています。Eliteなる人物がThe Temptations「Papa Was A Rolling Stone」を下敷きにした、ホーン鳴るディスコチックな「Fireman」、Ruff Rydersの重要MCであるDrag-Onが頑張っています。僕が聴きたかったのはこの曲「Drop Drop」、つい先日に古巣のDef Jamを離脱してしまったJoe Buddenの一曲、製作はJoe Budden作品で御馴染みのWhite Boyが担当。冒頭は完全なアジアンテイストながらも、いざ始まれば跳ねずにはいられないバチバチなトラックで、Joe Buddenの癖のあるこもったラップが炸裂します(粋)。「I'm Serious」はThe Neptunesが見出した兄弟ラップデュオのClipseが主演、ですが製作はThe NeptunesではなくPaperchaseが担当。The Neptunes作ではないビートに乗っているだけでも聞く価値はあるかと思います、ちょっぴり変てこなトラックながらきちんと味出してます。DJ EnvyとMono製作の「Right/Wrong」は再びDMXの独壇場、なぜかDestiny's Child「Survivor」を思い出すメロディラインにDMXのラップは相変わらずのカッコ良さ。「It's Gon' Be What It's Gon' Be」を任されたJinxとLooseは聞いた事有るような無いようなコンビだけど、Konkrete Kaosなる人物が製作したEvelyn Champagne King「Just A Little Bit Of You」使いのトラックの曇った格好良さも手伝って、かなり渋い一曲に仕上がっててお薦めです。「Hand That Rocks The Cradle」はDMX作品でよくフックアップされているBig Stanのソロ、製作はDame Greaseが担当。電子音に程よく切れ味を利かせたジャキジャキトラックでこれが素晴らしい出来、Big Stanやってくれました(期待以上)。「Won't Be Coming Back」はBirdmanことBabyのソロ、製作は勿論の盟友Mannie Freshが担当。Lionel Richie「Missing You」を下敷きにしたメチャ可愛いハッピートラックで、Babyの脱力したネチっぽいラップがばちんと嵌った一曲で好き。「C2G」はFat JoeとYoungn' Restlessによる共演、製作はShatekが担当。Youngn' Restlessは正直知らないですがFat Joeは相変わらずの歯切れの良さ、こういう感じで聴くFat Joeは重宝します。「Kashmir」はKashmirのソロ、Kashmirって言ったらJay-Zの初期作品の参加してたあのKashmirでしょうか、女だったっけかな。

まぁそんなこんなで全体的にはゴリゴリっとした音が多かったアルバム、全曲にDMXを絡ませていたらもっと面白かったかなぁなんて。Joe BuddenとDMX、ClipseとDMX、BabyとDMX、どれも聴きたかった(喰らいたかった)コンボ技ではないでしょうか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment