RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Clipse「Til The Casket Drops」
clipse-casket-cover.jpg

The Neptunesに見出されたMalice(兄)とPusha T(弟)による兄弟デュオ、Clipseの通算四作目となる『Til The Casket Drops』を御紹介。前作『Hell Hath No Fury』が各音楽批評雑誌で軒並み高評価を獲得したClipse、彼らの評価は着実に高まっていますね、特にPusha Tに関しては単独での客演仕事も多くなっています。僕が個人的にThe Neptunes好きとういうのも手伝って、Clipseはかなり好きなHip Hopデュオで御座いまして、本作も僕は迷うことなく購入致しました。
さて気になるのは内容の方ですよねぇ……本作でまず大きなトピックとなるのはProduce陣、彼らの盟友であるThe Neptunesは勿論参加しているのですが、彼ら以外のProducerも起用されているのです(驚)。これはClipse作品では初めての試みで、そのうち有るとは思っていたけど実際に起こるとビックリ。そんな訳でまずはThe Neptunes製作曲から御紹介、彼らは本作最多(当然)の8曲を製作していまして。まずはオルガンみたいな埃っぽい鍵盤音にプアーーーと電子音が伸びやかに鳴ってへばりつく「Popular Deman (Popeyes)」で幕開け、硬質なドラムスもクールで小さなバーの片隅で生演奏するブルースみたいなトラックが生きててカッコイイ(痺)。客演にはThe Neptunesの片割れPharrellとCam'ronが参加、Pharrellの細くて捻り出す様な歌声もファンキーだし、Cam'ronのいかにも悪そ~うなチンピラ的ラップも結構カッコ良くて存在感抜群の援護射撃でグッド。ズッズッズッズと空気を斬る音が素晴らしいビートを生み出しているThe Neptunesらしい奇抜さが脳天を突き抜けて癖になってしまう「Showing Out」はYo Gottiが客演、キーボードのメロディにフックでは硬質なドラムスがバチバチバチと弾けて叩きつける、やはりThe Neptunesらしい変化球鋭い一曲。Pharrellが甘くてハイなサワーヴォイスでバックでメロディを奏でる「Showing Out」も、The Neptunesらしいキャンディみたいに甘くてキュートな電子音が紡ぎ出す流麗なメロメロエレクトロで素敵。グルグルと目が回りそうになる酩酊シンセがチープに不穏な「Door Man」は、どこか映画チックなメロディラインを不思議な電子音で敢えて崩した奇天烈曲。ピロロロロロロと鳴るおかしな電子音にドカンドカンと派手になるビートが衝突かり弾ける突進曲「All Eyes On Me」は才女で美女なKeri Hilsonが客演参加、これはもうとにかく骨太なビートで跳ねて走る痛快な一曲、そこにKeri Hilsonの艶っぽくもシャープな歌声が乗る事でメタリックなクールさが加味されていてグッド。しかしそれよりカッコイイ仕上がりでお気に入りなのが、僕は知らないNicole Hurstなる女性シンガーを客演に起用した「Counseling」、ダイヤモンドの様にクールな輝きを放つ冷たく真っ白な霜のような鮮やかな一曲で、Nicole Hurstの氷の様に透き通った歌声がスーッとミステリアスに響き渡る素晴らしいコールド曲。カラフルでヴィヴィヴィヴィと微振動しながらじわじわ広がる流麗エレクトロ曲「Champion」も素晴らしい、ここでもGraf Nobelなる女性シンガーのキュートな歌フックで華やかさが倍増していて素晴らしい。エンディングを飾る「Life Change」は勿論The Neptunes製作曲、リズミカルに鳴るシンセがメロディアスでカラフル、しかしビートと絡まって心地良い揺れ具合でマッタリとブライトするドリーミーでアーティスティックな流麗曲。ここでもKennaなる男性シンガーがエフェクト掛かったロボ声で優しく爽やかな歌フックをかましていて、これがかなりの隠し味で耳にすんなり入ってループする素晴らしい仕事っぷり。さてここまでがThe Neptunes製作曲、ここからは初タッグとなるProducer陣との楽曲群。まずDJ KhalilとChin Injetiが共同製作の「Kinda Like A Big Deal」はKanye Westが客演参加、エレキギターの野太いメロディにドコドコと和太鼓ばりの鼓音が響き回すロック風味の一曲でナイス、Kanye WestっぽいフロウをかますClipseに注目、Kanye Westも客演程度なら好きなんですが(笑)。同じくDJ KhalilとChin Injetiが共同製作の「There Was a Murder」も激渋くてカッコ良い、ベンベン鳴るベース音に重たく鳴るビートが骨太でこれもドロッとしたRockテイストの一曲。客演には男性シンガーのKobeが参加、甘くないビターなブラック珈琲風の歌声がなんだか新鮮、良い声しています(褒)。同じくDJ Khalil製作でKobeが客演の「Footsteps」も、硬質なドラムビートに歪んだシンセサイザーだダラダラと鳴るドロドロ曲で、Kobeのオートチューン使ったRaggae風のメロディラインが癖になるヘロへロ歌声(ヘロヘロだけど凛々しい)もナイスにキマってますよ。本作の幕開けを飾っているPotter St. Cloud「Open Letter」をサンプリングしたレトロな「Freedom」、製作はSean C & LVのタッグが担当。Sean C & LVはClipse作品には欠かせないAb-Livaが客演の「Never Will It Stop」も製作、延々とドラムスが鳴り電子音が耳鳴りの様に単調に鳴り続けるベッタリとマッドな感触のシンセ曲。

うんカッコ良かったですね、Clipseの魅力はキッチリと発揮されていたかと思います。ただThe Neptunes以外のProducer陣がそこまで面白い化学反応を起こしていなかった気がします、そんな大きな方向転換になっていなくて、そのせいか(おかげか)The NeptunesとClipseの相性の良さを痛感したりしました。どうせ組むならガッツリ全曲をThe Neptunesと創るか、全く逆な感じでサンプリング主体なProducerと数曲組んだら面白かったかなぁと思います。それでもやはりThe Neptunesとは絶対にやっていて欲しい、本作でもThe Neptunesは素晴らしいトラックを提供しています、最近はまたThe Neptunesが復調していて嬉しいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment