RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Juvenile「Cocky & Confident」
juve-cocky.jpg

南部はNew Orleans出身のでLil WayneとB.G.とのクルー、Hot Boyzの一員でもある玄人Juvenileの通算九作目となる『Cocky And Confident』を御紹介。サウス苦手だったあの頃の僕が、最初に聴き始めたサウスのMCと言ったらLudacrisにLil WayneにLil Jon、そしてこのJuvenileなんで御座います。そして意外にも僕はこのJuvenileが好きで、気付けば隠れファンってぐらいにiPodでも掛けてたりします(特に好きで掛けるのはやはり「Rodeo」と「Bounce Back」と「Slow Motion」)。そんなJuvenileの久々の本作は購入する気無しだったのですが、気付けば手にとってレジに並んでいました(笑)。
それでは気になる内容がどんなものなのかと言いますと……まずはマーチングバンドの様なタタタタタタと絶え間ないドラムビートに閃光シンセサイザーが飛ぶ「Cocky & Confident」、製作Get CoolでJuvenileのメロディに乗った寄せては返すラップフロウがたまらなくノリを加速させます。サウスらしく思い切りスクリューかけた重ためビートの「Gotta Get It」はPrecise製作曲、ドカドカ鳴るビートにチープな電子鍵盤音とハンドクラップが中毒性高く、そこにJuvenileのあの独特な毒々しい鰐声ラップが噛み付き回す面白い一曲。これまた低く構えた重量級のビートでドカドカ突き進む「Back Back」はNiyo製作(Co製作をSmith)の南部チキチキ曲、グルグルループするフックが嫌でも耳に残るトリップ曲で、こういう分かりやすいキャッチーフックがJuvenileは得意技(必殺)。S-8ightyとJuvenileが共同制作した「We Be Getting Money」は、徐々にブライトする段階的エレクトロでパパパパーと華やか。客演参加にShawty LoとDorroughとKango Slimが参加、誰も皆知りませんがなかなか良~いマイクリレーしています。ちょっぴり浮ついた電子メロディがどこかクランク調な「My Money Don't Fold」はNiyo製作曲、客演参加のT-Moneyのラップ射撃がなかなかライトなノリでJuvenileとは対比を成していてグッドだし、Kango Slimの歌フックもナイスなスパイスになっています。「Feeling Right」では盟友のB.G.とCapeの三人のMCが男臭いマイクリレーを披露(客演にここでもKango Slimが参加)、チキチキ鳴らしたビートに三者三様なラップが彩り豊かで、鼻声ラップとフックをかましているのが誰なのか気になるが分からず(素人)。Mannie Freshっぽい不穏にベコベコ響くシンコペイト曲に、Juvenileの早口で捲し立てる“とっぷぶらいぁん♪とっぷぶらぁいん♪”フックがベッタリ耳に残る「Top Of The Line」はMouse製作曲。こういう呪文唱えるみたいな繰り返しキャッチーなフックがJuvenileは得意技、でも嫌味じゃない程度で悪い気はしないから不思議。流麗でカラフルなクロスオーバーチックなエレクトロチューンに南部特有のポコポコ音が絡む「Make U Feel Alright」はC.Smith製作曲、客演にはKango SlimとJay Da Menaceが参戦。ここではKango Slimの完璧エフェクトがかったロボ声が炸裂、これが物凄い颯爽と走ってて気持ちいい色彩感とトリップ感でとにかく気持ち良い(最高)。Juvenileもフックではたまらずオートチューン気味で、でもこの使用配分が巧くて嫌味じゃないから素晴らしい。エレクトロなメロディに途中でグチュグチュと擦られるスクラッチも最高だし、Juvenileらしい(Mannie Freshらしい)打ち込みトコトコトコトコ音も聴けて、流行エレクトロにサウス流儀が綺麗に融合したナイスな一曲。ひらひらと鳴るピアノ旋律が漂う「It's All Hood」は再びC.Smithが製作を担当、Juvenileが思わずメロディを口ずさむフックも面白くてなかなか好き。ドンドンと派手に響く重低音にシンセがビュイビュイと飛び交うクランク風味の「New Orleans Stunna」はRawsmoovが製作&客演参加、Juvenileの鰐声ラップがガブガブ噛み付き回すもRawsmoovの薄味な歌フックで程よくクールダウンしていて聴き易い。そして本作で僕が最も好きだと言っても過言ではないのが「All Over You」、製作はS-8ightyで客演には男性シンガーKango Slimが参加(独壇場)。キラキラと煌めく繊細で美しいピアノ鍵盤のメロディがめちゃ甘く綺麗で、そこに電子音が程よくビートを生み出すトラックが最高にアダルトでカッコイイ。Juvenileの渋くスマートな紳士ラップもバッチリ軽やかに決まっています、途中で力んで唸りますがそれもまたカッコイイんです(痺)。しかしここで目立つのはオートチューン駆使で揺らめく甘い歌声を披露するKango Slim、彼の艶やかでスウィーティーな歌声で甘美でとろける様なキラキラ曲に仕上げてくれています(称賛)。電子鍵盤をキュンキュンと鳴らして眩しく華やかに加速する「You Can't Stop Me」はNiyo製作でMr.MeanorとYounginとKango Slimが参加。ここでもKango Slimの歌声が彩りを添えていて甘酸っぱく良い歌声しています(誉)、しかし僕はここでのJuvenileの機械チックにいじられた声加工でのフロウが好き、メロディに合わせてあの鰐声で器用にラップするJuvenileはやはり曲者ですね(一流)。凛と響き渡るピアノ旋律にこれまた宝石みたく輝くエレクトロが散りばめられた真珠曲「Break It Down」も素晴らしい、C.Smith製作の煌めき疾走するメロディに乗って滑らかに駆け抜けるJuvenileのフロウがスムーズでオシャレ、オートチューン駆使の男性シンガーQ Corvetteのナヨっとした悩ましい歌声が甘酸っぱく滑る流麗曲で爽快。パパパーパーパーと派手になるホーン音とキリキリ鳴るシンセが交錯する「I'm Out Chere」はTic Toc製作、あのRico Loveがスマートで洗練された歌声を披露する事によって輝く鋭さが30%増となっています。ブアブアと捻れたクラクションみたいな電子音を鳴らしながら無邪気にリズミカルに行進する「I'm Shining」はMouse製作曲、ここでは幾重にも重なったチープなフックがコミカルでキャッチーで好き。完全にSoulja Boyみたいなトラックメイクが耳に残るしなんだか不思議な魅力を放つ「I Say」、製作はPreciseが担当。Fatboi製作の電子音がビカビカと輝くメタリックな「Everything」ではあのBobby Valentinoが客演参加、あの甘酸っぱい歌声が熱を帯びながら独特なメロディと伸びで加勢するたまらない一曲(興奮)。Lu Balz製作のちょっぴりミステリアスな神秘的な響きを持ったエレクトロチューン「Hands On You」では、なんとあのPleasure Pが客演参加。キラキラと不思議な輝きを放つトラックも流麗で美しくも繊細だし、Pleasure Pのファルセットも織り交ぜたハイトーン歌フックが透明感抜群でいてカラフルに優しく眩しくて、タイトル連呼のフックがもう癖になって骨抜きにされますから(溺愛)。最後を飾るのはJuvenile製作の「Listen」、これまたエレキなポップ風味の哀愁曲でこの電子使いがまた巧くて、硬質なドラムスも合わせてどこか芯の強い一曲に仕上がっています。Q Corvetteのナヨっとしながらも力強く張り上げる歌フックも素敵、終盤ではゴスペル調のハーモニーに転調する辺りも荘厳でなんだか素晴らしい。

いやいやいやいや、なんなんですかこの完成度の高さは(驚)。これはかなり素晴らしい一枚、Juvevileのラップ巧者ぶり(楽曲選びのセンスの柔軟さ)を魅せつけた流石の一枚で御座います(推薦)。流行のエレクトロを引用しながらも、Juvenileのラップ事態が灰汁が強いので全く喰われておらず、他とは一線を画したJuvenileらしい骨太な一枚になっています。歌モノが多かったからそこのかなり聴き易かった、Rico LoveとBobby ValentinoとPleasure Pの起用は嬉しい予想外でしたね(策士)。しかし本作で最も輝く仕事っぷりだったのはKango Slim、彼はよく知りませんがなかなか良かったですよ(助演男優賞)。これは聴いた方が良いですね、ベテランの余裕を感じました、2009年の重要な一枚かと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment