RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Boyz N Da Hood「Boyz N Da Hood」
boyzndahood-bndhcovs.jpg


Bad Boy Southが送り出す新人Boyz N Da Hoodのデビューアルバム『Boyz N Da Hood』を御紹介。あのSean "P.Diddy" Combs率いるBad Boy Recordsが送り込んだサウス軍団で(策士Diddyは着手が本当に早い)、あのYoung Jeezyを筆頭にDuke、Jody Breeze、Blockの四人組から構成されたチームであります。御存知の通りYoung Jeezyはグループを脱退、先頃発表された2nd『Back Up N Da Chevy』は代わって加入した新進気鋭のGorilla Zoe(彼も売れっ子要員)の新チームでの作品となっています。
簡単に内容に触れてゆきます……まずは重苦しい音と早回しした悲鳴の様な声がおどろおどろしい「Boyz N Da Hood(Interlude)」で幕開け、製作はCKPなる人物、皆の声質が被ってなくて(当然)キャラは立ってます。P.Diddyによる紹介で幕を開ける「Dem Boyz」はNittiが製作を担当したサウスな緊張感が走る一曲、Young Jeezyがのっけからマイクを握っていて完全にYoung Jeezy節に聴こえてしまう一曲。「Felonies」はJazze Phaが製作を担当した、彼らしいシンセの浮き沈みが楽しめる一曲、これでJazze Phaの歌声が絡んだりするともっと面白かったかなぁと思うんだけど。ちょっぴりアジアンテイストな音使いが妖しく面白い「Look」はDrummaboyが製作を担当、冒頭を担当するDukeの重厚で頑強なラップと“るっく!”の掛け声でもうお腹一杯になってしまう一曲。「Gangstas」はNWAの故Eazy Eをfeat.した話題曲、製作を担当するのはこれまた鳥肌なErick Sermonで御座います。Eazy Eの甲高いラップは今こうやって聴いてもやはり癖があって耳を一気に持って行かれる、Erick Sermonお手製のトラックも派手でないながらもスリリングでピタっと嵌っている。「Don't Put Your Hands On Me」はT.I.作品で御馴染みのDJ Toompが製作を担当した、サウスっぽさの中にサンプリングの妙技を活かした技ありな一曲。「Bitches & Bizness」は再びNittiが製作を担当したシンセが絡み合うこれまた重ためのサウス曲、こういうのを夜中に爆音で流しながら運転したりしたら、周りの方々は怖くて仕方ないでしょうね(迷惑)。「Trap Niggaz」は再びDrummaboyが製作を担当した渋くてカッコイイ一曲、Drummaboyってよく聞く名前だけど……アレの作品作ってましたっけ、ど忘れして思い出せないんですよねぇ、Lil' Wayne辺りを手掛けてたのかな、とにかく良い曲作ります(褒)。「Happy Jamz」は僕の心臓ど真ん中を撃ち抜くメロウ曲、製作はJazze Pha、この曲では嬉しい事にJazze Phaがあの独特の喉の震わせ方で歌声を披露。Jazze Phaのこういう感じがとっても好きなので無条件にはしゃぎます、これで途中に同じレーベルだった112とかが絡んだりしたらもっと……ってもう違うレーベルだから無理か(血迷)。銃装填音と悲鳴が入り混じる「Lay It Down」はJasperが製作を担当、途中の“らららら♪”フックが耳に残る一曲。Tocarra Hamiltonなる女性シンガーの歌声をちょっぴり効かせた「Keep It N' Da Hood 2Nite」はMidnight Blackなる人物が製作を担当、もうちょっと歌声を強めてメロウさと涼しさをアップさせたら良かったんだけどなぁ(個人的要求)。

うん、サウスなんだけどとことんサウスって感じでもなくて、サウス好きもそこまででない方(僕のような方)も楽しめる一枚だったのではないかと思います、ただ惜しむらくは、もうちょっとBad Boy味を取り入れても美味しかったんではないかなと、特にBad Boyサウンドファンの僕からすると。Mario Winansとかも絡めたりしても面白かったんじゃないかなぁって、もうちょっとメロウ(歌モノ)があってもバランスは取れたんじゃないかなぁって(残念)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment